【レビュー】チューダー ブラックベイ ダーク 79230DK PVDケース41mm

スポンサーリンク

Tudor Black Bay Dark Ref. 79230DK

チューダーから2016年の新作 79230DK ブラックベイダークです。

41mmのブラックベイ 79230をベースにスティールをPVDコーティングしたミリタリー調のニクいヤツ。

ロレックスのバムフォードカスタムの様に、こういった「黒い」系が好きなかたいらっしゃいますよね。

PVDスティールブレスレット仕様は、国内定価は479,700円です。

チューダーブラックベイの特徴でもある、ストラップを選んで購入。

定価が異なります(レザー/ファブリックストラップ仕様は446,200円)。

2016年のバーゼルワールド発表時はフラッシュフィットが無い、更にクラシカルなデザインだったのですが製品版には現代風にフラッシュフィットを装着しており、チューダー内で何か会議があったのか?

どちらがお好みですか???

Chrono24を覗いてみました。

50万円ちかい国内定価に比べ、かなりお買得になりますね。

まだなかなか中古マーケットには並びませんが、相場的には並行新品でも7掛けくらいがイメージなのかな?

41mmの真っ黒いボディ。

存在感ありますね。

けっこうずっしりと重いです。

搭載されるキャリバーMT5602はクロノメーター認定のマニュファクチュールムーブメント。

今までETAポンだったのですが、ブライトリングベースのロングパワーリザーブ優良キャリバーに切り替わり、文字盤の「薔薇」が「盾」に変わります。

ロレックスからクロマライトは支給されないんですかね。

ズッシリするなと思ったら、173グラム(調整後)もあるのです。

これは重い。

スポンサーリンク

クラウンガードのない(潜らないから必要ない?)スタイルがクラシカルで格好良いんですけど、クラウン(リューズ)の形状があまり好きじゃないです。

ギャランティーカードはロレックスのそれと似ていて、チューダーカラーのレッドくらいの違いかな?

マイクロ文字や・・・

隠しロゴなども健在。

文字盤に寄ってみます。

マットブラックの文字盤。

お馴染みの「イカ針」。

イカならドットインデックスはおかしかろう?と毎回思うけど、変わる雰囲気はありません。

ベゼルのマーカーが赤く塗られており、この辺もビンテージ感が漂います。

秒針もスクエア形状・・・インデックスもスクエアが良いな~。

赤サブ的な防水性(200m=660ft)表記はレッドレター仕様。

クロノメーターの文字が誇らしい。

因みにETAポンのブラックベイは弧を描くSELF-WINDINGの文字でした。

このリューズね。

なんかちょっと切ない。

薔薇ファンのためにクラウントップには薔薇のロゴがあります。

いかがでしょうか?

サテン仕上げのブラックPVDがミリタリー感を醸し出し、カジュアルスタイルにフィットします。

けっこう厚くて重いのでスーツスタイルには・・・どうかな?

ボリュームのある黒い塊が、ちょっと威圧的かも。

見た目は格好良い!

お値段も安い。

セカンドウォッチに悪くない選択だと思います。

それではまた!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)