【レビュー】SINN 156B ミリタリークロノグラフ レマニア5100

SINN
スポンサーリンク

Sinn 156B Military Chronograph Lemania 5100

時計マニアの一部にコアなファンがいるSINN(ジン)のミリタリークロノグラフ 156B。

凄い格好良いですよね。

43mmもあるケースサイズにプラ風防、強力な夜光、自動巻きのクロノグラフ レマニアCal.5100が搭載と、渋いコンボです。

元は軍用時計の後継モデルで、ガチファンも納得の1本と言えます。

ドイツブランドのSINNのパイロットウォッチですのでデイデイトの曜日表記がドイツ語・・・ここもマニアには堪りません。

また今回の個体はSINNのロゴの下に「MILITARY」の文字が無いタイプです。

見て下さい、このイケメンフェイス!

格好良さしかありません。

ベゼルが大き過ぎてプッシャーが見えない(笑)

Chrono24を覗いてみました。

アラ、けっこう高いんだな・・・

10万円台かと思ってた。

私の好きなパイロットウォッチ103Bも10万円以下が見つからない・・・

高くなっていますね。

凄い光りますね。

トリチウムじゃないのか。

赤いクロノグラフ針も光ります。

仕上げは値段相応な感じで、まぁ高級感はありません。

武骨で道具感が好まれますね。

クラウントップにはSマーク。

スポンサーリンク

この156.Bはドイツ連邦空軍が1960年代に正式に採用していたクロノグラフの155の後継モデルです。

155は横目手巻き2カウンターですが、更に便利に自動巻きにしたのが156ってことでしょう。

もっと使いやすい38mmの256(バルジュー7750)もあります。

ミリタリーの文字が無いのは寂しいな。

プラ風防はキズが目立ちますね。

シャトル型の針は60分積算計。

クロノグラフ針が1周まわると1つ目盛りが動きます。

4カ所ネジで留まってますね。

100m防水なんですけど、どうなってんだ?コレ。

いかがでしょうか?

デニムにも合うしスーツ・・・には合わないか。

大きいけど軽いし(ケース本体は85グラム)、ストラップ交換しながら楽しめますね。

オリジナルのブレスレットモデルもありますので気になる方は探してみてください。

2000年代前半には生産終了になっているかな?

もう状態が良い個体は多くないかと思いますが、経年劣化もこのモデルには「味」となります。

いや、本当に格好良いな。

ミリタリーウォッチに興味がある方にはオススメできます。

レマニア5100がな~・・・ちょっとわからないんだけど。

それではまた!

【レビュー】ジン 103.B.AUTO 41mm コスパの良いシンプルなパイロットクロノグラフ
SINN 103.B.AUTO 41mm ETA Valjoux 7750 ジンと言えば103.Bと言うぐらい、回転ベゼルでお馴染みのパイロットクログラフです。 安くて格好良い!これに尽きます。 バルジュー7750を搭載したク...
【レビュー】SINN 403 HYDRO EZM-2 シリコンオイルが足りない!驚異の5000m防水時計
Sinn 403 Einsatzzeitmesser 2(EZM2) ドイツの特別警察軍のツールウォッチ・シリーズ1~4から今回は「2」の国境ガードダイバーのためのEZM-2を見てみましょう。 シリコンオイルを封入するジン社独自のハ...

https://zenmai-tokyo.com/2017/05/10/sinn-103-b-sa-auto/

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました