モーリス・ラクロア AI6007-SS002-430-1 アイコン オートマティック 39mm ブルー

Maurice Lacroix
スポンサーリンク

※価格改定

Maurice Lacroix AIKON Automatic 39mm AI6007-SS002-430-1

昨年2019年の新作、モーリスラクロアからアイコン オートマティックの39mmブルーダイヤル AI6007-SS002-430-1 です。

国内定価210,600円と非常にリーズナブルですが、しっかりとしたスペックで人気急上昇。

39mm AI6007-SS002-430-1の基本スペックは42mmモデルと変わらず、ムーブメントはML115でパワーリザーブは39時間。

サイズがギュッと締まっていて42mmより個人的には好みですね。

ケース直径 39mm
ケース素材 ステンレススティール
防水性ロング 20ATM防水
ダイアル ブルーのサンブラッシュ仕上げのクル・ド・パリ装飾

ストラップの素材 ステンレススティール
イージーストラップ交換システム あり
バックル ステンレススティール製ダブルフォールディングバックル

ムーブメント 自動巻き ML115
機能 時・分・秒表示 3時位置に日付表示
振動: 毎時28,800回(4 Hz)
パワーリザーブ: 38時間
石数: 26
装飾:ペルラージュ仕上げとコリマソン 垂直のコート・ド・ジュネーブ装飾を施したサンブラッシュ仕上げのローター ロジウムプレート

夜光。

厚みは11mm。

数字的には厚くないけど、着けると厚みを感じます。

調整しても150グラムありますので、まぁ重たいです。

スポンサーリンク

モーリスラクロアの「m」。

シースルーバックでムーブメントが覗けますが、キレイではないので面白味はありません。

ブレスレットの付け根見えますか?ストラップ交換が容易です。

バックルにも「m」。

内側にも「m」。

クル・ド・パリ装飾 ダイアル。

強そうなベゼル。

「m」。

エッジは効いてませんので、高級感は値段なり。

でも素晴らしい。

並行新品15万円以下ですからね、買って失敗したはあり得ません。

そう思う方は、そもそもこのモデル好きじゃない人。

ロイヤルオークが欲しくてアイコン買う方は居ないでしょう。

この値段でこれだけのモデルを作るモーリスラクロアに拍手です。

針とかインデックスとか、ケースやブレスレットの仕上げとかはもちろん値段なりなんです。

そんなことが気にならない価格と満足度。

間違いありません。

気になった方は、必ず1度手に取ってから購入してくださいね!

オススメ。

それではまた!

 

【2022年新作】モーリス・ラクロア オーシャンバウンド プラス チック製 AIKON #tide 40mm AI2008 ¥88,000-
Maurice Lacroix Aikon Tide 40mm モーリスラクロアから2022年新作情報です。 進むサステナビリティ(持続可能性)の意識は腕時計業界にも浸透してきていますが、今回の新作は凄いですね。 メーカー...
2019年新作 モーリスラクロア AI6007 アイコン オートマティック 39mm
Maurice lacroix AIKON 39mm Auto モーリスラクロアから2019年の新作情報です。 昨年リリースされた人気モデル「アイコン オートマティック」に、先週の5/25 待望の39mmがラインナップされました。 ...
【レビュー】モーリスラクロア AI6008-SS002-330-1 アイコン オートマチック 42mm 黒文字盤
Maurice Lacroix AIKON Automatic 42mm AI6008-SS002-330-1 モーリスラクロアから新作です。 1990年に誕生し、当時絶大な人気を誇った「カリプソ」を復刻させたデザイン「アイコン」。...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました