【レビュー】オメガ 3507-51 シューマッハ スピードマスターオートマチック “The LEGEND” 2005年

スポンサーリンク

OMEGA 3507.51.00 Speedmaster Chronograph Caliber.3301 Schumacher The Legend 42mm

2005年のザ・レジェンド シューマッハコレクション 3507-51です。

3つのバリエーションがリリースされましたが、このブラックカラーが人気でしょうか?

所謂「エキゾチックダイアル」を彷彿とさせる文字盤デザインで、ここ数年人気急上昇となっています。

ちょっと前まで20万円台でしたね。

フレデリックピゲ製クロノグラフが搭載された高級機。

キャリバー3301です。

Chrono24を覗いてみました。

気付けば40万円台・・・

やっぱりね~格好良いもんね~。

現在スペックのポールニューマン的なね、オメガですけど。

スピードマスターのエキゾチックダイアルとして、オートマチックのクロノグラフとして、こう色々納得して買うと良いです。

40万円でも安い気がします。

デイト表示もあるし、ケースサイズもスピードマスタープロフェッショナルと同じ42mm。

サファイアクリスタル風防で100m防水です。

悪くないスペックです。

国内定価は514,500円なので、まだ定価以下ですね。

この頃は限定品と言えども定価で出回っていました。

ブレスレットがしっかりしていますので、162グラムもあります。

こうして見るとかなりゴツイですね。

サイドビュー。

クラウントップにはΩマーク。

ダブルプッシュ式バックル。

ゴツイですが丈夫です。

うん、似てる。

クロノグラフ機能は使わない!に越したことはありません。

ブっ壊れる可能性が非常に高まります。

何のために付いてるのかな?この機能(笑)

スポンサーリンク

ケースバックにはミハイルシューマッハ ザ・レジェンド コレクションの刻印。

文字盤に寄ってみます。

Ωマークはアプライド。

マットブラック文字盤にレコード溝のあるホワイトインダイアル。

逆パンダ的な感じに、外周の赤白はエキゾチックな雰囲気を醸し出します。

デザインを邪魔しないデイト表示がナイス。

インデックスもアプライド式。

この頃は39mmのオートマチックが主流でしたので42mmのオートマチックは新鮮でしたね。

サファイアクリスタル風防なので中央にΩマークはありません。

因みにボックスも特別な仕様。

いかがでしょうか?

ザ・レジェンドコレクションは本当に格好良いです。

重いのを我慢できるなら(と言っても160グラムくらいですけど)オススメです。

ブレスレットがマッチョ過ぎて私はちょっとNGなので、交換して使いたい。

コレは知人のザ・レジェンド。

ね?

イケてますよね。

ましゃさん仕様です。

このスピードマスターも欲しい候補にいつも入っています。

オススメ!

それではまた!

【レビュー】オメガ 3507.51.00 シューマッハ ”The LEGEND” エキゾチックダイヤルを捕獲せよ!

【レビュー】オメガ スピードマスター”The LEGEND”を違うレジェンド”ポールニューマン”カスタムにして楽しもう

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)