【転載】有名な時計はたくさんありますが、なぜロレックスが一番「丈夫で長持ち」なのでしょうか?

ROLEX
スポンサーリンク

名表那么多,为啥劳力士最“结实耐造”?

中国の時計フォーラムサイトから、「名表那么多,为啥劳力士最“结实耐造”?」と言う記事がありましたので転載いたします。

訳しますと「有名な時計はたくさんありますが、なぜロレックスが一番「丈夫で長持ち」なのでしょうか?」と言った感じでしょう。

確かにロレックスの好まれるポイントに「丈夫」「壊れない」ってキーワードは多いように思えます。私も定期的にオーバーホールを行っておりますが、1度だけゼンマイが切れた修理以外は故障での修理依頼はありません。

使い方もありますし、オメガでも壊れたことはありませんが、ロレックスの「堅牢性」への信頼度は異常なほどですね。

人によってはG-SHOCKなみに信頼していそうです。サウナや温泉に着けて入っちゃうとか聞いたことがあります。

今回の記事はその具体的な説明がありますので一緒に勉強していきましょう。

 

今回もGoogle先生とDeepL先生にお願いして転載翻訳しております。

有名な時計はたくさんありますが、なぜロレックスが一番「丈夫で長持ち」なのでしょうか?

原著者:ヤン・ブーピン

元記事はこちら

ロレックスの印象は?と聞かれれば、人気の高さのほかに、丈夫であることがあげられるでしょう。 ロレックスは品質が良く、問題が起きにくいことはよく知られています。 時計ブランドの中で、誰もが時計を作っているのに、なぜロレックスだけが優れた品質で世界に認められているのでしょうか。 その背景には、さまざまな理由があります。 今日は、それらについてひとつひとつ説明していきましょう。

1.ロレックスは複雑な時計は作らず、機能とスタイルが一つ一つ対応しています。

ロレックスは古今東西、本当の意味での複雑時計は作っていません。 伝統的なスイス時計製造の 3 つの複雑な機能である、ミニット リピーター、トゥールビヨン、パーペチュアル カレンダーは、ロレックスによって実現されたことはありません。いくつかのデータは、ロレックスが実際に複雑な時計の分野で、スプリットセコンドやコンスタントフォース機構などの関連特許を持っているという情報がありますが、生産されたことはありません。

ロレックスの時計で最も複雑なものは、Ref.6062やRef.8171に代表される1950年代のフルカレンダー・ムーンフェイズ(日・暦・月・ムーンフェイズ)ウォッチと、アニュアルカレンダー・デュアルタイムウォッチのロレックス スカイドゥエラーで、 それ以外は「シンプルな時計」なのです。

時・分・秒のシンプルなものから、カレンダー、クロノグラフなど、 複雑な時計ほど、問題が発生する可能性が高いのです。ロンジンの8針フルカレンダームーンフェイズは、ムーンフェイズ用の8つの針と2つのウィンドウはすべてダイヤルにオンにしていますが、ロレックスはシンプルに、基本的にカレンダー、ポインターデイト、針のみでロレックスはあなたに針が擦れる様な問題を与えることはありません。

さらに、ロレックスの各シリーズは、プロの機能に対応するシリーズを厳密に実装しており、絶対にはみ出しません。例えば、デイトナはプロフェッショナル・クロノグラフで、計時機能があり、追加のカレンダーはありません。GMTマスターIIはデュアルタイム時計で、2つの指針とカレンダーだけがあります。デイトジャストは高級なフォーマルドレスウォッチで、ただカレンダー機能があり、他には何もありません。比較的シンプルな機能こそが、ロレックスの耐久性の基盤なのです。

 

2.時計の構造、製造方法の統一。

ロレックスの時計は、チェリーニを除いてすべて同じ時計構造で、オイスターケースを使用しています。 ダイバーズウォッチ「サブマリーナー」、クロノグラフ「デイトナ」でも、またはデイトジャストやデイデイトでもケース本体の構造は同じです。

ロレックスの時計の中心的な構造であるオイスターケースは、1926年に発明された(ベゼル、リューズ、ケースバックがすべてミドルケースに固定される技術)。 現代のロレックス・オイスターケースの形状は、1940年代から1950年代にかけて確立されたものである。 70年以上にわたる今日まで、本質的な変化はなく、微調整が行われているに過ぎません。 解決すべき問題はすべて解決され、限りなく成熟していることに加え、すべての時計の基本的な構造が同じであるため、失敗させることが困難であることは言うまでもないでしょう。

ロレックスは工業的に生産されており、ほとんどの工程が機械で完結します。 文字盤の組み立て、ムーブメントの組み立てなどは、手作業で行っています。 手作業が多くなく、研磨や組み立てに必要な緻密で複雑な部品(複雑な機能部品など)が少ないため、問題が発生する可能性が低くなります。

スポンサーリンク

 

3.すべての部品は自社生産であり、サプライヤーに依存しません。

ロレックスは、時計製造の世界では数少ない「上から下まで一体化」した希少なブランドです。 これはどういうことかというと、ロレックスは冶金や鋼鉄の製造からケース、文字盤、ムーブメント、ブレスレットに至るまで、時計そのものを構成するすべての部品を内部から一貫して製造していることを意味するのです。 時計製造の世界では、外部に頼らず、すべての部品の製造を自社でコントロールできる時計ブランドは非常に少なく、 ほとんどの時計ブランドは、部品の供給を外部のサプライヤーに依存しています。 例えば、文字盤は文字盤専門工場から、ムーブメントはムーブメント専門工場から購入する必要があります。

ロレックスの「上から下までの統合」はすべて自社生産であり、すべてのリンクとコンポーネントの品質を妥協することなくコントロールできるという利点があります。同時に、独自の品質管理と品質基準を提案できます。たとえば、ロレックスのダイバーズウォッチの防水テストは、一般的な有名時計ブランドの防水テストとは異なります。ロレックスの防水機能は、圧力テストだけでなく、実際に水でテストして、水蒸気の浸透があるかどうかを確認する必要があると報告されています。テストされた約 1,000 個のロレックスのうち、1 個が失敗します。他の有名な時計ブランドでは、これほどの激しさはありません。

一方、ロレックス・スーパークロノメーターの規格は、皆さんもよくご存知のものです。 日差±2秒を基準としています。 これは時計製造の世界における最高水準の計時であり、ロレックス・スーパークロノメーターを超える計時基準を公表しているブランドはありません。

 

4.財団の運営方法について

ロレックスは上場企業ではなく、ハンス・ウィルスドルフ財団に所属し、財団の運営形態は、時計の品質も微妙に良い影響を与えています。 一方、時計ブランドの多くは上場企業です。

財団のビジネスへの取り組みにより、ロレックスは株主や短期的な利益に影響されることなく運営することができるのです。 このように、ロレックスは「今年トゥールビヨンが流行るなら、うちもトゥールビヨンを作らなければならない、今年スケルトンがかっこいいなら、うちもスケルトンでかっこいいロレックスを作らなければならない」ということはないのです。

皆さんご存知のように、ロレックスはアップデートが非常に遅く、10年、20年と経過しても微調整や変更が行われるだけです。 例えば、ロレックス初の自社製自動巻きクロノグラフムーブメント「4130」は、2000年に「デイトナ 116520」が発売され、2016年には現在発売中の「ロレックス デイトナ 116500LN」が登場しましたが、実はベゼルリングのみセラミックにグレードアップしただけで、ムーブメントやその他のパーツは変わりませんでした。 それに対して、他の時計ブランドは、年に数回でも新しいモデルを更新したり、さまざまな特別限定モデルを発表しています。

有名な時計の中には「ひっくり返った」ものも確かにあります、例えばあるブランドがヒゲぜんまいを新しい素材に取り替えて積極的に宣伝したところ、出品後に品質問題が発生し、リコールを余儀なくされました。その後従来のヒゲゼンマイに交換するなど、新モデルが原因で時計が「ひっくり返る」ケースもあるようです。ロレックスの遅いスタイル変更は、大規模な新しいプロセスと新しい技術の適用により、品質上の問題を引き起こすことはありません.

 

この4つの要素がロレックスの「頑丈さ、耐久性」につながっています。 しかし、この「頑丈さ、耐久性」の裏には、目立った技術的、技能的な特徴を持たない地味な時計であるという事実があります。 したがって、ロレックスの「丈夫で長持ち」を選ぶのか、他の時計の複雑機構や技術プロセスを選ぶのかは、消費者によって異なる選択をすることになるのです。 (写真/文:ヤン・ブーピン)。

まとめ

いかがでしょうか?

「【転載】有名な時計はたくさんありますが、なぜロレックスが一番「丈夫で長持ち」なのでしょうか?」でした。

ロレックスの良さが充分に伝わる良い記事ですね。

勉強になります。

シンプルなこと、余計な機能を足さないこと、成熟し一貫した製造工程であること、どれも他のメーカーが真似するにはなかなか厳しい条件でした。

人気がありお金があるのでそれが可能ですし、可能だから人気もあるのでしょう。

良いスパイラル。

飽きないデザイン、長く使える耐久性、壊れない堅牢性、流行に流されずブランドの思想のまま続けられる環境、製造の一貫性。どれをとっても素晴らしい。

やっぱりロレックスはナンバー1ですね!

それではまた。

 

【転載】ロレックスに「対抗」できるのは、この2ブランドだけだ!
可以“抗衡”劳力士的,只有这两个牌子 中国の時計フォーラムサイトから、「可以“抗衡”劳力士的,只有这两个牌子」と言う記事がありましたので転載いたします。 また面白そうな見出しですね。 「ロレックスに「対抗」できるのは、この...
【転載】お久しぶりです!韓国の「行列に並ぶお兄さん」が、ついにGMTマスターIIを制覇
好久不见!“韩国排队哥”终于公价拿下了国米圈 中国の時計フォーラムサイトから、「好久不见!“韩国排队哥”终于公价拿下了国米圈」と言う記事がありましたので転載いたします。 また面白そうな見出しですね。 「お久しぶりですー。 ...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました