【レビュー】オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15300ST.OO.1220ST.02 ブルーダイヤル

Audemars Piguet Royal Oak 15300ST.OO.1220ST.02 Steel Blue Dial

今回はオーデマピゲの大人気モデルでブランドを代表するアイコン”ロイヤルオーク”から生産終了した15300ST.OO.1220ST.02を見ていきましょう。

この15300STシリーズのグッドポイントはなんと言っても39mmと言うサイズ感ですね。

このロイヤルブルーダイヤルは後継機15400STになるとブティック限定になりますので、スペシャル感をギリギリ味わえる個体ですね(意味が分からん)。

15300ST.OO.1220ST.02

ロイヤル オーク オートマティック
ケース幅 39mm
ケースの厚さ 9.4 mm
防水性 50m
キャリバー3120
パワーリザーブ60時間
22Kゴールド製回転ローター

グランド・タペストリーパターンのブルーダイヤル。

美しいなぁ~。

ケースデザイン、ブレスレットもダイヤルも何もかも素晴らしいですよねぇ~。

70万円で買えた頃に何で気付かなかったんだろう(笑)

シースルーバックからは後継機でも採用されているCal.3120が覗けます。

回転ローターはもちろん22金。

仕上げ面の多いブレスレット。

ブランドの情熱を感じる部位です。

ただ微調整ができないので、自分の手首に合うかはね試してみないと。

APバックルではなく後期の観音開きタイプ。

ダブルプッシュ式で小さいAPマークが2つ。

厚さは9.4mm。

充分薄いですね、ラグジュアリースポーツで自動巻きで10mm以下なんてね。

薄いおかげでフィット感が増していますし、スーツにも合うのです。

グランドタペストリーダイヤル。

植字されたインデックスはホワイトゴールド製。

初めて見た時・・・この6角のビスをどうやって留めているのか不思議に思いました(笑)

皆さんはすぐ気付きました???

クラウントップにはAPロゴ。

このカクっとしたケースラインの美しさ。

つや消しで武骨な感じがロイヤルオークの良さでもあります。

バックルにもAPマーク。

今では39mmはエクストラシンだけしかありません。

250万円も出さなきゃ味わえないサイズ感、そう考えると現行機の15400STと然程値段が変わりませんがこの15300STも選択肢としては「あり」なんじゃないでしょうか?

2005年から製造され2011年で終了。

わずか6年。国内定価1,260,000円。

そうそう多く出回ってはいませんね。

Chrono24を覗くと相当高騰していますね・・・

ありゃ~。

いかがでしょうか?

前回は黒文字盤の15300ST.OO.1220ST.03を見ていきましたが、こちらのブルーもなかなか良い感じでしょ?

【レビュー】オーデマピゲ ロイヤルオーク 39mm 15300ST.OO.1220ST.03 ブラックグランドタペストリー

15300STは使いやすい黒/白/青の3色展開でどのカラーを選んでも間違いなかったのですが、メーカーでダイヤルを変更もしてくれました。

文字盤は返却されませんが買いなおすより安いですし、顧客思いの良いサービスですね。

あまりの作業工程の多さがメーカーを支える信頼にもなっていますが反面「大量生産」ができないためオーデマピゲはロイヤルオークを1本売ってどれだけ利益がでるのでしょうか。

「オーデマピゲの時計のモデル名幾つ知ってる?」と、そこそこ時計好きの方に聞いても5種類も出てこないでしょう。

それだけロイヤルオークに頼った感じになっているメーカーなので、やや心配ですね・・・。

エクストラシンを際立たせるため39mmはもう出てこないでしょうから、15300STを探す価値はあるかも知れません。

では!

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)