【転載】腕時計を買うなら、この3ブランドで間違いない!(中国大衆編)

BLANCPAIN
スポンサーリンク

Buy a watch, these three brands can not be missed

中国の時計フォーラムサイトから、「有名時計を買うならこの3大ブランドは外せない!!」と言う記事がありましたので転載いたします。

タイトルを見て、中国の方の「時計選び」は、どうしてるのかな?と疑問に思いましてチェックしてみました。日本人の我々とどう違うのか?どんな価値観を基準にしているのか?ちょっと気になりますよね!

正直「お金に物を言わせて高いヤツなら何でも買う!」的な感じだと思っていましたけど、当たり前なのですが「富裕層ばかりではない」ので一般の方たちにもアドバイスが必要ですね。

良く聞くティソやミドーかな?やっぱりロレックスなのかな?なんて思いながら、皆さんも想像しながら一緒に見ていきましょう。

そもそも「有名時計」って・・・そんなワードの疑問もありますが。

 

今回もGoogle先生とDeepL先生にお願いして翻訳して頂いております(比較して伝わりやすそうな方を選びます)。

それではどうぞ。

买名表,这三大品牌不能错过!!

买名表,这三大品牌不能错过!!

有名時計を買うならこの3大ブランドは外せない!!

記事のタイトルを見ると、有名時計という言葉に疑問を抱く時計好きの方もいらっしゃるかもしれませんが、有名時計とは何でしょう?
第1に、有名な時計が国際的に高い評価を得ていることは間違いありません。
第2に、ブランドは品質の仕上がりと時計製造技術の面で一定の利点を持っている必要があります。
最後に価格に関して、個人的には「有名時計」の基準ではなく、非常に良い時計が手頃な価格で買えるので、これは「時計」の基準にはならないと思います。
しかし、これだけ多くの時計ブランドがある中で、どのように時計を選べばよいのでしょうか?
どのブランドを買うべきかまだ悩んでいるなら、この記事を見れば答えが分かると思います。

皆さん、こんにちは。
最近、時計好きの読者から、私たちが紹介した時計は高級すぎて、すべて上級者向けのスタイルであるとのメッセージがありました。これらの時計は、一般の方には、ちょっと遠い存在かもしれませんので、今日は、大量消費に適した時計をいくつか紹介します。

私は、中国で大衆が購入するのに最適な時計ブランドは、ロンジン、オメガ、ブランパンの3つだと考えていますが、この3つの時計ブランドはすべて同じグループに属しており、それらはスウォッチグループです。
これらのブランドを購入する価値がある理由はいくつかあります。
まず、時計自体の品質がこのクラスでは群を抜いていること、そして、国内に完璧で便利なアフターサービスが存在することです。
特にアフターサービスは、時計で遊んだ経験のない消費者に多くの利便性をもたらすでしょう。

エントリーウォッチ分野の天井といえば、ロンジンです。 個人的な美意識はさておき、エントリークラスの時計の中では、構成やムーブメントの面でロンジンは大きなアドバンテージを持っています。 現在、ティソやミドーなどのエントリーモデルは、スウォッチグループ内で共有するムーブメントを使用していますが、ロンジンだけは、スウォッチグループがロンジンのために開発した専用ムーブメントを使用しています。 これはロンジン専用で、エントリーモデルの最高レベルに磨きをかけているだけでなく、シリコン製ヘアスプリングやショックアブソーバーなどの技術構成はオメガと同等になっているそうです。

ロンジンのムーブメントは、エントリーモデルとしては異例の装飾が施されています。

フォーマルウォッチの「マスターピース」、スポーツウォッチの「コンクエスト」に代表されるように、ロンジンは1万~2万元以上の価格帯が中心で、優れた構成と抜群のコストパフォーマンスを誇っています。

ロンジン マスターピース フルカレンダー ムーンフェイズ クロノグラフ」、通称「ロンジン エイトハンズ」。

ロンジンは、全国に販売拠点(直営店、ディーラーを含む)を持っています。 ロンジンは、オメガやロレックスと同じ保証期間である5年間の世界保証を開始しました。 ロンジンの時計を気軽に購入でき、同時にアフターサービスもできる。 ロンジンのアフターサービスは、新疆、内モンゴル、甘粛、寧夏などを含む中国国内(直営アフターサービスセンターと公認アフターサービスセンターを含む)に非常によく行き渡っており、ロンジンの公認アフターサービスセンターも存在します。 保証期間中の時計で、誤ってぶつけてしまったり、修理が必要になった場合、公式な直営/公認のアフターセールスポイントがあることが非常に重要です。 マイナートラブルは人為的なものでない限り、公式アフターサービスで無償対応するからです。

ロンジン コンクエストは、フルセラミックでオメガと遜色ない構成になっています。

ブランドの認知度、時計の品質、アフターメンテナンス、すべてにおいて欠点がありません。 単にスイス時計を買いたいだけなら、基本的にロンジンが大半の人のニーズを解決してくれるでしょう。

 


成都のオメガブティックは、非常に地元に密着した性格を持っています。

オメガは時計界の王者の一人であり、総合力とブランド規模では、ロレックスとオメガだけが「ライバル」であると言えます。 高級車におけるメルセデス・ベンツ、BMW、アウディのようなもので、位置づけこそ違うものの、総合力では他ブランドが太刀打ちできない状況です。
オメガの素材とムーブメント技術は、このクラスの最先端を行くものです。 特に、全シリーズがクロノメーター認定を受けており、その誤差基準は日差0/+5秒とスイスクロノメーターよりも高く、耐磁性能も15000ガウスと、このクラスだけでなく時計界全体で比類のない優れた耐磁性能を有しています。

スポンサーリンク

オメガの4つの主要コレクションには多数のモデルがありますが、すべてのコレクションが適切かつ完全な歴史的連続性を維持しています。
中でも「スピードマスター」「シーマスター」「コンステレーション」は、時計の世界でかけがえのない重要な位置を占めています。 バタフライコレクションは、一般価格が2万元以上から10万元以上と、より身近な存在となっており、老若男女を問わず、自分に合った時計を見つけることができるようになっています。


オメガの全製品は、完璧なまでのクロノメーター認定を受け、15,000ガウスの耐磁性を備えています。

オメガは、中国において、このクラスで最多の販売・アフターセールス拠点を有しています。
ブティックの話だけでなく、アフターサービスの話もしましょう。
オメガの中国における公式アフターセールスセンター/公認アフターセールスセンターは、中国の29の省/市/特別行政区をカバーしています(公式ウェブサイトにてご確認いただけます)。 同ブランドのアフターサービス網は、ロレックスと同様、北と南しかカバーしていません。
5年保証のオメガは、一般消費者から見れば、高級腕時計の中で最も手間がかからないと言えるでしょう。

一般の方にとって一生身につける時計は、このオメガで全く問題ありません。 なぜなら、太古の昔から、数多くの要人やセレブリティ、スターもオメガを身に着けてきたからです。

 

ブランパンとオメガは、ともにスウォッチグループ(スウォッチグループの内部組織)の高級時計ブランドで、ブランパンはオメガより上位に位置づけられます。
このレベルになると、私がブランパンを好む理由は、同レベルの他の有名時計と比較して、ブランパンは国内市場を非常に重視しており、優遇政策が傾いているからです。

時計単体でいえば、ブランパンの品質はこのクラス、この価格帯では群を抜いています。 フォーマルな「ヴィルレ・クラシック」でも、スポーティな「フィフティ・ファゾムス」でも、時計の構成レベル、ムーブメントの性能、装飾的なポリッシュなど、いずれも優れたコストパフォーマンスを備えています。 よく掲示板で「天地の良心」と言われているのではないでしょうか? ブランパンの価格帯は7万元超からで、ブランパンのエントリーウォッチのムーブメントポリッシュは10万円以下の価格帯では無敵であることは周知の通りです。


ブランパンのムーブメントは非常に総合的に磨き上げられており、このクラスでは際立っています。

次に、ブランパンの国内市場への傾倒についてです。
というのも、国内のブティックで時計を購入すると、5年間の保証がついてくるからです。 一方、海外のブランパンは、2年保証しかありません。 ブランパンは、中国市場において3年間の延長権を付与しています。
ブランパンのブティック/カウンターは、中国の26都市をカバー(公式サイトで入手可能)、北京と上海のブランドの公式アフターセールスセンター、さらに、スウォッチグループヌシャテルのアフターセールスセンター(つまり、スウォッチグループの様々なブランド、アフターセールスに行くことができ、ティソも修理ブレゲ、両方)修理やメンテナンスすることができます。
ブランパンのレベルには、実際には、購入グループが比較的小さく、ブランパンの国内販売とこの規模のアフターセールスでは、他の有名な時計ブランドの同じレベルに到達することはできません。

マーケットには多くの種類の有名時計がありますが、ロンジン、オメガ、ブランパンはすべて独自の位置付けを持つ有名時計であり、長年にわたって中国で深く根付いてきました。そのため、時計を扱った経験がなく、単に有名なスイスの腕時計を購入したいという大衆消費者には、これらの3つのブランドが優先されます。

この記事に対し

在劳面前都是弟弟

>ROLEXの前では皆兄弟

>私のビッグセイコーは、上乗せしても表示されません!!!! みっともなさすぎ

>プレミアムはともかく、ロレックスなくして時計を買う話はできない

>4大メーカーの場合、ティソを加えるべきでしょうか?

>なるほど。確かに、この3つに心をセーブしておきます

>ロンジンとオメガは間違いなくその価格の王様です。この価格で時計を購入する際に最初に考慮すべきことは、それが非常に成功しており、ブランパンも努力していることです。

 

元記事はこちら

买名表,这三大品牌不能错过!!|浪琴_腕表之家xbiao.com
看到文章标题,可能有些表友对名表二字有些争议,什么是名表?首先,毋庸置疑的是名表在国际上的知名度要高;其次,品牌需要在品质做工以及制表技术等多方面兼具一定优势。至于价格,个人认为这并不是“名表”的标准,亲民的价格也可以买到非常优秀的名表。但名表品牌那么多,想买表应该怎么选?如果你还在纠结买什么品牌,看完这个视频,相信你...

まとめ

いかがでしょうか?

「【転載】腕時計を買うなら、この3ブランドで間違いない!」でした。

全部スウォッチグループって言うね、広告案件かしら?と疑いたくなるようなラインナップでしたが、実際にこの3つのブランドは中国で支持されていると思います。

フィフティファゾムスは中国で非常に人気を博し、オメガは元々大人気です。

そしてロンジン、以前も記事にしましたが、ロンジンは世界での売り上げベスト5(ロレックス、オメガ、ロンジン、パテック・フィリップ、カルティエ)に入るビッグネームだと言う事実があります(オーデマピゲ、ティソと続き10億スイスフラン以上の売上があるのはこの7つのブランドだけ)。

中国で大成功しているからなのです。

日本だったらロレックス、オメガ、グランドセイコー・・・みたい内容かな?

中国は広いこともあり、アフターサービスの拠点について非常に大事な部分を占めるようですね。

そして見た目や流行り、デザインよりスペック重視なのも面白い。

基本はロレックスやPP、APの人気は変わらないものの、ご当地ならでは人気ブランドがあるのは何か良いですね。

次はインドやアフリカで人気になるブランドが儲かるのかも知れません。

それではまた!

 

【転載】オメガの"グリーンウォッチ" 3機種の中で最も人気のあるはどれ? 中国での「緑」需要
Omega's three explosive "green watches" are which ones 中国の時計フォーラムサイトから、オメガの新作グリーン文字盤3機種からどれが1番人気なんだろう?と検証する記事がございましたの...
【転載】ロレックス サブマリーナー 唯一のライバルとして知られている、ブランパンのフィフティファゾム は買う価値がありますか?
Touted as the only rival to the Rolex Aquaman, is the Blancpain Fifty Fathoms worth buying? 翻訳すると「ロレックス サブマリーナー 唯一のライ...
【浪琴】何故、中国でロンジンは人気なのだろう?
Why is Longines so popular in China? 最近書くネタが無いのでしばらくは中国ネタが続きます。 今回はスウォッチグループのロンジンです。 1832年から続く名門でウィームスやアワーアングルウ...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました