【オートクォーツ】オメガ 2514-50 シーマスター200m オメガマチック Cal.OMEGA 1400 2514.50.00

スポンサーリンク

Seamaster Omegamatic 200m Autoquartz 36mm 1997 2514.50.00 electronic Cal.1400

1997年にオメガからリリースされた自動巻き蓄電型クォーツ(オートクォーツ)シーマスター 200m オメガマティック 2514-50です。

似たデザインで日本限定1997本の2516-50と言うモデルもありますね。

今回は通常版。

オートクォーツってご存知でしょうか?

セイコーのキネティックも似たシステムですけど、振り子が回り蓄電池(キャパシタ)に充電して動くクォーツです。

キャパシタが死なない限り電池交換が不要と言うのが売りですが、機械パーツには注油なども必要なのでオーバーホールが不要と言うわけではありません。

すぐに製造を止めたことから、人気も無く採算も合わなかったのだと推測されます。

セイコーキネティックの性能には勝てなかったしね。

ベースはETA 205.111で、スウォッチグループから似たオートクォーツが他にも出ていると思います。

一応シーマスターです。

36mmの小ぶりなケースに回転ベゼルが搭載され、ねじ込み式のリューズにケースバック、防水性も200mとエアダイビングくらいなら対応してそう。

視認性は良くないけどね。

Chrono24を覗いてみました。

20年以上前のレア個体故、なかなか中古マーケットでもお目にかかりません。

プレミアムプライスにはなっていませんが、まともに動く個体がどれほどあるのか・・・

ちゃんと文字盤の中央にはウェーブが。

スケルトンハンドもシーマスターっぽい。

オートクォーツを未来的なイメージで表現したかったのか、ベゼルが不思議な感じです。

メカっぽいというか、肉の無くなったターミネーターというか。

ポケモンのギギギアルのピカピカ版というか・・・

T表記が無いですけどトリチウムかな・・・

小さいのに意外にズッシリ。

約125グラム。

ケースバックです。

グリップ効果もあるウェーブデザイン。

サイドビュー。

シーマスター120っぽいね。

ダイバーズウォッチとは言えない感じのスライド式の脱着バックル。

Ωマークのパーツがゴールド。

Ωmaticのロゴ。

シーマスターらしいフェイス。

スポンサーリンク

メカメカした近未来風なベゼル。

因みに針の動きはカチッカチッとクォーツの運針になります。

焼けて変色したインデックス。

Tマークは無し。

雰囲気ありますよ。

41mmであれば、もっと注目されたのかも知れません。

ドレスウォッチ風なものを狙っての36mmなのか、パワー不足で36mmにしたのかはわかりませんが、やや小ぶりで世界には通用しなかったのかも。

未来感は満載ですので、好きな人にはハマりそうな・・・

いかがでしょうか?

過去の遺産と言うほどでもないですが、珍しいオートクォーツのシーマスター200m オメガマチック2514-50でした。

傷が付きやすいベゼルの一部を鏡面仕上げとし、さらにそこに数字の目盛りを打つというデザイン。

面白いですよね。

もしどこかで出会いましたら、是非1度手に取って見て下さい。

興味が出るかも知れませんよ(笑)。

それではまた!

 

【レビュー】オメガ 2500-80 シーマスター 120m ジャックマイヨール 1997年

【レビュー】オメガ 2507-80 シーマスター120 ジャックマイヨール 4000本限定

セイコー キネティック・クロノグラフ

SUN015 SUN017 SUN025 セイコー キネティックGMT

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)