【転載】ロレックス サブマリーナー 唯一のライバルとして知られている、ブランパンのフィフティファゾム は買う価値がありますか?

BLANCPAIN
スポンサーリンク

被誉为劳力士水鬼的唯一对手,宝珀五十噚是否值得买?

翻訳すると「ロレックス サブマリーナー 唯一のライバルとして知られている、ブランパンのフィフティファゾム は買う価値がありますか?」こんな感じでしょうか。

最近気に入ってる中国の腕時計フォーラムから、ブランパンのフィフティファゾムについての記事がありましたのでご紹介。

日本ではブランパンって流行ってますかね?

中国ではフォーラムで見る限り、本当にフィフティファゾムが人気があるようで、スウォッチグループの宣伝力に驚くばかり。

ティソ、ロンジン、オメガ、ブランパンと人気メーカーはほぼスウォッチグループの一員。

と、言う事で中国の方がどれだけフィフティファゾムを推しているか見てみましょう。

今回もgoogle翻訳にお願いしています。

(本文へは上記画像をタップして頂くと飛べます)

 


この地球上の人気でトレンドのダイビングウォッチはロレックスのサブマリーナーは誰が何を言おうと決まっています。
しかし、ロレックスサブマリーナーのライバルとなると、ブランパンのフィフティファゾムスは、価格、人気、機能、位置付けの点で、唯一の競争相手になるはずです。
この記事では、このフィフティファゾムスを購入する価値があるかどうかを説明するために、最もエントリーレベルの38mmスチール製ブランパンフィフティファゾムス(モデル:5100B-1110-B52A)を例として取り上げましょう。

ブランパンフィフティファゾムスについて

ブランドのポジショニングの観点から、Swatch GroupのBlancpainは、最高の高級ブランドであり、業界最古の腕時計ブランドとして認識されています。
1735年に作成されたロゴは清の第6代皇帝 乾隆帝が王位に就いた年であり、人々を畏敬の念を抱かせます。
フィフティファゾムスシリーズは、現在、ブランパンブランドで最も売れている時計の一つである。
正式にブランパンのフィフティファゾムスは、フランス海軍の最も初期の「軍用機器」として採用され、現代の確立された時計業界の市場に1953年 発売されたダイビングウォッチです。

フィフティファゾムスの名前の由来といえば、ロマンチックな物語もあります。
シェイクスピアの「テンペスト」では、エアリエルは次のように童謡を歌っています。
「あなたのお父さんはフィフティファゾムスの奥深くにあり、彼の骨は珊瑚に変わっています。」
「ファゾムス」とは、水深を測定するための単位であり、当時の空気圧縮技術の条件下では、ダイバーが潜ることができる限界深度と考えられていました。

価格について

現在、ブランパンのフィフティファゾムの素材は主にスチールとセラミックで、スチールの価格は比較的低く、多くの時計ファンがブランパンの時計を購入する最初の選択肢でもあります。
38mmスチール製 ブランパンフィフティファゾムス(モデル:5100B-1110-B52A)の現在の公定価格は70,500元です。
一流の高級ブランドからすると、このようなスポーツウォッチの公定価格は実際にはそこまで高くありません。

ブランパンのカウンターに行ったことがある場合は、直営店であっても、交渉可能な割引がありますよね。
この時点で、ロレックスサブマリーナーと比較して、それははるかに親切です。
流通市場の価格も非常に費用対効果が高いため、ブランパン ブランドは業界で「天と地の良心」の評判があります。

アフターサービスについて

アフターサービスに関しては、すべてのブランパンの時計は購入日から24ヶ月のグローバル保証を受ける権利があります。
直販店で購入した場合は、36ヶ月のグローバル保証が受けられます。
カレンダー付きの通常の3針腕時計、公式のアフターメンテナンス費用は5,300元(約86,800円)です。
この費用はSwatchの公式アフターウェブサイトでも見ることができますが、それでもロレックスサブマリーナーよりもはるかに高価です。
一流の高級時計を購入する友人もこれを考慮に入れる必要があります。

スポンサーリンク

同レベルの競合製品について

ここでは、昨年9月に発売された新型ブラックサブマリーナー(型式:126610LN)を直接比較します。
公式定価も同様です。
ただし、新しいロレックスサブマリーナーは流通市場での価格上昇で定価より高くなっています。
ブランパンのフィフティファゾムスはブランドの位置付けは高くなっていますが、それでもかなりの割引があり、2つの時計を比べた場合実際の市場価格はフィフティファゾムスが低くなっています。

時計のケース径に関しては、新しいブラックサブマリーナーの41mmはブランパンフィフティファゾムの38mmよりも大きく、どちらも300メートル防水です。
ストラップの違いは最大です。
サブマリーナーはスチールストラップで、フィフティファゾムスはキャンバスストラップです。
時計ファンのフィードバックによると、フォローアップでは、さまざまなラバーストラップを使用して、ブランパンのフィフティファゾムスがより使い回ししやすくなっています。
ロレックスのスポーツウォッチに関しては、誰もがオールスチール素材に慣れてきたようです。

さらに、ロレックスのパラクロムひげぜんまいとスーパークロノメーターは、その技術のハイライトです。
ムーブメントの磨きをお望みなら、ブランパンのフィフティファゾムス「天と地の良心の琥珀」の品質は、ロレックスのコールドスチール製のバックシェルよりも間違いなく興味深いものです。

最後に

Blancpain Fifty Fathomsは非常に意味のあるダイビングウォッチです。
その前に、その意味をトヨタのRAV4と比較しました。
トヨタのRAV4は、都市型SUV市場の一部を生み出し、現在、都市型SUVモデルは自動車市場の「絶対的な主力」となっています。
Blancpain’s Fifty Fathomsは、現代のダイビングウォッチの市場を開拓し、現在、ウォッチ界で最も注目を集めている「絶対的な主力製品」です。
製品の影響と意味は同じです。
ブランパンのフィフティファゾムスの最終価格と製品品質の観点から、それは非常にお勧めの時計です。
もちろん、価格を上げたくないロレックスサブマリーナーを購入した後の信頼できる選択肢でもあります。
どう思いますか?

(テキスト/ Qiu Xiaocheng)


まとめ

いかがでしょうか?

「ロレックス サブマリーナー 唯一のライバルとして知られている、ブランパンのフィフティファゾム は買う価値がありますか?」でした。

フィフティファゾムスの良さはいまいち伝わってこなかったですが、皆さんはどうでした?

いや、充分良い時計という事は認識しています。

「ライバル」の一番手なんだ・・・とね、思ったわけです。

買う価値は、あると思いますけど「ライバル機」としての認識は・・・?

要約しますと、ダイビングウォッチのマーケットを作った礎として、更にはスウォッチグループの高級ブランドとして、ブランパンのフィフティファゾムズはイケてます。

サブマリーナーに比べて定価は高いが、値引きが受けられお買い得です。

ストラップ交換を楽しめ使いやすいし、シースルーバックでムーブメントを見て楽しめるのもグッドポイントです。

こんな感じですかね。

で、ライバルなのかは・・・やっぱり、ここはよくわかりませんでした。

ロレックスのサブマリーナーとブランパンのフィフティファゾムズ、日本だったら間違いなくサブマリーナーが選ばれると思いますが、ロレックスを好まない方や、ブランパンのファンはその限りではありません。

ただ、サブマリーナーの代わりに、となった場合に、皆さんなら・・・何を「ライバル」として?ダイビングウォッチを選びますか?

現在の価格は150万円くらいですので、その周辺またはそれ以下で。

私は「オメガ トリロジー シーマスター300」一択です。

間違いない。

皆さんのご意見もお聞かせください。

それではまた!

 

【レビュー】ブランパン 5100B-1110_B52A フィフティ ファゾムス バチスカーフ 38mm
BLANCPAIN FIFTY FATHOMS BATHYSCAPHE 5100B-1110-B52A 2017年の新作 ブランパンのフィフティファゾムス バチスカーフからメテオグレーの5100B-1110_B52Aです。 38mm...

https://zenmai-tokyo.com/2021/02/08/seven-chronograph/

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました