【今のうちに買っておきたい】3590-50 オメガ スピードマスタープロフェッショナル セミビンテージ

スポンサーリンク

Omega Speedmaster professional “Moonwatch”3590.50.00

今年も3度目の登場となるスピードマスタープロフェッショナル 3590-50。

トリチウム夜光のセミヴィンテージ感を安価に楽しめる逸材です。

格好良いしね。

スペックは現行機と大きくは変わっていませんので、メンテナンスをしっかりすれば50年でも使用可能です。

うひょう~格好良い!

まだトリチウム夜光はほんのりな変色。

コレから味の出方も楽しめます。

Chrono24を覗いてみました。

最近は評価が高まっててけっこう高め。

と言っても40万円くらいかな。

3590-50は90年代半ば後半に生産終了し、3570-50に切り替わっています。

ムーブメントが861から1861へと変わったのが1番のポイント。

ブレスレットの中央パーツサイドがポリッシュなのは後半のもの。

2018年のウルトラマンと見比べても違いませんね。

はい、ドン!

こちらは現行機311.30.42.30.01.005。

ちょっと高級感がアップしています。

サイドビュー。

プラ風防が素敵。

クラウントップにはΩマーク。

厚みは14mmくらい。

バックルは爪が取れそうなくらい固いヤツ。

寄ってみます。

トリチウム夜光が塗布された針・・・塗料が割れて劣化しています。

T SWISS MADE T。

インデックスのキツネ色が良い感じ。

プラ風防の中央にはΩマーク。

スポンサーリンク

文字盤も劣化していますけど、「味」だよねってことで受け入れます。

去年から買おうかな買おうかななんて思っているのに・・・まだ買ってない。

40万円を10回分割なら月々4万円、20回分割なら2万円。

お小遣いから捻出するのは大変だ(泣)

でもね、今買っておかないと50万円60万円になってしまうかも知れません。

状態が良い個体はもう多くはありません。

いかがでしょうか?

80年代90年代のセミビンテージなスピードマスタープロフェッショナル 3590-50。

「渋い」のひとことです。

宇宙に行った腕時計ですので強靭堅牢で安心、まだまだ着けられます。

ロレックスのクロノグラフだったら100万円以下じゃ見つかりませんので「お買い得」な感じがしませんか?

比べるもんじゃないけどね(笑)

こんなメジャーでイケメンでストーリーもヒストリーもあるセミビンテージのクロノグラフが40万円ですよ!

買うなら今でしょ!

それではまた。

【レビュー】オメガ 3590-50 スピードマスタープロフェッショナル トリチウム もうすぐ40万円!

【レビュー】オメガ 3590-50 スピードマスタープロフェッショナル トリチウム

【レビュー】オメガ 3590-50 スピードマスタープロフェッショナル トリチウムなグッドダイアル

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)