【レビュー】パテックフィリップ 5164A-001 アクアノート トラベルタイム 40.8mm

Patek Philippe Aquanaut Travel Time 5164A-001

このブログ2回目の登場ですね。

2011年にリリースされたアクアノートにセカンドタイムゾーン表示機能を追加したトラベルタイム 5164A-001です。

現在国内定価は4,006,800円。

1回目のブログを書いた2017年8月の並行品新品相場は320万円程度でした。

が、現在ではなんと200万円ちかく跳ね上がっているのです(笑)

Chrono24を覗きます。

中古相場が既に400万円オーバー。

価格コムのグラフを見ても急騰しているのがわかります。

しかもこれ、商品が無く「お問い合わせ」の価格なんです。

つまり「この値段じゃ買えない」ってヤツですね。

現にジャックロードでは「探します」価格で518万円(笑)

これは凄い・・・。

たった1年半で200万円も相場が上がる・・・それがパテックフィリップ。

至高の時計メーカーですね。

通常の3針アクアノートより、文字盤がゴチャつきますが、クラウンガードに対しセカンドタイムジーン表示針操作ボタンが9時側にあることでバランスが取れています。

トラベルタイムのデザインの方が好きと言う方も多いかも知れません。

5167A-001の方がシンプルなので私はこちらの方が好きかも。

Patek Philippe, Patek, 5164A-001, アクアノート, ステンレススチール
自動巻ムーブメント. キャリバー 324 S C FUS.
アクアノート・トラベルタイム. 出発地と現地の時刻を表示するデュアルタイムゾーン機構.
出発地と現地の昼夜を窓表示. 現地の日付を指針表示.
センターセコンド. 文字盤:ブラック・エンボス. 夜光ゴールド植字インデックス. 《トロピカル》バンド. ブラック・ポリマー. アクアノート折り畳み式バックル. ステンレススチール仕様.
ねじ込み式リュウズ. サファイヤクリスタル・バック.
12気圧防水. ケース径(10-4時方向):40.8 mm. 厚さ:10.2 mm.

シースルーバックからはキャリバー 324 S C FUSが覗けます。

このキャリバー 324 S C FUSはPP初の「自動巻きトラベルタイム機構」を搭載したムーブメントなんですね。

スクリューバックで防水は120mを維持しています。

気合を入れればパテックフィリップシールも見えるでしょ?

こちらはノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフ 5990/1A-001。

トラベルタイム機構にクロノグラフも追加・・・超複雑!

しかも格好良い。

こちらは今何時?

LOCALとHOMEの小窓が白いので「昼」つまり午前9時10分のローカルタイムと午前10時10分のホームタイムを表示しています。

因みに15日を6時位置のポインターデイトが表示しています。また「夜」はネイビーに小窓の色が変わります。

9-10時側のボタンを押すと1時間ローカルタイムが戻ります。

スケルトンになっているホームタイム針はサイドボタンでは動きません。

8-9時側のボタンは逆に進みます。

実際に動かすとすぐわかります。

では、付属のプッシュピンは何だ?

これはリューズ下の4時側にプッシュボタンがありデイト表示を早送りできます。

トロピカルバンドとプックリしているDバックル。

持つとしっかりしていますが、厚さは10.2mmしかありません。

薄いですね~。しかも重さも85グラムくらいしかありません。

長時間着けてても疲れません。

トロピカルバンドは自分サイズにカットしますのでフィット感も良いですしね。

いかがでしょうか?

格好良いし、便利な機能も付いている。

海外出張や旅行の多い方に良いモデルです。

そのくらいエリートでダンディな大人な男性にしか似合わない時計なんですねぇ、値段も値段だし。

本当に便利さを追求するならアストロンやアテッサ、電波ソーラーのカシオなんでしょうけど・・・

GMTマスターIIやトラベルタイムを着けて行かれる方はオシャレなオジサマです。

私もいつか似合う大人なオジサンになりたい!

ではまた!

【レビュー】パテック フィリップ アクアノート トラベルタイム 5164A-001

【レビュー】パテックフィリップ ノーチラス プチコンプリケーション 5712/1A-001 ブルー

【レビュー】パテックフィリップ アクアノート ラージ 5065/1J-001 黄金色の魅力

予想的中!青いアクアノート 5168G-001 20周年記念 パテックフィリップの新作時計 バーゼルワールド2017

パテックフィリップ アクアノート ミディアム 5066A-001

 

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)