【2022年新作】ロレックス Ref.126720VTNR レフティ GMTマスターII グリーン/ブラックベゼル 40mm ¥1,224,300-

GMT MASTER
スポンサーリンク

Chasing new horizons New GMT MASTER II 126720VTNR

ロレックスから2022年の新作情報です。

変わり種のGMTマスターⅡが誕生ですね。

正直な感想は「そのまま、このベゼルで出してよ」って思いました・・・皆さんもだよね?

デイトの位置も初見だと気持ち悪い。

パネライのレフティみたいに逆に入れて調整したキャリバー3285。

5連ジュビリーブレスレットは 1,247,400円。

3連オイスターブレスレットは1,224,300円。

ノーマル仕様のと表現するとおかしいけど、126710系の3連は 1,166,000円なので58,300円高い設定です。

オイスタースチールのオイスター パーペチュアル GMTマスター Ⅱはオイスターブレスレットを備える。

このモデルはブラックダイアルとグリーン/ブラックのセラミック製セラクロムベゼルインサートを備える。大陸間のフライト中に2つの異なるタイムゾーンを同時に表示できるよう設計されたGMTマスターⅡは、堅牢かつどんな場面にもふさわしいデザインとして知られるようになる。

 

お金持ちはディープフォレスト カスタムをするに違いない。

そもそも左利き用なのかも不明、使い方は多様性を尊重し右手でも左手でもOKです。

GMTマスター Ⅱの新たなモデルはケースの左側にリューズ、そしてグリーンとブラックのベゼルを備えている。
この新モデルは、商業航空の誕生に伴って1955年につくられたGMTマスターを思わせる。リューズをウォッチケースの左側に、日付表示の小窓を9時位置に動かすには、さまざまな調整が必要であった。また、最終検査における時計の精度テストの工程も変更しなければならなかった。

セラクロムベゼルインサートには、この時計のためだけのオリジナルカラーの組み合わせであるグリーンとブラックが採用されている。また、24時間目盛りにより、先端が三角形でグリーンの24時間針と組み合わせることで、2つ目のタイムゾーンの時刻を読み取ることができる。
最適化された発光素材を採用したクロマライト ディスプレイと新しい反射防止コーティングを施したクリスタルが、あらゆる状況において優れた視認性を提供しする。
オイスター パーペチュアル GMTマスター Ⅱの新モデルには、2018年にこのモデルで発表されたキャリバー 3285が搭載されている。堅牢性と信頼性を兼ね備えたこの最先端のムーブメントは、卓越したクロノメーター性能を発揮する。

左側にリューズを備えたGMTマスター Ⅱは、オイスターまたはジュビリーブレスレットを装備している。

リファレンス 126720VTNR
モデルケース オイスター、40 mm、オイスタースチール
オイスター アーキテクチャー モノブロックミドルケース、スクリュー式バックケース、リューズ
直径 40 mm
素材 オイスタースチール
ベゼル 両方向回転式、24時間目盛り入り グリーン/ブラックのセラミック製セラクロムベゼルインサート、数字と目盛り入り
リューズ スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)
クリスタル 傷防止サファイア、日付表示部にサイクロップレンズ
防水性 100 m/330 フィート防水
ムーブメント パーペチュアル、機械式、自動巻、GMT機能
キャリバー 3285、ロレックスによる完全自社製造
精度 日差 - 2 ~ + 2 秒(ケーシング後)
機能 時針、分針、秒針。24時間表示。第2タイムゾーン表示、独立した時針で迅速に設定。瞬時に変わる日付表示。秒針停止機能による正確な時刻設定
振動子 常磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング。高性能パラフレックス ショック・アブソーバ
巻上げ パーペチュアルローターによる両方向自動巻
パワーリザーブ 約 70 時間
ブレスレット ジュビリー(Jubilee)、5 列リンク / オイスター(3 列リンク)
ブレスレット素材 オイスタースチール
クラスプ セーフティキャッチ付オイスターロック、イージーリンク(約 5 mmのエクステンションリンク)
ダイアル ブラック
詳細 クロマライト ディスプレイ (青色発光の長時間継続ルミネッセンス)
認定 高精度クロノメーター (COSC、ケーシング後にロレックス認定)

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?

「【2022年新作】ロレックス Ref.126720VTNR レフティ GMTマスターII グリーン/ブラックベゼル 40mm ¥1,224,300-」でした。

ベゼルカラーは良い!けどリューズ反対はいかがでしょうか?

私は過去にレフティーのパネライを使用していましたが、大きなリューズが左手の甲に当たらないというメリットを感じていました。

特別感もありましたしね。

ですが、GMTマスターIIは40mmですので、どうなんですかね?

皆さんの感想を聞きたい、もちろん実機を見た後のね。

126720VTNRはスプライトだそうです(海外フォーラム)。

ウォッチズアンドワンダーズの会場の画像をお借りしてきました。

鮮やかなグリーンで良い感じですね。

取り敢えず、サブマリーナー逆に着けて雰囲気を味わいました。

スプライトよりモンスターエナジー感あります。

それでは!


2022年ゴールデンウィーク

まだ国内では購入報告がありませんがクロノ24では掲載開始。とは言え現物ではないので納品はまだのようですね。それにしても高い。イメージは500-600万円スタートで300万円台に落ち着くのでは?と思っていましたので860万円でオーダー入るのかしら?

5/3 香港の方はゲットした模様(所有されてる時計が凄いのでかなりのお金持ち)。


5/25 エバンスさんに3連オイスター仕様が入荷。

 

プライスは8,000,000円だったようですが、完売・・・。

 

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました