【レビュー】スマートウォッチ・フォン KW88 PRO アンドロイドOS 3G通信とか、なんでもできる!

スポンサーリンク

Alfawise KW88 Pro 3G Smart Watch with Independent Phone / Camera

今回はグーグルのアンドロイドシステム搭載のスマートウォッチフォンです。

スマートウォッチ「だけ」じゃなく、スマートフォンみたいな使い方もできます。

スマートウォッチにSIMをセットし、独立して通信も可能ですので、何やら使い道がハッキリしている方には面白いガジェットになり得ますね。

Bluetooth接続すればスマートフォン(Android/ios)ともリンク可能で、いわゆるメールやLINEなどの通知が時計側からも受け取れます。

最近のアップルウォッチもSIMで通信できますので、その安いアンドロイド版くらいな感じかな?

インスタグラムもYOUTUBEも見れるし、グーグルマップも見れます。

ある程度有名なアプリならインストールして使えますので、面白いですが、電池のもちは良くないので遊び過ぎに注意ですね。

1週間ほど試してみたのでレビューしてみます。

KW88 Pro 3G(商品ページに飛びます)

Android 7.0 / 1GB RAM + 16GB ROM / 1.39 inch AMOLED HD Display / MTK6580 Quad Core / GPS / WiFi / Bluetooth 4.0 / Pedometer / Heart Rate Monitor

約10000円程度なので、試しに買ってみたり、遊んでみたりしても良いかもと思えるでしょ?

RAMが1GBもあるので、アプリはひっかかりません(ケースバックは発熱するけど)し、16GBも容量があるのでここにミュージックデータを入れて音楽を持ち運ぶこともできます。

見た目はこんな感じ。

明らかにタグホイヤーのスマートウォッチ「コネクテッド」を意識していますね。

カレラ風の文字盤デザインもありますしね(笑)


こんな簡単なボックスに入ってます。

「SMART WATCH」とだけ書いてある潔い箱(笑)

何を入れても、間違いじゃないな。

保護シール付き。

非常に軽い。

ちゃんとした保護シールも入ってます。

充電ケーブルとSIMケースを開けるドライバーつき。

見た目は完全にタグホイヤー。

1.39インチのモニターで、そこそこ大きいので操作はしやすそう。

サイドビュー。

かなり分厚いですね・・・「ビッグブロック」

操作ボタンとカメラ、下にマイクかな?が付いています。

こっちはスピーカー。

心拍数センサーとSIMケース、充電コネクターが裏蓋にセットされています。

防水性は期待しない方がいいな・・・

4本ピンの磁石式充電ケーブル。

こんな感じでセットします。

マグネットが弱いのか、すぐ取れちゃう・・・

通電したら立ち上がりました。

初期設定です。

スマートフォンをセットする時の様に、言語を選んだり、wi-fiを設定したりと進めていきます。

身長や体重を入力。

コレが使用者の標準なのかな。

ライフログに使われるみたいです。

スマートフォンでQRを読み込んでアプリをインストールし、ペアリングします。

初期ダイアルはこんなの。

ダサ過ぎる(笑)

時間が日本(JST)になっていないわ。

よくありそうな機能は網羅していると思います。

ミュージックプレーヤーで単体で音楽も聴けますし、Bluetooth接続したイヤホンなどでも聴けました。

Googleアカウントを紐づけると、連絡先とか共有できます。

SIM入れたら、スマートウォッチフォンで電話することも可能みたいですね。

Bluetoothイヤホンを接続して時計で操作!

普通に電話かけられるんだろうから、スパイウォッチみたいで格好良いかも(厨二病)

SMS(ショートメッセージ)もOKみたいです。

wi-fiを設定。

Android7.0。

16GB中、システムで4GBくらい使われてます。

メモリも1GBあるので充分ですね。

Googleのサービスはだいたい使えそう。

ブラウザを立ち上げます。

ちゃんと表示されます。

Playストアもあるので、日本語入力したければインストールすればOK(キーボードが画面を覆い尽くしますが(笑))

スポンサーリンク

おっ、なかなか。

意外にキレイ。

ちゃんと読めます。

ブラウザも複数開けます。

サイドのカメラ。

明るい場所で撮れば、それなりに。

変なことには使わないように!

Googleマップ。

GPSもちゃんと機能していますね。

天気も地域を認識して表示してくれますけど、SIMかwi-fiを常時接続していないと更新されません。

歩数計。

いかがでしょうか?

ちょっと、興味出てきました???

ラバーストラップはしっかりしています。

コネクテッドと違い尾錠タイプでコスト減。

説明書は英語と中国語。

やっぱり防水性は無いようです。

文字盤デザインは、時計モードでタップ長押しすると選べますし、スマートフォン側のアプリで追加も可能です。

オーバーシーズ風にセットしてみました。

保護シールを貼ります。

失敗(笑)

ちゃんとメールの通知が来ました。

全文は読めません。

どのくらい電池が持つのかな?

明るさなど調整できます。

あれ?この文字盤デザインだとデイト表示が出ませんね・・・日本語だからかな?

Bluetooth接続状態、GPSとwi-fiは電池を食うので切ります。

重さは65グラム。

軽い。

大きいけど非常に軽い。

文字盤デザインを変えてみました。

この方がスマートウォッチっぽい。

歩いた歩数を計るのですが、ライフログと言いますかスマートウォッチっぽい機能。

私はあまり興味ないし、スマートフォン自体で同じような計測がされていますもんね。

朝充電ケーブルから外して(100%)、15:30で73%ほど電池残量があれば充分ですかね。

日曜日から4日目・・・

軽いけど大きいのでジャケットを着ると邪魔かも(笑)

夜でも視認性は良いです。

ただ、上を向けると表示され、普段はブラックアウトしている(節約モード)んですが、上を向けても「パッ」と変わりません。

このタイムラグがイライラしちゃう(笑)

——全体的な感想——

大前提に「おもちゃ」です。

スマートフォンを見れない時とかバッグの中とかに、さっと腕元でLINE読んだりすることができます。

アプリをインストールすれば、インスタグラムやツィッターも見れました(YOUTUBEはアプリがダメでブラウザからはOK)

格安SIMとかで電話など使いたい人、スパイウォッチみたいに遊びたい人、GPSあるから子供の居場所を把握したい人などに向いてます。

アップルウォッチのように完璧じゃないので、イライラする人にはまったく向いていません。

10,000円で遊びたい方、中華ガジェットが好きな方には、面白いオモチャです。

GearBestには4G仕様のモデルなどもありますのでチェックしてみてください。

私も、もう少し使ってみようと思います。(笑)

格安SIMとかで株式相場とか、プロ野球の試合データとか観たい方には良いかも知れません。

が、いじくり過ぎると電池の消耗が激しいですね。

通知程度なら1日もちますけど。

 

KW88 Pro 3G(商品ページに飛びます)

GearBestの方からクーポン発行してもらえました。

<お得なクーポン>
クーポン:GBXPKW88  価格:$92.99   限定数:50  終了日:2月28日まで

Android 7.0 / 1GB RAM + 16GB ROM / 1.39 inch AMOLED HD Display / MTK6580 Quad Core / GPS / WiFi / Bluetooth 4.0 / Pedometer / Heart Rate Monit

<こちらは「春節クーポン」>
(スマホの欄は、上の四つのクーポンが2月3日から使えます、下の四つのクーポンは2月7日から使えます。)

それではまた!

【レビュー】タグホイヤー SBF8A8014.11FT6081 コレクテッド モジュラー 45mm Androidスマートウォッチ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)