【レビュー】SINN 103.B.SA.AUTO ジンのベーシックパイロットウォッチ

スポンサーリンク

SINN 103.B.SA.AUTO

ジンってご存知ですかね?

正式にはSinn Spezialuhren(ジン特殊時計会社)と言うドイツのブランド名です。

1961年にドイツ軍パイロット兼飛行教官だったヘルムート・ジンさんが作ったパイロットウォッチブランドです。

見やすい、安い、ETAポン。

三拍子揃った、ある意味安心のモデルが多い印象でしたが・・・

このモデルはサファイアクリスタル、シースルーバック、200m防水と以前のモデルよりはグレードが高めです。

オールアラビアのパイロットウォッチは格好良いなぁ。

税別定価は360,000円と意外に高いですね。

スクリュー式のプッシャー。

昔は68,000円とか78,000円で中古のプラ風防を見かけましたが、いつの間にか10万円を超え、このモデルなんかは20万円ちかく出さないと中古も買えません。

【ムーブメント】
・Valjoux7750(自動巻/25石/28,800振動)
【機能】
・時・分・秒(スモールセコンド)
・クロノグラフ(30分積算計、12時間積算計)
・デイデイト表示
【ケース・ベルト】
・ケース:ステンレススチール
・ベルト:カウレザーストラップ
・風防:サファイアガラス
・リューズ:ねじ込み式
・プッシュボタン:ねじ込み式
・裏蓋:サファイアガラス、ねじ込み式
・両方向回転ベゼル
・防水性能:20気圧防水
【サイズ・重量】
・ケースサイズ:直径41mm×厚さ17mm
・重量:100g
・ベルト幅:20mm

しっかりした、けれども簡素な作りの3連ブレスレット。

ドイツの公式HPにはこんな5連ブレスモデルが掲載されています。

いずれこのベゼルもセラミックへ進化するんでしょうね。

約17mmもある厚さ。

200m防水だし、クロノグラフだし、我慢がまん。

ダイビング用では無いですから、レザージャケット用かな?

ブレスレットがワンタッチでサイズアップするエクステンションも付いています。

高機能でしょ?

スポンサーリンク

こんな感じです。

10,000円台のセイコーと同じような作り。

シースルーバック。

ブレスレットのバックルはけっこうキツめ。

爪が取れちゃいそうな場合もあります(笑)

でも外れにくいダブルロック式。

バルジュー7750の振り子にはSinnのサインが。

質素。

何故シースルーにしたんだろう?

色々文句言いますが、格好良くて良いモデルです。

41mmで存在感ありますし、使わないけどクロノグラフで200m防水で回転ベゼルが付いてます。

武骨でシンプル。

ブレスレットの横のこのネジ山みたいの何でしょうかね?

どなたかご存知の方、教えてください!

ミリタリーテイストを安価で手に入れられるのでSINNは良いメーカーです。

ただ耐久性とか、リセールバリューとかは期待できませんね。

ちょっとIWCのフリーガーが好きとか、ブレゲのアエロナバルが好きとか、こういうフェイス好きな方には刺さってますよね?

どうですか?

格好良いと思います。

プラ風防系よりは進化して、質感も良くなっています。

a0234212_13351060.jpg

こんなパンダ仕様の日本限定モデルもあるようです。

103 St DIAPAL チャコールグレイの文字盤が素敵。

GMT機能付き。

コレも良いですね。

他にも過去には手巻きモデルや2トーンモデル、ムーンフェイズなど様々なバリエーションがあるので中古品なら選ぶのも楽しいかも知れません。

2017年5月10日(水)~5月23日(火)は新宿伊勢丹本館4階でフェアを開催しているみたいです!

ファンの方は是非。

ではまた!
#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)