【レビュー】オメガ スピードマスター マークⅡ 327.10.43.50.06.001 魅惑のレーシングダイヤル

スポンサーリンク

1969-2014 THE OMEGA SPEEDMASTER MARK II GRAY-DIAL

1969年 レマニア製手巻きムーブメント キャリバー861を搭載し誕生したスピードマスター マーク2。

わずか3年間の生産期間と非常にレアなアイテムです。

こちらの記事もチェックしてください。

オメガ スピードマスター マークⅡ 復刻モデル 327.10.43.50.06.001

ST 145.014はスピードマスターが初めてデザイン変更したモデルですね。

1968年のレーシングダイヤルST 145.022と同じデザインの方が黒より人気があります。

 

327.10.43.50.01.001

669,600円

復刻モデルも武骨で渋い格好良いですけど、レーシングダイヤルには勝てません(個人的に)

327.10.43.50.06.001

流線型のボディにグレーとオレンジが映えるスペシャルなデザイン。

この樽型のケースはラグと一体化しており、ブレスレットのつなぎ目をカバーしている独特な形状です。

42.4mmと大きすぎるほどではなく、着け心地も悪くありません。

オリジナルと明らかに違うのは、ムーブメントが「自動巻き」になっていることと「デイト表示」があること。

インダイヤルの凹凸がハッキリしているのも違うのですが、実物はさほど気になりません。

また「Ω」マークのプリントが白くなっている点もあります(オリジナルはオレンジ)

クロノグラフに関係するハンズはオレンジカラーで統一されています。

デイト表示はデザインを壊さずに「便利」になり、自動巻きも悪くない変更です。

因みにムーブメントはバルジュー7750をベースにコーアクシャル脱進機を取り付けたキャリバー3330。

クロノメーター認定で安心感もありますね。

スポンサーリンク

100m防水。必要十分です。

2014年に復刻され、だんだん市場にも出回り出してきた感じです。

オリジナルとの違いがもう1つ。

サファイアクリスタルになっていること。

ブレスレットもしっかりしていて、本当によくできたモデルだと思います。

質感が良いのです。

上に貼ったリンク先の記事でも書いていますが、40代50代のオジサンに着けてもらいたいですね。

地下鉄でサラっとつけてたオジサンが凄い格好良く見えたのです。

「他人の時計は格好良い」ってヤツですが、このモデルはコスパも良いと思います。

けっこうしっかりしたケース。

「男」って感じですね。

10時位置のボタンは専用ピンでプッシュしますとデイトチェンジが可能です。

並行モノ新品で40万円くらい。

定価は669,600円(税込み)。

中古は35万円くらいかな?

他人とは違うオシャレをって方には強力にオススメできるナイスモデルだと思います。

流線型のニクいヤツ。

オジサンにこそ似合うはず!

オメガ スピードマスター マーク2

327.10.43.50.06.001 いかがでしょうか?

オメガの記事はこちらから

【スピマスファン歓喜】スピードマスター ストーリーアイコンの60周年を祝して 歴代モデルを一挙公開


#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)