【レビュー】ロレックス 116520 デイトナ ブラック スーパールミノヴァ夜光+梨地バックル もしかしたらお買い得?

Rolex Daytona 116520 In Steel With Black Dial ,Super-LumiNova

さて、気付けば新型デイトナ116500LNがすっかりと定着し、大人気だった116520も過去の人。

最終だ、パンナコッタだ、と騒がれているのもほんの一部で、「そうじゃない」時期やモデルはどうなっているのでしょう?

ちょっとトケマーを覗いてみましょう。

2016年の切り替わり、今から2年くらい前の相場です。

黒文字盤の最終鏡面プレート保証書付きで138万円。

白文字盤Gシリアル保証書付きで115万円ですって(笑)

そして1年前。

138万円で売っていた最終黒文字盤が185万円に跳ね上がり・・・

白文字盤もじわりじわりと値上がりしてきています。

そしてここ最近では・・・

未使用の最終黒文字盤は250万円を優に超え、300万円に近付いており中古ですら200万円前半で出ていることは珍しくなっています。

白文字盤も保証書が付いていれば200万円ちかくまで上がっており、P/K/Yシリアルのアイボリーはド~ン!と跳ねている印象です。

いや~凄いですね。

「生産終了」のパワーは図り知れません。

116500LNの相場も下がらないし、116520も天井知らずです。

で、ですね。

今回見ていく「ランダム」なシリアルで、クロマライトではなくスーパールミノヴァ夜光、バックルプレートは新しくなっているけど「梨地」仕上げ、カードギャランティだけど1つ前のタイプ・・・

と、言う「あぁ、なんか惜しい」感じのデイトナ116520です。

116520を新しい順に並べると・・・
ニューバックル(鏡面)クロマライト(最終モデル)
ニューバックル(梨地)クロマライト
ニューバックル(梨地)スーパールミノヴァ ベゼル刻印浅め(プリント)
ニューバックル(梨地) スーパールミノヴァ ベゼル刻印深め(彫り)
オールドバックル スーパールミノヴァ ベゼル刻印深め
オールドバックル スーパールミノヴァ ルーレットなし ベゼル刻印深め
オールドバックル スーパールミノヴァ ルーレットなし クリスタル・レーザー王冠なし ベゼル刻印深め

と、なりますので

今回の子は「ニューバックル(梨地)スーパールミノヴァ ベゼル刻印浅め(プリント)」コレに該当します。

Chrono24を覗いてみます。

おおよそ2010年くらいから2012年くらいの製造のモノでピックアップ。

170~180万円くらいの中古相場となっていました。

あんまり同時期の白文字盤との差が無くなっていますね。

それでも2年前に比べたら50万円以上の価値が上がっているのです。

ライトを照射!

ジャ~ン!

グリーンに輝くスーパールミノヴァ夜光!

このシルエットは116500LNと変わりありません。

いつものバックル。

「梨地」仕上げ。

キズが付きにくく実用性はこちらの方が上です。

高級感は鏡面でしょう。

いかがでしょうか?

上がり過ぎちゃってるデイトナ116520の中で、まだ200万円以下の相場です。

どうしても最終じゃなきゃダメ?

クロマライト夜光じゃなきゃダメ?

ガンガン使っていくのであれば、そんなに気にならないでしょ?

黒文字盤だし、バックルも新型だし、とにかく格好良いしね。

きっと、あと2年もしたら200万円超えちゃいますよ。

買うなら今かも知れません(違うかも知れません(笑))

116500LNも全然値が下がらないし、この時期のモデルはもしかしたらお買い得なのかもね!

そうじゃないかもね・・・

それではまた!

 

【レビュー】ロレックス 116520 デイトナ 新型と旧型 モデルの違いを見比べてみた

【時計怪獣】あなたなら どのデイトナを買いますか?16520 116520 116500LN

【時計怪獣】去年デイトナ116520を買っておけば・・・最終モデルの高騰

【レビュー】ロレックス 116520 最終製造モデル 2016年製 旧デイトナ急騰中!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)