【レビュー】チューダー ヘリテージクロノ 70330B 42mm オートマチック

スポンサーリンク

TUDOR HERITAGE CHRONO BLUE 70330B

チュードル改めチューダーのヘリテージクロノです。

1970年代の手巻き2カウンタークロノグラフをオマージュしたモデルで、2010年頃だったと思いますけど復刻され一時人気でした。

パッと見のデザインはかなりオリジナルに忠実です。

細かい部分の差異が好きになれるかのポイント。

国内定価は474,000円。

どうでしょう?

かなり似ていますよね。

当時のクロノグラフは手巻きで、オイスターケースにネジ込みプッシャー、6時位置にデイト表示がありました。

ケース径は約38mm。

対して、こちらの復刻モデルは「デカイ」「分厚い」「リューズが変」と言う特徴があります。

もちろん「オイスターケース」は使用できませんのでアレですけど、プッシャーやリューズのデザインを変える必要があったのか疑問ですね。

そのあたりを受け入れられると、コスパの良い面白いデザインのクロノグラフが楽しめます。

並行新品相場は30万円台半ば後半です。

ETAムーブメントが採用されていますが、最近のチューダーは自社製ムーブメントへと変更しています。

近いうちにムーブメント変更があるかも知れません。

ズシっと約162グラム。

カマボコケース張りのブ厚さ。

スポンサーリンク

ケースバック。

スッキリ。

近代スペックで、バックルも安全なフリップ仕様。

バックルプレートは一昔前のデイトナみたいな形状です。

ブルー・グレー・オレンジ ファブリックストラップも人気。

塗装の感じとかビンテージの雰囲気出ています。

アプライドの盾マークも素敵。

サファイアクリスタル風防、150m防水。

回転ベゼル。

デイト表示。

ルーレットの様なデザインはモンテカルロの愛称で呼ばれます。

私はこの部分が苦手・・・

 

なんかオシャレになっています。

いかがでしょうか?

キライじゃないけど、すごいオススメもしないかな。

コレは手に取って「良い」と感じた方が買う時計ですね。

チューダー扱うデパートなら普通に店頭に並んでいると思いますので、気になる方はチェックしてみてください。

ヘリテージクロノでした。

それではまた!

バーゼルワールド2019のチューダー新作はコレだ!第2弾(ZENMAIの大予想)#BASELWORLD2019

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)