【レビュー】オメガ 3594-50 スピードマスター 1st レプリカ じわじわとキてます

スポンサーリンク

Omega Speedmaster 1957 Replica 3594.50.00

このブログ3回目となる(しつこい)オメガ 手巻き1957ファースト復刻「1st レプリカ」スピードマスター 3594-50です。

近頃はどんどん値が上がっており、2017年復刻のスピードマスター1957 311.10.39.30.01.001は下がっているので、いつか同じくらいになっちゃうんじゃないの?(ならない)と。

20万円台で買えてた頃がね、良かったです。

30万円台になるといろいろ不満点が出てくるとは思いますが、そうは言っても買えないからね。

パッと見(本当にパッと見)は、どちらも素敵なファーストレプリカ。

3594-50は42mm、311.10.39.30.01.001は38.6mm。

Chrono24を覗いてみました。

3594-50は30万円台で買えればラッキーくらいな勢いになっています。

プロフェッショナルの文字が無くブロードアローを採用している点、ベゼルがスティールである点、それ以外は3570-50と変わりません。

しかし、その「差」だけでかなりファーストモデルを再現できており、そして格好良いのです。

トリチウム夜光を使用しているモデルは無いのが残念(1997年以降に作られています)。

バックルも年式により変わります。

後期モデルはダブルプッシュ式バックル。

こちらは前期の「爪はがれそうバックル」です。

こんもりしたプラ風防がグッド。

クラウンにはオメガマーク。

爪はがれそうバックル。

バックルプレートはシンプルで強靭。

文字盤に寄ってみます。

アプライドのΩマーク。

ブロードアローのフチの仕上げなどは雑・・・

スポンサーリンク

プラ風防はキズがすぐ付きますが、サンエーパールの研磨剤で取れます。

プラ風防ならではのドーム形状が、光をやわらかく形どります。

いいわ~(変態)。

クラウンガードがあるので、完全なファースト復刻とはいきません。

ドンマイです。

まだ月に行ってない、NASAも使ってないモデルの復刻なのでケースバックはシンプルにシーホースだけ。

ですが、3570-50のバリエーション的な製造なので、バックルにはプロフェッショナルの文字(笑)

いかがでしょうか?

「まだ」30万円切ったぐらいで売っているお店もあるかも知れません。

限定モデルじゃないので、保証書無くてもOKでしょう。

パッと見がよくできていて、スペックは3570-50と同じですのでマズマズです。

スピードマスター1957 311.10.39.30.01.001が安くなったとはいえ、60万円台でしょうから「半額」でゲットできるファーストレプリカ。

ちょっとスピードマスターが欲しいな~と思っている方、ライトな感じでね、そんな方にもオススメ。

コンディション良好で保証書あって30万円台半ばくらいとか、良い出会いがあったら行っちゃってください。

では!

【レビュー】オメガ 3594-50 “ファーストレプリカ” スピードマスターブロードアロー Cal.1861 42mm

【レビュー】オメガ 3594.50.00 スピードマスター “プロフェッショナル?” ファーストレプリカ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)