【レビュー】ロレックス 116509MET メテオライト文字盤・WGデイトナ無垢 なんてゴージャス!

スポンサーリンク

Daytona 116509 Meteorite Roman Dial

今回はゴージャスだけれど、サラッと着けこなせればイヤラシくないホワイトゴールド無垢のメテオライト文字盤なデイトナ 116509METです。

世界に一つしかない天然?の隕石から作り出されるメテオライト文字盤。

キラキラと輝く表情も1つ1つ異なり、お気に入りのモノに出会えたならば、それは運命でしょう。

国内定価は4,298,400円、116509(ノーマル文字盤)の国内定価が3,855,600円ですので文字盤代だけで41万円(税抜)もの価格差があります。

1点1点違うのですが、私的にはマザーオブパール文字盤よりは違いの差が無いような気もします。

ドレを選んでもだいたい格好良い(笑)

Chrono24を覗いてみました。

300万円台ですかね、高年式になると400万円を越えるでしょう。

シルバーのメテオライトに赤い針が差し色になりデイトナらしいスポーティさが出ます。

ホワイトゴールドのデイトナなので、重さはけっこう感じます。

高級ではありますが、知らない人から見れば「デイトナ」「メテオライト」「ホワイトゴールド」ではなく「ロレックス」なので目立たずサラっと着けられると思います。

バックルは旧タイプ。

製造された年式(2004~ランダム)により変わりますが、高年式の現行バックルの個体の方が相場は高め。

重さは約200グラム。

重い。

スポンサーリンク

文字盤に寄ってみます。

様々な角度で金属質な部位が交差しキラキラと輝きます。

人工では作れない綺麗な文字盤ですね。

ボコボコと段差のある地盤にはローマ数字のインデックスが植え字されています。

バックルプレートにはホールマークなどの刻印。

ブラックライトを当ててみます。

夜光が無い旧タイプですね。

針の種類にバリエーションがあり、針に夜光無し、夜光あり(ルミノバグリーン/クロマライトブルー)があります。

いかがでしょうか?

世界に一つだけの顔。

生産終了となった文字盤で稀少性もあります。

美しく個性的、ホワイトゴールドのデイトナ自体も価値があり、重さに耐えうる逞しい腕の方にオススメです。

高年式の方がもちろん良いですが、安ければ旧タイプでもね。

貴金属のデイトナは文字盤選びも楽しいです。

それではまた!

 

【レビュー】ロレックス 116509MET 今じゃ稀少”メテオライト”デイトナ 一期一会の宇宙石

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)