【レビュー】ロレックス 16713 GMTマスターII やや枯れブラック&ゴールド 横穴・トリチウム・シングルバックル

スポンサーリンク

ROLEX GMT-Master II 16713 Stainless steel and 18k yellow gold

今回は1990年代前半製造の ロレックス GMTマスターII ロレゾール 16713です。

Nシリアルで、夜光はもちろんトリチウム、ラグの横穴があり、コンビネーションのオイスターブレスレットにはシングルバックルがセットされています。

10年前には誰も手に取らなかったような特徴ですが、最近このあたりもジワジワきているんじゃないでしょうか?

正直カシャカシャな・・・ね、「枯れ専」的な。

こんなセミセミビンテージモデルはいかがでしょうか?

こうやって比べてみると、現行の116710LNとは存在感が違いますね。

16713の華奢さがわかりますか?

儚い感じが好きな方には5桁の方が良いのでしょう。

Chrono24を覗きます。

シングルバックルの年代で絞り込みます。

ロレゾールよりスティールの方が相場は上ですね~。

こんな感じなんだな~。

70万円で買えるならね、悪くないと思うんです。

今後もしかしたら・・・ねぇ?

トリチウム、ダイアルにハンドも同様。

ラグの横穴。

シングルバックル。

ちょっとビンテージ。

ややビンテージ。

しかも金ですよ金、18K使ってますからね、そりゃ高級品。

クラスプコードは「O」。

ブレスレットナンバーは78363。

ヴィンテージに通づるゴールドレター。

神々しいゴールドカラー。

因みにちょっと気になって調べたのですが、16713にもスティック「II」ダイアルあるんですね。

文字盤だけでも50万円ちかい価値があるようです。

トリチウムダイアル。

SWISS-T<25。

まだまだ元気なオイスターケース。

エッジ、エッジ。

18Kのリューズ。

トリプロックではバータイプ。

裏蓋のシール、今となっては懐かしい。

FFは401B。

ブレスレットナンバー78363。

もちろん末尾の「3」はロレゾールです。

まだインデックスや針に変色が無いのでビンテージ感はありませんね。

既にNシリアルなので25年以上は経っているのですが。

いかがでしょうか?

スポンサーリンク

最近は木村拓哉さんがブラウンロレゾールのビンテージ風GMTマスターIIを着けてらっしゃるので、密かなブームになりつつあるGMTマスターIIのコンビネーションモデル。

ブラウン/ゴールドのコンビネーションの方が「っぽい」ので人気ですが、ブラック/ゴールドも格好良いと思います。

まだまだ探すとアンダー100万円で状態の良いものが見つかるかも知れません。

今後も少しだけ期待しつつ、トリチウムダイアル、トリチウム針、シングルバックルで探してみてはいかがですか?

渋いと思います。

それではまた!

 

 

【レビュー】ロレックス 116713LN “イエローロレゾール” GMTマスターⅡ コレがGMTのコンビネーションモデル

【レビュー】ロレックス GMTマスター2 16713 L番 退色ブラウンゴールド マロングラッセ

【レビュー】ロレックス GMTマスター2 ルートビア 16713 ブラウンダイヤルを捕獲せよ!

【レビュー】ロレックス 126711CHNR GMTマスターⅡ カフェオレベゼルの桃色ロレゾール 2018年新作

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)