【レビュー】ゼニス 95.9000.670/78.M9000 デファイ クラシック 41mm エリート 670 SK

スポンサーリンク

Zenith Defy Classic Skeleton 41 mm Titanium 95.9000.670/78.M9000

2018年の新作、トレンドのスケルトンダイアルが魅力的なゼニス デファイクラシック 95.9000.670/78.M9000。

41mmのケースはチタン製、ムーブメントはスケルトン仕様のエリート670 SKが搭載されています。

国内定価は864,000円、並行新品相場は50万円強といった感じです。

よく見ればデイト表示もありますし、ビジネスシーンにもカジュアルにもフィットしますね。

ね?格好良いでしょ。

視認性って話は置いておきます。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットですが国内の並行新品相場と同じくらいですね。

軽くてフィット感も良い感じ。

オールチタンなので、スリキズがねちょっと怖い。

けっこうな見た目ですが重さは96グラム。

かる~い!

カクっとしたフォルムはロイヤルオークやノーチラスをイメージしているのでしょう。

ゼニスのラグジュアリースポーツモデルですね。

因みにちょっと似てるロイヤルオーク 15407ST.OO.1220ST.01 ダブル バランスホイール オープンワーク はプレミアム価格で、1000万円ちかい相場となっています。

ラグジュアリースポーツなので針とインデックスには夜光塗料。

暗い方が視認性が良いかも知れません。

シースルーバックからはムーブメントが覗けますが、星型のローターが格好良い!

スポンサーリンク

ブレスレットはH型のパーツで組み上げられています。

オールチタン。

バックルプレートもチタン。

サイドビュー。

クラウントップにはスターマーク。

文字盤に寄ってみます。

秒針のお尻には星があしらわれています。

メカメカしていますね~。

結構手間がかかっていると思いますが値段は抑えめ。

サテン仕上げとポリッシュ仕上げがうまい感じに組み合わされています。

カクカクしてますので、ぶつけたら悲惨なことになります。

デファイクラシックシリーズはラバーストラップなどの仕様もあります(雰囲気的には現行オーバーシーズみたいな感じ)。

一体化ブレスレットではありませんが、つながって見えるのでキレイなラインですね。

いかがでしょうか?

ゼニスの狙うアンダー100万円のラグジュアリースポーツモデル デファイクラシック。

スケルトン文字盤はトレンドですので、いつか飽きられてしまうかも知れません。

そしてゼニスは並行相場は買いやすいですがリセールバリューは良くありません。

買い替えなどは諦めて、本当に「格好良い!欲しい!」と感じた人向けです。

それを含めても格好良いと思いました。

気になった方はブティックなど見に行ってくださいね。

それではまた!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)