【レビュー】セイコー アンティーク 62ダイバー 300m 6215-7000 僅か2年の短命ダイバー

SEIKO 300m Diver Professional 6215-7000

今回はセイコーのレアダイバー 6215-7000を見てみましょう。

何が「レア」かと言いますと・・・

今から50年前、1967年~68年のたった2年しか製造されていないんです。

さらにポイントとして、

カウントダウンベゼルと言うちょっと珍しい回転ベゼル。

10から50の数字が、通常のダイバーベゼルと逆ですね。

ムーブメントも専用のCal.6215が搭載されています。

防水性を考慮して裏蓋のないワンピース構造のケース。

300mのプロフェッショナルダイバーです。

44mmとかなり大きい。厚みは14mm。

渋い。

ベゼルは両方向に回ります。

CAL.6215は18,000振動自動巻きムーブメント。

CAL.6159(ハイビート300mダイバー)がベースになっているようです。

裏蓋のないワンピース構造。

手首との接着面がフラットですね。

後ろからは水が入りません。

14mmもある、しっかりしたケース。

74*****なので67年の4月製造ですかね?

67年と68年なので初年度版という事ですね(たぶん)

ストラップの付け根がかなり狭く見えます。

インデックスもハンドもレターもカレンダーフチも「ゴールド」とゴージャス。

ハイスペック、ハイクラス、世界最高水準。

松屋銀座 2017 世界のアンティークウォッチ市で918,000円もしていました!

サブマリーナー5513ばりの値段!

松屋銀座 2017 世界のアンティークウォッチ市(2017.01.17)

このエッジがヤバイですね。

6215-7000と5513。

どうですか?

セイコーの方が高級感あります。

60年代に300mですので、5513よりは機能的に上。

同年誕生のシード1665よりは下ですけど。

クラウンガードはありません。

少し埋まっているから、破損事故は少ないかな。

SEIKOがアプライド。

すでにフチありってのも現代的。

ヘンテコな秒針のトップ。

6.9.12はホームベース型。

50年経っても頑丈なダイバーウォッチは「現役」ですねぇ。

高級品として作りこまれていますからね。

やっぱり買うならダイバーウォッチかな?

激レアである62ダイバー。

買おうと思う人も少ないでしょうが、良個体はなかなか見つかりません。

誕生50周年だから、今年復刻しても良かったですね。

来年出るかな?

プロスペックスだな。

今年のファーストダイバーは大盛況でしたもんね。

来年は62ダイバー、ハイビート300m 61ダイバー

再来年は後期型セカンドダイバー(植村ダイバー)の復刻ですかね?

そしてオリンピックイヤーの2020年はワンプッシュクロノとワールドタイムが復刻するのだと思います。

これから数年セイコープロスペックスの動向が気になります!

ではまた。

【レビュー】セイコー 3rd ダイバー 6306-7001とブラックサムライ SBDA001 ダイバースキューバ 7S25-00D0

【レビュー】セイコー ファーストダイバー SBDX019 プロスペックス ダイバースキューバ

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)