【126622と116622】ロレックス ヨットマスター40 ロレジウム ダークロジウム文字盤 126622 キャリバー3235 2019年新作

ROLEX
スポンサーリンク

Yacht-Master 40mm NEW Rolesium Dark Grey Rhodium 126622

昨年2019年の新作、生まれ変わったヨットマスターロレジウム 40mm Ref.126622 ダークロジウム文字盤です。

今回は126622のレビューと共に、旧作となる116622のダークロジウムと見比べてみようと思います。

ロレックスのオンライン画像では見た目の違いが無く、ムーブメントの変更くらいかな?と思いますが実際に近くで見たら新しい発見があるのかも知れません。

新ヨットマスターロレジウム 126622 の現在の国内定価は1,265,000円、116622の最終定価は1,188,000円でした。

ハイ!

どっちが新型かわかりますでしょうか?

目を細めてじぃぃっと見たらわかるかも。

まったく同じケースを使っているような感じですね~。

クラウンガードやラグの太さとかも同じに見えます。

 

フラッシュフィットの作りも変わってないみたい。

使われている針やインデックスも同じ。

ロレックスに聞いても教えてくれないかも知れませんけど・・・ほぼ同じ。

ブレスレットも同じまま。

変わったのはキャリバー3135からキャリバー3235になったことと、文字盤の6時位置が「SWISS 王冠 MADE」になったこと。

そこを見ればすぐわかりますし、時間を進めるのがCal.3135とCal.3235で逆なのでわかりやすい。

バックルも同じだよね。

116622のブレスレットナンバーは78800だったけど、126622も同じなのかも知れません(ハズして見てないので予想)。

こちらはお馴染み116622。

で、こちらが126622。

着け心地も同じ。

40mmのオイスターケースは細腕オジサンにもバッチリ。

ダークロジウムは本当に格好良いです。

オシャレ。

価格コムから並行新品相場グラフ。

国内定価30万円ほどアップの155万円くらいで販売されています。

いや~コレは高い。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットでも150万円以上と高め。

人気モデルですね。

ここ最近はヨットマスターロレジウムも国内定価よりグンと高い値は付けなかった良心的なモデルだったのですが、現在はどうも違うみたい。

夏だし、ボーナス出たし、旅行もいけないし、って方々が腕時計でも買おうかな?ってなっているんじゃないですかね。

 

40歳以上のパパさん世代ならヨットマスターロレジウムは似合います。

大人の色気。

スペックも良くなり見た目も良い。

コレは売れちゃいますね。

因みにプラチナをベゼルに使用していますので、購入制限モデルではありません。

スポンサーリンク

重さもそれなり。

重過ぎず、軽過ぎず。

エンボス目盛りでキズが付いたら大変なプラチナ製ベゼル。

サイドビュー。

カーブしたラインがキレイ。

11~12mmと厚くはありません。

シンプルなケースバック。

100m防水です。

ロジウムの色味に似てるのかな。

ロジウムは白金族元素の1つだそうです。

銀白色なので近いのでしょう。

深いグレーが白く光るので何とも言えない色味になります。

キレイですね。

優雅なヨットやクルーザーで水遊び。

流麗なケースラインなどもセレブっぽさが滲み出ていますが、ベゼルは無骨そのもの。

金属感丸出しですが、素材はレアメタルのプラチナ。

YACHT-MASTERの爽やかなブルーが効いています。

そしてSWISS 王冠 MADE。

新型キャリバー搭載の証。

サンドブラスト仕上げのマット地に、レイズド仕上げの数字と目盛りが際立つ男らしいデザイン。

ここがスティールだったら定価も20~30万円安かっただろうに。

ヌルンとしたライン。

オイスターケースで表現できる最大級のラグジュアリー。

このベゼルにキズが付かないようにする方法は無いのかな。

このモデルはベゼルが命。

いつまでも美しくあり続けてほしい。

※古いヨットマスターのキズだらけやテロンテロンになっちゃったベゼルは格好悪い

 

目に見えないベゼルキャップが欲しいな。

ネイルのトップコートみたいなプラチナを痛めない何かがね。

いかがでしょうか?

「ほぼ同じ」と言う結果になった、ロレックス ヨットマスター40 ロレジウム ダークロジウム文字盤 126622 と 116622 でした。

完成されたケースなので変化は不要だったのかも知れません。

サブマリーナーは確実にケースやブレスレットのバランスが変わるだろうな。

ラグがシュっとして格好良くなるはずです。

コレからヨットマスターロレジウムを買おうかな?と思っていらっしゃる方は正規店で探すのが1番です。

116622よりムーブメントは良くなっていますし、正規店で見つかれば定価で買えます。

昨年くらいまではロレジウムなら正規店でたまに見掛けたけど・・・今はまた違う状況かも知れません。

126622 ダークロジウム、オススメです。

それではまた!

 

【レビュー】ロレックス ヨットマスター40 ロレジウム 126622 ブルー キャリバー3235 2019年新作
Beautiful Blue 126622 Yacht Master Roresium 40mm Cal.3235 昨年2019年の新作、生まれ変わったヨットマスターロレジウム 40mm Ref.126622 ブルー文字盤です。 ...

https://zenmai-tokyo.com/2020/06/12/dark-rhodium-grey-dial-ref-116622/

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました