【レビュー】ロレックス 16750 16753 第3世代のGMTマスター “本命”になりますか?

スポンサーリンク

Vintage Rolex GMT-Master 16753 & 16750

世間一般では今日はアツアツラブラブチョコチョコな1日なんでしょう(ナンダソレ)。

私みたいなオッサンには無関係なイベントがあり、貰ったら貰ったでお返しという憂鬱なイベントが待ち受けています。

もう誕生日もクリスマスも来なくて良いや!なんて思うバレンタンデーですが、はりきっていきましょう!

こんな特別な日なので、特別に2本のGMTマスターを見ちゃいますよ。

いつもより1本多い!2倍だよ2倍。文章書くのに2倍はキツイ・・・正直キツイ。

でも特別な日ですからね・・・。(チョコレートダイヤルのモデルにすれば良かったな・・)

1980年頃にリリースされた第3世代のGMTマスター 16750とロレゾールモデル16753です。

スポーツモデルの中でも対象が2か国間を股に掛けるエリートビジネスマンやパイロットなどでしたので、ジュビリーブレスレットと3連オイスターブレスレットが選べる稀有なシリーズでした。

スティールに5連、金を使用したロレゾールに3連、うん・・・イメージ的には逆ですがこういう使い方もあったんだなという良い例ですね。

では、まず16750から。

早々に5桁リファレンスに昇格したエリートモデルなGMTマスター。

パッと見てロレックスとわかるデザインで80年代も欧米では人気モデルでした。

まだ日本ではスポーツモデルの売れ行きは良くありませんでしたが、国内定価は37万円と高級品だったので一部のお金持ちの好事家向けモデルだったのでしょう。

GMTマスターと言えば石原裕次郎さんですね。

「全国縦断石原裕次郎遺品展」が2018年の7月から銀座を皮切りに全国を巡る展示ツアーがスタートしますので楽しみです。

ケースシリアルは89番なので1986年頃の製造ですので、もうインデックスにはメタルフレームが装備されています。

もちろんフチなしの方が人気です。

ケース痩せはそこまでありません。

逆サイド。

こちらはラグと穴の間が狭く「痩せた」感じに研磨されています。

あと1回磨いたらもうケース交換ですかね。

只今絶賛人気上昇中の「シングルバックル」ですが、16750では当たり前の仕様です。

こんなのね。

クラスプコードはI。

1984年頃の製造です。

ケースよりブレスレットの方が先に製造されたのでしょう。

ブレスレットナンバーは62510Hのジュビリーブレスレット。

もっこりしたプラスチック風防。

防水はこの時点で100mです。

ズームで見てみましょう。

ん?

あれ・・・?

スポンサーリンク

GMT MASTERの上に何か書いてありますね・・・

まぁ、いいか。

続いて16753。

ブラックカラーのモノトーンダイヤル。

数字は素材に合わせてゴールドを使っています。

黒と金。う~ん格好良い。

フジツボインデックス、ゴールドレター。トリチウムにオイスターブレスレット。

こちらも16750と同じ第3世代。

おおよそ1980~1988年頃のわずかな製造期間でした。

この個体は62番台と、最初期のモデルかと思われます。

クラスプコードはVE。

1980年頃ですね。

ブレスレットナンバーは78363。

ケースバック。

ズームで見てみると、フジツボインデックスの異彩が際立ちます。

ゴールドレターが良い感じですね。

黒と金だけですね~。

カレンダーディスクもゴールドっぽい。

このビンテージ感を味わうにはやっぱりフジツボインデックス(ニップルダイヤル)が肝です。

1980年代のGMT MASTERでした。

カレンダーの早送り機能が搭載され、防水性も上がり使えるビンテージとして実用的な部類に入ります。

Chrono24を覗いてみました。

16750のペプシカラーはなかなかの人気モデルになっていますね。

フチなしになると、もっと高くなるのでしょう。

こう見ても5連ブレスレットは多くありませんね。

文字盤交換してしまったのか、フジツボじゃないのもありますね。

1980~1981年に絞ってみましたが、まぁ色々あります。

ビンテージ感を味わえて、ゴールド使ってて、プラスチック風防で100万円以下なら安く感じてしまうのは可笑しいかな・・・。

焼けたインデックスが良い雰囲気。

敢えてのジュビリーブレスレットも、枯れ専にはグサっと刺さります。

今回は、こっちのロレゾールGMTマスターの方がオススメできますね。

雰囲気良過ぎ!

このあたりをシレ~っと着けてたら「おっ良いねぇ」とロレヲタにも言ってもらえるでしょう。

でもバレンタインチョコをくれる(もちろん義理)OLさんには「おっ良いねぇ」とは言われません。

スティールのエクスプローラーⅠやサブマリーナーの方が10倍モテるかと思います。

それではまた!

 

#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】ロレックス GMTマスター 16750 74番 PEPSI 5桁だけどプラ風防を楽しめ!

スポンサーリンク

Rolex GMT-Master 16750 Vintage Pepsi

このところロレックス GMTマスターの販売価格がどんどん上がってきています。

特に高年式の16710(ラグ横穴なし)などで「青/赤」「黒/赤」ベゼルが人気にようです。

数年前からサブマリーナーなどの価格を超えてきていましたが、ここにきてまグ~ンと上がった印象ですね。

デイトナ16520もそうなんですが、誰が操作しているのでしょうか。

確実に「意思」を感じますが・・・

昨年の16520の動きは116500LNが発表されて2か月ほどで、中古ショップの保証書付きモデルが姿を消しました(2016.06あたり)

そこから100万円台だった中古価格が、今年に入り200万円を越え徐々に高額な保証書付きの姿が見受けられるようになっています。

値段が上がったから所有者が売却して中古ショップに並んだのか、中古ショップが値上がりを待ち隠し持っていたのか・・・

さてGMTマスターに話を戻しましょう。

海外では人気があった2トーンベゼル、日本では然程愛されていませんでした。

GMTマスターはサブマリーナーの下位補完的な存在で、黒モノトーンベゼルにわざわざ交換して使用される方がほとんど。

2000年にはGMTマスター2のみのラインナップになり、更に2007年には新型の116710へ世代交代します。

「5桁」のGMTマスターは1980年頃にリリースされます。

他のスポーツモデルより早めですね。

80年代半ばの製造ですが、ケース痩せもなくしっかりしたオイスターケース。

ブレスレットナンバーは78360、フラッシュフィットは580。

溝無しのバックルですね・・・ってアレ?

バックル長すぎる・・・

と、思ったらバックルだけ93150。

途中でバックルだけ壊れて交換したのかな?

直して使う!コレ大事です。

5桁スポーツですが「プラ風防」です。

5桁だけどヴィンテージ!っぽさを味わえます。

分厚いですねぇ。

ダイヤルの王冠マークも縦長。

レトロチック。

ケースは元気だけど、針にはサビが見受けられます。

GMTマスターには「黒モノトーン」「赤/青」の2種類があり、この頃リリースされたGMTマスター2は「赤/黒」のファットレディが存在します。

スポンサーリンク

トリチウム夜光の塗布の雑さが年代を感じさせ「味がある」雰囲気を醸し出しています。

最近このフチなしダイヤルは5桁(16750)なのですが100万円オーバーになってきています。

ちょっと前まではまだ買える範囲でしたが・・・

ロレックスも新作でフチなしのインデックスを作ってみませんかね?

今の技術ならメタルのフチがないのも作れそうです。

80年代のフチなしモデル、耐久性があり長く楽しめるのがこの時期です。

1016、5513、16750、16800、16660のフチなしを、探すなら保証書付きです。

30年以上経っていますので、付属品完備はなかなか出会えないかも知れませんが根気よく!

では。

【レビュー】ロレックス GMTマスター 16750 プラ風防 R番 ペプシ

【レビュー】ロレックス GMTマスター2 ルートビア 16713 ブラウンダイヤルを捕獲せよ!

【レビュー】ロレックス GMTマスター 1675 57番 ペプシカラー

【レビュー】ロレックス GMTマスター Ref.1675 “LONG E” “PEPSI” 28番

#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】ロレックス GMTマスター 16750 プラ風防 R番 ペプシ

スポンサーリンク

ROLEX GMT MASTER 3rd 16750 “PEPSI”

ロレックス スポロレ5桁の中古相場値上げが顕著になってきたこの頃、デイトナ16520に次ぐ急騰モデルがGMTマスターのペプシカラーです。

16750、16700、16710全てでじわじわと上がってきているのです。

次いでコーク、そしてブラックモノトーンはそうでもありません。

何故に「赤/青」ベゼルが良いんでしょうかね???

5桁なのにプラスチック風防な16750。

前期タイプのフチなしダイヤルだったらより高額で取引されます。

16750の保証書ありフチありで100万円オーバー。

フチなしになると200万円クラス。

パッと見は4桁GMT1675にも見違えますが、防水性のは倍の100mですし、ムーブメントも違います。

生産年数が短いことや耐久性など、1675ペプシより高い場合がありますね。

このくらいになってくると手が出ません・・・

さて、このGMTマスター 16750。

ジェネリックベゼルを搭載されているかと思われます。

この年式の物でここまで「濃いぃぃぃ」ブルーのベゼルはちょっとね。

個人でも難易度的にはそこまで高くないでしょうし、ベゼルはebayなどでも売ってます。

私はけっこう肯定的。

Rシリアルなので、最終生産時期でしょうか。

1988年頃と言えば30年ちかく前です。

オイスターブレスレット、オイスターケースは本当に頑丈ですね。

ケースのラインもしっかりしていて今後50年使えるのではないでしょうか?

このモコっとしたプラ風防が良い感じです。

風防、ベゼル、ケース、ケースバック

クラスプコードはM、88年頃の製造だとわかります。

オイスター3連ブレスレットは78360。

それではスマホのライトをあてて

スポンサーリンク

手で覆うと・・・あ~光っちゃう。

そうなんです。

文字盤と針交換がされていたのです。

残念・・・。

プラ風防は良いですが、ルミノバはオススメできないな。

と、いうのが最近の5桁事情。

本当はご自身が良ければ何でも良いのです。

人それぞれ。

それにしても、いつの間にか16750もこんなプライスになっていたんですね。

どこかにプラOKトリチOKフチなし保ありがあったら即ゲットした方が良いですよ!

では。

【レビュー】ロレックス GMTマスター 1675 57番 ペプシカラー

【レビュー】ロレックス GMTマスター Ref.1675 “LONG E” “PEPSI” 28番

【レビュー】ロレックス “Fat Lady” 初代GMTマスターⅡ 16760 ’85年製

【レビュー】ロレックス GMTマスターⅡ 16710 PEPSI スティックダイヤル

【レビュー】ロレックス GMTマスター 1675 トロピカルダイヤル

【レビュー】ロレックス モノトーン・GMTマスターⅡ 116710LN グリーンカラーの24時間針

【レビュー】ロレックス 116710BLNR GMTマスターⅡ 黒と青の衝撃


#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク
SNS Share