【レビュー】タグ・ホイヤー CAW2110.FC6177 モナコ クロノグラフ キャリバー12 ブラック 39mm

スポンサーリンク

TAG Heuer CAW2110.FC6177 Monaco Calibre 12

角型防水クロノグラフ「モナコ」の現代アレンジ キャリバー12を搭載したCAW2110.FC6177。

モナコ生誕40周年のタイミングの2009年にリリースされたと思います。

左リューズではなくノーマルの右リューズにサファイアクリスタル風防、シースルーバックと言ったモダンスタイル。

パッと見はクラシカルで格好良いし、なかなかのヒット作となりましたね。

同型のスティーブマックィーン仕様 CAW2111.FC6183の方が盛り上がったかな?

どうですか?

39mmですがインパクトのあるグッドサイズ。

オリジナルは38mmだったので少しイメージがマッチョになっているかも。

Chrono24を覗いてみました。

国内定価は616,000円(現在は生産終了)。

中古マーケットでは半値以下で探せそうです。

盛り上がってケースより高い位置にあるサファイアクリスタル・・・大丈夫だろうか?

カケそうで怖いよね(笑)

スマートウォッチっぽいスクエアケースは時代を先取り。

このコネクテッドだったら欲しいかも。

夜光はちょびちょびですが、夜間や暗所での視認性は悪くないです。

塊だよね・・・こうして見ると。

マジでビッグブロック。

サイドビュー。

ごつい。

面白みのないケースバック。

無理にムーブメント見せなくても良かったよね。

ねじ込み式のケースバックではありませんが、気合の100m防水。

脱着しやすいダブルプッシュ式バックル。

そして無骨な佇まい。

格好良い。

個人的には右リューズの方が好きですが、オリジナルを大事にする方はキャリバー11搭載の左リューズが良いんでしょうね。

寄ってみます。

デイト表示が6時位置に。

2カウンターで昔のロボットの様な顔つきに。

タグホイヤーロゴ。

ふ~ん・・・って感じのキャリバー12の仕上げ。

そしてヘッドだけなのにズシッと重い。

約125グラム。

なんとか許容範囲。

ストラップのフィット感を上げましょう。

スポンサーリンク

いかがでしょうか?

イケメン角型防水クロノグラフ モナコです。

ブラックモノトーンで飽きずに長く愛用できますね。

ちょっと分厚い、だけど30代の社会人なら問題ない!

20代のヤングにもフィットしますね。

40代以降は頑張ってキャリバー11のマックイーンモデルにトライしてもらいたい。

なんにせよモナコ クロノグラフは格好良いのです。

オススメしたい。

それではまた!

2017年11月11日開催 PHILLIPS ジャックホイヤー時代の特別なクロノグラフ・オークション

【2019年の新作腕時計を予想する】腕時計の歴史が変わった1969年から50周年を迎えるぞ!

【レビュー】タグホイヤー CAW211R.FC6401 モナコ キャリバー11 ガルフ スペシャルエディション 39mm

【レビュー】バンフォード タグホイヤー CAW2190.FC6437 モナコ キャリバー11 500本限定

【レビュー】タグホイヤー CAW211P.FC6356 モナコ キャリバー11 自動巻クロノグラフ 39mm

【日本限定】タグホイヤー CAW211E.FC6414 モナコ キャリバー11 39mm 100本限定

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)