【転載】国民的腕時計を1000元で選ぶ シーガル(海鸥)の「長津湖限定モデル」は一見の価値あり?

ZENMAI
スポンサーリンク

【开箱】千元价位选国表,海鸥的长津湖限量款值得一看吗?

中国の時計フォーラムから「国民的腕時計を1000元(約20,600円)で選ぶ シーガル(海鸥)の「長津湖限定モデル」は一見の価値あり?」と言う記事がありましたのでDeepL先生に依頼して転載いたします。

「長津湖の戦い」って何だ?と思う方が多いと思われますが、中国では知らない人は居ない大きな意味合いの戦争です。

いわゆる「朝鮮戦争」ですね。

昨年公開の映画「長津湖(邦題:1950)」は中国歴代最高約57億元(約1130億円)の興行成績を記録したそうです。

アメリカに勝った中国!的な内容なんだと思います。日本でも上映予定。(さすがに韓国では上映しないようです)

日本人には関心が薄いですかね。

ブラザーフッド の映画情報 - Yahoo!映画

ウォンビンが格好良すぎて観に行ったブラザーフッドくらいしか私も知りません。

 

さて、メイドインチャイナのシーガルウォッチ(海鸥)に「長津湖限定モデル」があり、そのレビューをされた方の記事をご紹介しましょう。

因みに1000元ではなく2980元の商品です。充分安いですけど。

アメリカのメーカーがリリースしたら滅茶苦茶叩きそうですけど、中国のメーカーが出しても誰も騒がないんですかね?

先日のボールウォッチの件もありますし、センシティブな問題です。

 

スイス人は優れた時計職人であるだけでなく、優れたストーリーテラーでもあるのです。 優れた時計製造とストーリーの組み合わせがプレミアムを高めるのであり、今日、この時計が語るストーリーはさらに重要な意味を持つのです。

世界で唯一、米国に敢然と立ち向かい、軍事的に勝利した国は中国です。 その戦争は、アメリカや韓国に対する抵抗戦争と呼ばれています。 中国時計No.1ブランドのシーガルは、映画「長津湖」の公開を機に、「長津湖」の共同モデル「家族を国を守る」シリーズも発表しました。

紙製のパッケージに描かれた等高線や戦った部隊の番号など、外側から内側まで再現されたこの時計が特別なものであることは、外箱からもわかります。 紙製のパッケージを開けると、中は昔ながらの箱のような作りで、外装はキャンバス地という、いかにも時代を感じさせる作りです。 上部にはSEA-GULL watchのロゴが入ったフェイクレザーのプレート、その下には長津湖の3つのキャラクターが描かれており、1950年代の国防の便利なステッカーとクレイジーホースレザーストラップ2本を付属したギフトボックス仕様となっています。

直径43mmとラグを延長したことで、時計を着けるには手首周りが18cm以上必要で、やはりリストピッカーである。 ミリタリースタイルの時計としては、無骨な外観と大きめのサイズに問題はないだろうと思います。

ケースは316スチールのサテン仕上げ、クリスタルは合成サファイアガラスと、日常的な着用によるあらゆる小キズを防ぐ構成で、ケースサイドにはアーミーワンのネームプレートも付いています。 ストラップは黄褐色の帆布製で、中国人民義勇軍の文字が刻まれています。

スポンサーリンク

シーガル813をベースにしたこのコラボモデルは、義勇軍の制服の色でもあるストラップの色と同じフォーン色の文字盤を採用するなど、歴史的な要素を多く含んでいます。 アワーマーカーは十分に大きく、文字盤で最も目立つのは3時位置から8時位置までの金属製のラインです。これは有名な「38度線」で、1953年7月27日に板門店で休戦協定が結ばれ、戦争の一時停止ボタンが押された場所なのです。

文字板表面は、北朝鮮を表す「38度線」以北の部分はフロスト加工、韓国を表す「38度線」以南の部分は放射状の文字板、「38度線」上の小さな赤い点はサンゴルという2つの技法で作られています。 38度線」上にある小さな赤い点がサンガム嶺です。 中心軸の下には香貫嶺の座標、その下にはMade in Chinaの文字、太刀魚型の時針と分針、そして五芒星で終わる秒針が配されています。 このような時計は、手にすることで国威発揚につながるのです。

裏蓋には、「Protecting the Nation」の文字が書かれたパヴェを採用。 1950年6月に朝鮮戦争が勃発したため、この時計は1,950本の限定生産となりました。

長津湖の共同開発時計は、アイデアもデザインもなかなかよくできていて、評価できるのですが、惜しい点もあります。 外国人は、くだらない小話をすれば、何万円、何十万円、何百万円という値段で時計を売ることができるのに、私たちは、こんな重大な歴史的事件を3,000元で売るしかないのです。

中国の時計産業は他より遅れて始まり、他より歴史が浅く、核となる技術もないため、これは少し残念なことです。 故障率も高く、パワーリザーブも45時間と明らかに不足しています。 こうしたソフト・ハードの制約があるからこそ、いい話を聞いても、ブランドにさらなる付加価値をもたらすことはできないのです。

この時計は、時計そのものというより、お土産として、コレクターズアイテムとして、ウィンドウに飾って鑑賞するのもいいかもしれませんね。 また、大晦日に高齢の家族に贈るのもいいと思います。 例えば、ご高齢の方が若い頃に対米戦争に参加された場合、この時計は間違いなく記念品になりますね。 高齢者のサプリメントには事欠かないが、不足しているのは精神的な食べ物である。

全体としては良いアイデアですが、ナショナルウォッチには今後も頑張ってもらう必要がありますし、高級時計の分野でも早くナショナルウォッチが増えることを期待したいですね

今号のインタラクティブクエスチョン:このコレクション性の高いシーガルを検討しますか?

 

 

この記事に対して中国の時計ファンの反応です。

>このテーマは少し遅くなりました、私の祖父はもう1年前に亡くなりました、反米戦争の退役軍人です、彼は時計が好きで私が卒業したばかりの時に買ってあげたロッシーニをいつも身に着けていました。

>DWがパールハーバー記念版の時計を出したが、たいした価値はないだろう。

>あなたに影響され、90周年記念で長津湖へ。

>国民時計をサポートする。

>映像では手が非常に荒れているように見えますが、これは技術的な問題ではないのですよね?

>パールハーバー記念版の時計のDWアウトは、お金の価値がないでしょう。

>今すぐ見てください、アイドル魚の価格は価値がないことを知っています。

>とても記念になる、サポート

>私が持っているのは、700本限定のブラックフェイスの初回バージョンです

まとめ

Seagull海鷗手錶男國產防水自動機械錶6109紀念禮盒-長津湖合作款

いかがでしょうか?

「【転載】国民的腕時計を1000元で選ぶ シーガル(海鸥)の「長津湖限定モデル」は一見の価値あり?」でした。

時計自体はミリタリーウォッチデザインですし、戦地となった地帯を文字盤にして面白いのですが、内容的には全然面白くないですね。

中国の時計ファンも冷めたコメントですし、こう言うモデルは不要な気もします。

せめて遺族がいなくなった昔の戦いなどなら国民感情も沸きづらいかも知れません。それじゃ売れないのかな?

ミリタリーグッズが好きなのと矛盾している気もしますし難しいですね。

それではまた!

 

ボール・ウォッチ 記念モデルの違和感
BALL Watch DOOLITTLE RAIDERS FROM BALL WATCHES, WITH A B25 MODEL TOO ちょっと信じられないモデルが発表されましたので、新作情報ではなく記録として残してお...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました