【2022年新作】セイコー SARY215(SRPH95) / SRPH93 プレザージュ “Style60’s” シリーズ 40.8 ㎜ キャリバー4R35

PRESAGE
スポンサーリンク

Presage models that are inspired by the 1964 Crown Chronograph.

セイコー プレザージュから2022年の新作情報です。

昨年の新作「Style60’s」シリーズに新しいカラーがラインナップされましたのでご紹介。

このシリーズはクラウン クロノグラフがデザインベースになっています。

こちらのカートに入っているのが今までのモデルで、ブラック、シルバー、モスグリーンとショップ限定カラーのブルーの4種。

SARY197(ブラック)55,000 円(税込)、SARY193(シルバー)60,500 円(税込)、SARY195(モスグリーン)60,500 円(税込)が国内定価ですので、楽天市場で買うと定価以下でお買い得ですね。ポイントまで付くので実質44,000円くらいでしょうか。

約41mmのケースサイズはデザインからすると少々大きめですが、しっかりした作りとレトロな見た目、焼けたカラーの夜光、ボックス型のハードレックス風防とヘリテージ感、60年代を感じられるモデルで人気があるようです。

昭和が流行ってるのかな?

新作は国内展開もある真っ黒なSARY215(SRPH95)と、海外限定?なのか国内での案内の無いSRPH93。

SARY215の国内定価は66,000円、スペックは変わらず40.8mmケースにキャリバー4R35を搭載、シースルーバック、5気圧防水となっています。

鹿皮革のNATOバンド的なストラップがイカしていますが、SSブレスレットより高いのも何だかな。

あと個人的に38mmで、針がストレートだったら欲しかったよ。

SRPH93はバーガンディカラーのベゼルにアイボリー寄りのシルバーダイヤルが格好良いですね。どちらも実機を見てみたくなりました。

SARY215(SRPH95)

SARY215(SRPH95)
プレザージュ
Basic Line
66,000 円(税込)
2022年9月発売予定

オールブラックのデザインとルミブライトマーカーで、スタイリッシュに、素早く、簡単に時刻を読み取ることができます。

セイコーウオッチ(株)が開発したルミブライトは、明るく長寿命で、放射性物質を全く含んでいないのが特長です。暗闇の中でセイコーの時計を明るく照らし、ゆっくりと消えていきます。ルミブライトは約3~5時間持続し、従来の夜光塗料の10倍以上の長寿命です。

スポンサーリンク

Specifications
ムーブメント キャリバーNo 4R35
駆動方式 メカニカル 自動巻(手巻つき)
精度 日差+45秒~-35秒
駆動期間 最大巻上時約41時間持続
石数 23石
機能
秒針停止機能
カレンダー(日付)機能つき
ケース・バンド
ケース材質 ステンレス 裏ぶた:ステンレスとガラス
ケースサイズ 厚さ:12.0mm 横:40.8mm 縦:47.0mm
ガラス材質 ボックス型ハードレックス
ルミブライト あり(針・インデックス)
バンド材質 鹿皮革
腕周り長さ(最長) 210.0mm
時計仕様
防水 日常生活用強化防水(5気圧)
耐磁 あり
重さ 72.0g
その他特徴
シースルーバック スクリューバック シースルー・スクリュー裏ぶた

SRPH93

Presage SRPH93

SRPH93J1
Automatic | 4R35
Stainless steel case and bracelet /
Box-shaped hardlex glass /
Screw see-through case back /
Case diameter 40.8mm /
5 bar W.R

レトロ ルビー

この時計は「Style 60’s」コレクションのもので、1964年に東京で開催された重要なスポーツイベントに合わせてセイコーが製作した「クラウン クロノグラフ」のデザインにインスパイアされています。

「クラウン・クロノグラフ」は、セイコーが日本で初めてストップウォッチ機能を搭載した腕時計で、セイコーのクロノグラフ腕時計製造の始まりとなったモデルです。

このモデルは、セイコー自社製ムーブメント4R57を搭載し、マットなルビーレッドのベゼル、日付窓付きのオフホワイトの文字盤、ステンレススチールブレスレットなど、レトロなデザインが印象的なモデルです。

良いですね。

ブラウン系の皮ベルトも合いそうです。

国内展開が無いようであれば、並行品を探すしかありません。

まとめ

いかがでしょうか?

「【2022年新作】セイコー SARY215(SRPH95) / SRPH93 プレザージュ “Style60’s” シリーズ 40.8 ㎜ キャリバー4R35」でした。

レトロモダンなんですかね、スイスウォッチだとヘリテージ、日本のメーカーだと昭和な感じが面白いです。

Style60’sシリーズの1番シンプルなデザインはずっと長く着けられそうでコスパが良いですね。

プレザージュ自体がスーツにもカジュアルにもフィットするデザインで、それぞれ洒落た文字盤がセットされ人気があります。

作り込みや仕上げはイマイチですが、手に取ってピンときたら正解!

安いしセカンドウォッチにも。

オススメです。

それではまた!

 

【2021年新作】セイコー プレザージュ "Style60’s" シリーズ 40.8 ㎜ キャリバー4R35
Presage models that are inspired by the 1964 Crown Chronograph. セイコー プレザージュから2021年の新作情報です。 セイコーは今年、創業140周年という特別な年に...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました