【2019年新作】セイコー SBXD002 Seiko Astron 1969 クオーツ アストロン 50周年記念限定モデル 18Kゴールド 50本限定

スポンサーリンク

The 1969 Quartz Astron 50th Anniversary Limited Edition

2019年の新作がセイコーから登場、11月28日に販売されるそうです。

クォーツクライシスの引き金となったセイコーアストロン。1969年12月のことです。

世界初のクオーツ式時計セイコー クオーツアストロンが発売され、機械式腕時計は冬の時代を迎えます。

クオーツ アストロンの当時の価格は45万円(18K金無垢ケース)だそうで大卒初任給が 34,100円 (昭44)と考えますと非常に高級品でした。

この後1970年代には量産された正確無比なクォーツウオッチがセイコー、シチズンから世界に向けて大量に広がりスイスの時計産業は衰退していくこととなります。

クォーツクライシス(クォーツショック)と呼ばれ、各ブランドが舵を切る必要性に迫られる大きな分岐点となりました。

と、言うことでやはり出てきましたね、アストロン型の現代アストロン。

当時と同じ18K金無垢でお値段 4,180,000円(税込)、わずか世界50本のみ。

私は買えないけど、売り切れそうです。

このレトロなフォルムにGPSソーラームーブメントCal.3X22を搭載ですか・・・

実物の文字盤の雰囲気を確認してみたいですね。

1969 クオーツ アストロン
50周年記念限定モデル 18Kゴールド

SBXD002
3,800,000円+税 [3X22搭載]
数量限定50本
2019年11月28日 発売予定

ムーブメント キャリバーNo.3X22
駆動方式 ソーラーGPS衛星電波修正
精度 非受信時平均月差±15秒

外装
ケース材質 18Kイエローゴールド
ガラス材質 ボックス型サファイア
ガラスコーティング 内面無反射コーティング
バンド材質 クロコダイル
中留 ワンプッシュ三つ折れ方式

その他仕様
防水 日常生活用強化防水(10気圧)
耐磁あり

ケースサイズ
厚さ: 12.8 ㎜
横: 40.9 ㎜
縦: 43.9 ㎜
その他仕様
スクリューバック (製造上の理由により、裏ぶたの向きには個体差があります)
中留 18Kイエローゴールド
裏ぶた「LIMITED EDITION」表記

その他特徴
パワーセーブ機能
パーペチュアルカレンダー機能(2100年2月28日まで)
受信オフ機能(機内モード)
受信結果表示機能
衛星電波受信によるタイムゾーン修正機能・スーパースマートセンサー機能
過充電防止機能
針位置自動修正機能

The 1969 Quartz Astron 50th Anniversary Limited Edition

世界初のクオーツ腕時計として誕生した「セイコー クオーツ アストロン 35SQ」に込められた意思を継承しつつ、現代的な解釈と進化を盛り込んだ記念限定モデルが登場。
職人の熟達した技術と、最先端技術を取り入れた特別仕様の本モデルは、次の時代に向けた変革を新たに宣言するスペシャルトリビュートとなっています。

セイコー クオーツ アストロン 35SQについて

世界初のクオーツウオッチとして1969年12月25日に銀座・服部時計店で発売されました。
「35SQ」は腕時計サイズに水晶振動子と時計用IC、ステッピングモータを搭載。
その性能は、月差±5秒、日差±0.2秒と当時の標準的な機械時計の約100倍という圧倒的な高精度でした。
この世界初となるクオーツウオッチの誕生は、米ニューヨークタイムズ紙にも記事が掲載されるなど、腕時計の歴史にその名を刻んだウオッチとして、広く内外から注目を浴びることとなりました。

スポンサーリンク


また、セイコーは特許権利化したキーテクノロジーを公開し、アナログクオーツウオッチの劇的な世界的普及に寄与し、ひいては電子デバイス産業全体の省電力技術の発展につながり、今日のような誰もが正確な「時」を手にする社会につながっています。
クオーツ アストロンは2004年、電気工学の重要な進歩を示すプロダクトとしてIEEEマイルストーンに登録、また2018年には国立科学博物館による重要科学技術史資料(未来技術遺産)に登録されました。


※IEEEマイルストーン:米国電気電子学会が電気・電子技術やその関連分野における歴史的偉業に対して認定する賞。これに認定されるためには、25年以上に渡って世の中で高く評価を受けてきたという実績が必要。

GPSソーラーウオッチ セイコーアストロン

2012年9月に誕生したのがGPSソーラーウオッチ セイコー アストロン。
衛星測位システムの人工衛星から発せられる時刻・位置・高度情報を取得して都度誤差を修正することで、10万年に一秒の誤差という圧倒的な高精度を実現するだけでなく、腕時計を身に着けている人が所在するタイムゾーンの正確な時刻をボタン一つで示す画期的なこの腕時計は「セイコー アストロン」と名付けられました。
「クオーツ アストロン」のように世界中の人々に更に正確な「時」を届けられる革新的な技術を結集した存在として、その名を継承しています。

いかがでしょう?

 

12月7日発売 セイコークロノグラフ 50周年記念 ヒストリカルコレクション プロスペックス SBEC005

【セイコー2019年新作】アストロン デュアルタイム 50周年記念限定モデル SBXC023 #バーゼルワールド2019

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)