【レビュー】チューダー 79360DK “All Blacks” ブラックベイ クロノ ダーク 41mm PVD 2019年新作 初回生産1181本

スポンサーリンク

Tudor 79360DK Limited Edition Black Bay Chrono Dark

2019年の新作です。

ラグビーワールドカップに合わせて登場しました。

ラグビー誕生の地イングランドと関係の深いチューダーは、元々ラグビーの強豪チーム「オールブラックス」をアンバサダーとして迎えており、このタインミングで出すのは自然だったのかも知れません。

まさにオールブラックなブラックベイクロノ「ダーク」。

過去の選手含め歴代1181人分の生産数しかない79360DKは希少性とデザインの良さも相まって市場ではプレミアム相場となっています。

この初回生産分1181本を買えなかった場合、新しいオールブラックスの選手が誕生するごとにその人数分だけ追加生産するのですが、一気に100本とか増えることはないでしょうし、世界中に配布されるので日本で買えるのは何年後になるか・・・

因みに国内定価は643,500円。

Chrono24を覗いてみました。

2次流通で80万円以上となっていますね。

やはり1000本程度の限定モデルは、なかなか手に入らないので争奪戦となります。

コレと

コレが合体した感じ。

スティールをPVDコーティングしていますので、経年劣化で黒い塗装がハゲてきますが、その枯れた感じがどうなるか楽しみです。

パネライの初期PVDモデルなどは枯れ具合がまた格好良いですからね。

全身真っ黒なのでプロハンターやバンフォードのデイトナみたい。

ブラックベイシリーズはとにかく重いのがね。

この79360DKも約170グラムもあります。

そして分厚い。

スポンサーリンク

ケースバックもバックルプレートも全て「黒」。

ミリタリー感もあり、好きな人にはツボでしょう。

フック付のバックル。

ケースバックには限定ナンバー入り。

寄ってみます。

デイトナ116500LNみたいな黒いベゼル。

こちらはスティールにPVDですけど。

文字盤もマットブラック。

200m防水だけ赤く印字されています。

夜光が塗布されたスノーフレークハンドとドットインデックス。

個人的にはドットインデックスにはメルセデスハンドが合うと思います。

ケースがマットブラックなんですが、針はシルバーのまま。

クラウントップにはチューダーローズ。

いかがでしょうか?

レアモデル間違いなしのブラックベイクロノダーク79360DK。

41mmケースに自社製(ブライトリングベース)キャリバー MT5813(クロノメーター)を搭載。

定価で買えたら、お買い得!

ストラップ交換したり色々楽しめそうです。

チューダーは購入制限ないので転売ヤーも狙ってそうですね。

それではまた!

 

【2019年新作】チューダー 79360DK “All Blacks” ブラックベイ クロノ ダーク 41mm PVD

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)