初代グランドセイコー リミテッドコレクション GS新作 バーゼルワールド2017 SBGW251,SBGW252,SBGW253

セイコーから分離した独立ブランドとしての新しいグランドセイコー

Grand Seiko The next step forward

バーゼルワールド2017で発表されたのは私のあこがれ「初代グランドセイコー」の 復刻デザインです。

大好きなんですよ~、和製カラトラバ!完璧に美しい2ndとはまるで違う「ファースト」の魅力。

残念ながらリミテッドコレクションでレギュラーラインではありません。

SBGW251

復刻モデルは素材違いで3種類(復刻ではない特別なモデルがもう1つSBGR305)。

  • 初代モデルのケースサイズ(外径35.0㎜)をより現代的な38.0㎜にサイズアップ
  • 初代モデルのミネラルガラスの形状に、より忠実な新形状のデュアルカーブサファイアガラスを作り上げることで、初代モデルが醸し出す格調高くも柔らかな雰囲気を再現しつつ、これまでにない広々とした解放感と、視認性の向上を実現しています。

初代グランドセイコー(手巻き)キャリバー3180

初代グランドセイコー

1960年にリリースされた金張り(14K)ファーストGSは25,000円。

ごく少量生産されたPtは140,000円。

因みに1960年の大学卒初任給は13,100円だったようです。

 

さすがに復刻版は35mmではなくモダンな38mmにしましたか。

2011年にもセイコー創業130周年に初代GSを復刻させましたが、その時は35mmでした。

2011年の復刻モデルSBGW040(YG) SBGW039(Pt)

SBGW033

それとSSモデルがSBGW033、こちらの定価は消費税5%の当時で451,500円(限定1,300本)

18KイエローゴールドのSBGW040は1,365,000円(限定130本)

プラチナ950のSBGW039は2,100,000円(限定130本)

全てに手巻きムーブメントキャリバー9S64が搭載されていました。

コレのSBGW040が本当に欲しかったけど、買う余裕が無かったなぁ・・・安いときは80万円切っていました。

で、2017年の今年の復刻モデルはパワーアップして

プラチナ999のSBGW251が3,200,000円+税(限定136本)

18KイエローゴールドのSBGW252が1,800,000円+税(限定136本)

ステンレススチールのSBGW253が600,000円+税(限定1,960本)

プラチナの純度が999になったからとは言え、サイズが3mm大きくなったからとは言え

100万円以上も定価が上がったプラチナモデル(笑)

セイコーが最近儲かっていないからと言って130本程度の売り上げでは左右されないとは思うんですけどね。

プラチナの相場もたいして2011年と変わっていないし。

キャリバー9S54

ムーブメントに関しては同じメカニカルムーブメント キャリバー9S64を搭載です。

これも2011年では新開発ですが、あれから6年ですよ。

何故に、こんなに値上がりしているんだか・・・

とにかく3月24日から、もう販売開始です。

SSとYGはグランドセイコーマスターショップで、Ptはセイコープレミアムブティックかセイコープレミアムウオッチサロンで。

今回逃したら次の復刻はまた値上がりするでしょう!悩んだら「買う」方向で。

グランドセイコー マスターショップモデル 世界限定1960本

宝石広場には、すでに未使用品が入荷していました。

548,000円(税込)もう売り切れ。人気ありますね。

定価648,000円なので10万円引き。

SBGW251

SBGW251

3,200,000円 + 税
数量限定 136本
特別調整キャリバー9S64搭載
Pt999で出来ています、キズが怖いですね。
SSとの違いがひと目でわかるのは、秒針の色がプラチナなところでしょうかね?
GRAND SEIKOの文字が凹んでいる点ですかね?
SBGW252

SBGW252

1,800,000円 + 税
数量限定 353本
キャリバー9S64搭載
YGモデルが1番欲しいです。
美しい。
やはり特別。
SBGW253

SBGW253

600,000円 + 税
数量限定 1960本
キャリバー9S64搭載
スティールモデルも格好良いなぁ。

 

初代グランドセイコー リミテッドコレクション2017 「現代デザイン」

SBGR305

SBGR305 750,000円+税

限定968本

先進的なチタン合金素材「ブリリアントハードチタン」

自動巻新キャリバー「9S68」パワーリザーブ:約72時間

40.5㎜

「独立」したブランドなので「SEIKO」の記載が無くなり

「GS」と「GRAND SEIKO」の記載のみになりました。

子会社化して独立しないと、何も変わらない気もしますけどね。

海外のイメージは違うのかな?

SBGR305

SBGR305

750,000円 + 税
数量限定 968本
キャリバー9S68搭載
定価が復刻モデルのSSより高いので、選ぶなら復刻の方かな?ってなりそうですかね?
デイト表示が欲しい方、チタンを選びたい方には良いかも知れません。
裏ぶたからムーブメントが見えるシースルーバック
シースルーバックになっています。

バーゼルワールドの記事はこちらから

グランドセイコー初の飽和潜水用メカニカルダイバーズウオッチ SBGH257 SBGH255バーゼルワールド2017

【レビュー】グランドセイコーブルー SBGH257 世界限定500本 初の飽和潜水用ハイビートメカニカルプロフェッショナルダイバーズウォッチ

セイコー ファーストダイバーズウォッチは、プロスペックスで復刻 SBDX019 SLA017 バーゼルワールド2017

【レビュー】セイコー ファーストダイバー SBDX019 プロスペックス ダイバースキューバ

【レビュー】初代グランドセイコー SBGW253 リミテッドコレクション 世界限定1960本 2017年

【レビュー】グランドセイコー ファースト Cal.3180 J14070GS 1960年代オリジナル

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)