【レビュー】モーリスラクロア AI6008-SS002-330-1 アイコン オートマチック 42mm 黒文字盤

腕時計レビュー
スポンサーリンク

Maurice Lacroix AIKON Automatic 42mm AI6008-SS002-330-1

モーリスラクロアから新作です。

1990年に誕生し、当時絶大な人気を誇った「カリプソ」を復刻させたデザイン「アイコン」。

2018年のバーゼルでは、更にバージョンアップして登場しました。

今回は渋い黒文字盤の自動巻き AI6008-SS002-330-1を見ていこうと思います。

国内定価210,600円という衝撃的なプライスと、一瞬「え?ロイヤルオーク」と見間違えそうなラグジュアリーウォッチ感のギャップが凄いこのアイコンはじわりじわりと人気モデルになっています。

SNSでもちょいちょい見るようになってきました。

「画像でもわかる、これっ高いヤツや~ん」と声が出そうなアイコン オートマチック。

42mmはちょっと大きく感じますね。

敢えて15400STより1mm大きくして、ヨーロッパのトレンドを取り入れているのでしょう。

なかなか格好良いです。

11mmくらいかな?

ケースが大きいので仕方ありませんが、このデザインだと少し厚く感じます。

ブレスレットのフィット感は悪くありません。

20万円でよくできたな~!と思います。

1つ1つのパーツの仕上げは高級メゾンと比べれば雲泥の差があります、やはりね。

肌触り含め、そのあたりは流石に追いつけない部分ですし、モーリスラクロアも求めなかったのでしょう。

「パッと見がラグスポならOK」的な感じでしょうね。

1/10の価格を実現させるという目標があったのかも知れません。

これは達成されたし、SNS時代に映えるデザインだと思います。

200m防水、夜光付きバーインデックス、シースルーバック、3針デイト付き自動巻きと充分なスペックです。

夜間でも見やすいし、シンプルなデザインなので長く使えます。

ブレスレットはロイヤルオークのようには光りません、

肉厚で丈夫そうですが、美しくはありません。

ダブルプッシュ式の観音開きバックル。

シャープな線が格好良いですね。

出来る男的な感じでしょ。

20~30代の男性にぴったり。

冠婚葬祭で使えます。

カジュアルにもスーツにも使えます。

インデックスの長さ、クルドパリ仕上げの文字盤、バランスも良いし格好良いでしょ?

Black sun brushed Clous de Paris dial
Rhodium plated, white SLN indexes
Rhodium plated, white SLN hands

アプライドインデックス。

プチタペストリーと言いますか、ロイヤルオークですね。

カクっとしています。

スポンサーリンク

まぁロイヤルオークほどではありません。

何で比べるんだ?とお思いですよね?

アイコンが20万円で、比べるところまで作り上げてきているからです。

これが40万円だったら、もっとキレイだったのかな?

80万円だったら、160万円だったらと想像します。

20万円だからね。

クラウントップにはモーリスラクロアのMマーク。

ムーブメント Automatic ML115

シースルーバックから覗けますが、まぁたいしてキレイじゃありません。

イージーチェンジャブル機構でワンタッチ。

こう言う表面の仕上げが甘い。

ブレスレットは叩き抜き式。

現行ノーチラスを意識かな・・・コストカットかな?

ブレスレットナンバー。

このツマミ(2つ)を操作してブレスレットをワンタッチで外します。

レザーストラップにも簡単に交換可能ですね。

オーバーシーズを意識したのかな?

コマの美しさは「普通」。

ピンとストッパーの菅。

シースルーバック。

ビス止め式ですが防水は200mあります。

よくあるラグジュアリースポーツに見られる22Kローターとかではありません。

パワーリザーブは38時間と最近の時計にしてはかなり短め。

毎日使う方には問題はありませんけどね・・・

いかがでしょうか?

一見高価な時計に見える素晴らしいバランスとフェイスデザイン。

うまくポリッシュ面を採用してキラキラさせています。

これで20万円で買えるんですから本当にコスパに優れていると言えるでしょう。

インターネットで画像を見ていた時よりも、手に取った時の方が「いいな」と感じました。

200万円出してロイヤルオークを買う方には、もちろんフィットしないでしょう。

でもそうですね振り切っちゃってる分、ピアジェのポロSとか買うよりは良いかも知れませんね。

ガチガチのスポーツモデルばかり持ってる方にもセカンドウォッチに優等生なアイコンオートマチックはオススメです。

いざって時に「万能」なデザインですよ。

サブマリーナーやデイトナとG-SHOCKしか無いよ!とか、プロスペックスとスピードマスターしか無いよ!って方、1本いかがですか?

スーツにバッチリ。

もちろんデニムにもね。

「いつかノーチラスが欲しい」「ロイヤルオークを買うため貯金してます」って方、アイコン着けながら夢の為にお金貯めませんか?

「大失敗」「大ハズレ」は、ありませんよ。

100万円以下の時計に興味ない方にはオススメしません。

別物なんでね。

20~30万円で良い時計無いかな?って方「アイコンオートマチック」覚えておいてください!

それではまた。

 

モーリス・ラクロア AI6007-SS002-430-1 アイコン オートマティック 39mm ブルー
※価格改定 Maurice Lacroix AIKON Automatic 39mm AI6007-SS002-430-1 昨年2019年の新作、モーリスラクロアからアイコン オートマティックの39mmブルーダイヤル AI6007-SS...
モーリスラクロア新作 AI6008-SS002 アイコン オートマティック 42mm #バーゼルワールド2018
MAURICE-LACROIX AIKON AUTOMATIC BaselWorld 2018 バーゼルワールド2018、モーリスラクロアからアイコンのオートマチックモデルが新作としてリリースされました。 色々なラグジュアリースポー...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました