【丸井パンダ】オメガ 3510-21 スピードマスター オートマチック リデュース 39mm

スポンサーリンク

Omega “PANDA Dial” Speedmaster Automatic Reduced Marui Limited Edition 3510.21.00

3月ももう終わります・・・本当に早い。

今回はパンダフェイスが愛くるしい丸井で限定販売されたオメガ スピードマスターオートマチック 3510-21です。

39mmのグッドサイズは女性でも着用でき(実際に同じケースのレディーススピードマスターオートマチックも販売されています)カップルで楽しめるのは良い点。

ただ「チープ」さは否めない。

全体的にコストカットして作られた廉価版なので、普通に使うなら必要充分なスペックですけど、セカンドウォッチなんかにオススメしたいと思います。

39mmとスピードマスタープロフェッショナルより小ぶりなケースに、ETAベースのCal.3220自動巻きムーブメントを搭載した日常使いのしやすいクロノグラフとして、中古相場なら10万円を割るようなプライスで大量に出回っていました。

サラっと着けるには良い感じです。

軽いし。

2000年に誕生した限定販売モデルですが、特に刻印などは無く「文字盤」だけの差で、スペックは3510-50と同じですね。

うん、パンダで間違いない。

上野にも丸井ファッションビルあるし。

プラ風防、ルミノバ夜光。

とても軽くて約99グラム・・・100グラムかな。

リミテッド的な刻印は皆無。

ドノーマルなケースバックです。

爪が持っていかれるカッチカチなバックル。

2階建てのクロノグラフムーブメントなのでボタンの位置がズレています。

あ・・・アレ?

ココにもパンダが(笑)

シンプルで視認性が良いですね。

白黒パンダはデザイン以外にも、見やすさなんかが人気です。

アルミベゼル。

ドーム状のプラ風防がセミビンテージウォッチ感が出ています。

良く言えばですけど・・・

普通に言えば「チープ」。

マットホワイト文字盤に黒塗り針。

高級感はありません。

スポンサーリンク

いかがでしょうか?

コレが40万円超えるですから、凄いですね・・・

無くなると欲しくなるの代表格。

もう丸井限定なんてモデルは今後出てこないでしょうから、稀少性話題性はあるんですけど・・・スピマスオートが40万円か~。

値段さえ考えなければステキです。

本当に。

それではまた!

 

【レビュー】オメガ “パンダ” スピードマスター・オートマチック 3510.21.00 丸井限定モデル

【レビュー】オメガ “ホワイトフェイス” 3510.20.00 スピードマスターオートマチック「ホワイトデーのお返しに」

【レビュー】オメガ スピードマスター3510.52.00 オートマチック “逆パンダ” 日本限定ダイヤル

【レビュー】オメガ 3510-50 スピードマスター オートマチック リデュース 39mm

【時計怪獣】年末だしオメガのスピードマスターでもオススメしようかな?

【レビュー】オメガ 323.30.40.40.02.001 日本限定 スピードマスター デイト パンダダイヤル 2009年

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)