【レビュー】ロレックス 17000 オイスタークォーツ デイトジャスト シルバーバー

スポンサーリンク

Rolex Datejust Oysterquartz Ref.17000

久々のロレックス オイスタークォーツ 17000です。

カクッとしたフォルムで40歳以上のオッサンに人気の機種ですね。

ジェンタ風なデザインと言いますか「ラグスポ」的な雰囲気と言いますか、コレでスムースベゼルにビスでも打たれてたら「まんま」となります。

70年代のクォーツクライシスの中で、ただのオイスターケースにクォーツムーブメントを突っ込むだけでは芸が無いと思ったのか、はたまた自動巻きとの差別化/区別化の為か、50周年 Ref.1530のケースにキャリバー5035を搭載しました。

クロノメーター仕様なんですよ。

1978年にエベレストに登頂したラインホルト・メスナーらが着けていたのがRef.17000 オイスタークォーツ デイトジャストでした。

エクスプローラーIよりエベレストが似合うのです。

36mmですがカクっとしたデザインで小さくは感じませんね。

存在感。

Chrono24を覗いてみます。

30万円くらいですかね・・・シルバーバーは人気があまりありません(笑)

立体感の強いバーインデックスが格好良いのですが、シンプル過ぎるのかな?

無骨さが際立ってオイスタークォーツには持って来いのデザインだと思います。

スティールのシルバーカラーと相まって「道具感」が男心をくすぐります。

チクタクと電池で動くロレックスは今では珍しい。

2000年代まで製造があったためルミノバ夜光の個体もあるのです。

こちらはトリチウム仕様。

まだブラックライトには反応します。

最近ではみんな大好物の「シングルバックル」。

ブレスレットナンバー17000B。

約126グラムと意外に重い。

まるでロイヤルオークのようなフォルムですね。

ただただ無骨。

飾り気のないシンプルなデイトジャスト文字盤。

バーハンド、バーインデックス。

スポンサーリンク

クロノメーター。

T SWISS MADE T。

この切れそうなエッジ。

面取りしているので痛くないし、もちろん指も服も切れません。

サイドビュー。

王冠マーク。

ケース形状、ブレスレット形状が特殊なため、型番・製造番号はケースに裏側に刻印されています。

ネジじゃない。

いかがでしょうか?

オッサンが読んでくださっていたら「オイスタークォーツのデイトジャストも良いな~」なんて思ってくれるかもしれません。

30代20代の方でしたら「何?このクソダサいロレックス。罰ゲームじゃん」と感じるかも(笑)

そんな魅力たっぷりのオイスタークォーツもオーバーホールが必要ですし電池交換も頻繁です。

OSのアップデートの様にソーラー電波オイスタークォーツとかにスペックアップしないかな?

しないよね(笑)

それではまた!

【レビュー】ロレックス オイスタークォーツ 17000 たまに見たくなる腕時計

【レビュー】ロレックス オイスタークォーツ デイトジャスト 17000 バキバキ・カクカク

ロレックス オイスター クォーツの魅力(カクカク・バキバキ)

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)