【レビュー】オメガ 311.30.42.30.01.002 スピードマスター アポロ11号月面着陸40周年記念モデル 7969本

スポンサーリンク

OMEGA 311.30.42.30.01.002 Speedmaster Moonwatch Apollo 11 40th Anniversary

今回はアポロ11号月面着陸記念モデルです。

今から10年前の2009年にリリースされたアポロ11号月面着陸40周年の記念モデル オメガ スピードマスター プロフェッショナル 311.30.42.30.01.002。

限定本数は7969本(プラチナの311.90.42.30.01.001は69本限定)。

国内定価は561,600円で、中古マーケットでも定価くらいでまだ見つかるかと思います。

9時のインダイヤルにはシルバーのメダルがセットされており、ミッションバッジ同様のイーグルレリーフが超絶格好良いのです。

本数が2000本程度ならプレミアム価格になってもおかしくないくらいの格好良さ。

赤い文字で02:56 GMT(月に降り立った時刻)と記載されていますよ。

Chrono24を覗いてみます。

7000本以上あるのですが意外にも掲載本数は多くありません。

海外の方が中古相場が高めです(スピードマスタープロフェッショナルによくある現象)。

日本人より海外の方のほうがスピーディーファンが多いんですよね。

NASA好き、宇宙好き、ムーンウォッチ好き。

日本人は流行りモノ好きとROLEX好きが多いイメージ。

私の中では1番ノーマルのスピードマスタープロフェッショナルが1番格好良いと思います。

限定モノとかは「悪くない」けどベーシックには勝てないのです。

中古相場は別ですけどね。

ロレックスにはこう言った限定やタイアップはありません。

なので微妙な作りの差を探し求めるマニアックなファンがいるんですね。

オメガのスピードマスタープロフェッショナルも歴史が長いので、下がりRとか90の上のドットマークとか僅かな差異を楽しむファンがいますね。

さてこの限定モデルのスピードマスタープロフェッショナル 311.30.42.30.01.002。

基本的にはスペックは変わらず、文字盤、ケースバック、ボックスなどが限定たらしめています。

ケースバックには文字盤のレリーフと同じイーグル。

舞い降りています。

02:56 GMT。

因みにワシが掴んでいるのはオリーブの枝だそうです。

比べてみると、まぁまぁ違います(笑)

でもね小さいですから。

気になりませんし、よく再現していると思います。

そして格好良いのは間違いない。

スポンサーリンク

いかがでしょうか?

 

国内ならまだまだ50万円台で見つかる10年前のアポロ11号月面着陸記念モデル。

今年の310.20.42.50.01.001は少しゴールドを使ってますけれど¥1,112,400-もしますよ、10年前のモデルなら半値、半値。

安いし、格好良いし、限定だし、アポロ11号だし、悪くない選択だと思います。

今年は1000本少なく約7000本。

それでも100万円オーバーだから、売り切れるのかな?

なんて心配しちゃう。

まぁ・・他は金無垢だったり、キャリバー321はプラチナ無垢だったりして、コンビの111万円が安く感じるのかも知れませんね。

オメガも、高級化を目指しているのでしょう・・・。

限定モデルしか売れなくなりそうだけどね。

それではまた!

【トップ20】Chrono24で見る世界のスピードマスタープロフェッショナル人気 2017年版

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)