【ディスコン】ロレックス 116400 ミルガウス 黒文字盤 オレンジ色の稲妻

スポンサーリンク

Rolex Milgauss 40mm Black Orange 116400

2007年 ミルガウス誕生50周年記念に復刻したミルガウス 116400。

超耐磁性能を誇り、トレードマークのオレンジ稲妻秒針で一躍人気モデルに!

しかし、リーマンショックが起こると次第に時計全体の相場が落ちてしまい、ミルガウスも話題に上がらなくなっていきます。

2015年に黒文字盤が、翌2016年に白文字盤が生産終了し廃盤となりました。

同時にリリースされたグリーンガラスの116400GV 黒文字盤は未だに現役選手ですが、116400は新型エアキング116900へと引き継がれた形です。

生産終了してから見返すと、意外に格好良かったのでは?と思えてきますが、ディスコンになったのに当時は定価以下の相場でしたね。

厚みさえ気にならなければ40mmですので、見た感じは良いでしょう?

シンプルなデザインで、パッと見はオイスターパーペチュアル。

スーツにもデニムにフィットします。

こちらは2016年の価格コム。

国内定価は788,400円でしたので、ディスコン後1年経っても定価以下。

2010年頃は30万円台で中古が売られてました。

Chrono24を覗いてみました。

2016年から見れば少し上がってきていますが、中古マーケットでの相場は今も定価以下だったりしますね。

見た目的にエクスプローラーIや新型エアキング116900あたりと比べられるんでしょうか。

保証書付で60万円台なら安いと言えるかも。

オレンジの稲妻針が無ければ大きめのオイスターパーペチュアル。

デザイン的に面白みが無いのかも知れませんが、長く使うなら無骨な方が良いのです。

派手すぎると飽きちゃうからね、なんでも。

私個人的にいまいちなのは、ベゼルとラグのポリッシュ。

コレでもかと高級感を出したかったのかも知れないけど、もうすこし落ち着いてほしかったです。

もう少し言うとベゼルの太さ、ラグのカーブも、針の太さも(文句言い過ぎ)。

1019の渋さを再現してほしい。

初期仕様でルミノバ。

ミドリにオレンジで、東海道線っぽい。

厚みのあるサイドビュー。

ケースバックも盛り上がっています。

インナーカバーが入っていますね。

重さは約148グラム。

重過ぎはしませんが、軽くないです。

スポーツタイプとは違いフリップのないシンプルなオイスターバックル。

イージーリンク付き。

ケースバック。

MILGAUSSの文字。

見れば見るほど悪くないです。

キズが目立つので、もし中古マーケットで探されている方は状態を良く見られた方が良いですね。

幻想的。

稲妻の形状が演出効果を発揮。

赤じゃなくてオレンジにしたのは何故なのかな?

スポンサーリンク

グリーンガラス116400GVを基準に見ると、ガラスに対して赤は見づらくなるからだろうね。

新しいミルガウスは、ロイヤルオークとかみたいなシャイニーなサテン仕上げでお願いしたい。

いかがでしょうか?

意外に格好良いけど、あまり人気のない生産終了モデルのミルガウス 116400 黒文字盤でした。

どんなファッションにも似合うデザインなので、着け心地や重さなどに問題なければオススメしたいと思います。

後からジワジワくるかも知れませんしね。

キャリバー3131も次世代ムーブメントへと切り替え間近。

今のうちかも。

それではまた!

 

 

 

今、買っておきたいロレックス!その5 ミルガウス 116400GV キャリバー3131

【生産終了】ロレックス 116400 ミルガウス 黒文字盤 キャリバー3131

【レビュー】ロレックス 116400 ミルガウス ウォッチ オイスタースチール 40mm ブラック文字盤

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)