【レビュー】オメガ 2254-50 シーマスター300m 41mm クロノメーター “ビッグトライアングル”じんわり高騰中

スポンサーリンク

OMEGA “Big Triangle” Seamaster 300m Chronometer 2254.50.00

ボンドウォッチの陰で秘かに人気が高まっているシーマスタープロダイバーがあります。

ブラックカラーが格好良い2254-50です。

ブルーカラーのボンドウォッチ 2531-80 と基本的には同スペックの2254-50ですが、視認性の高い大三角形とリーフハンドがミリタリーウォッチライクで評価が高まり人気モデルとなっているのです。

搭載キャリバーオメガ 1120は自動巻きクロノメータームーブメント。

ヘリウムガスエスケープバルブを搭載したプロダイバー仕様です。

うん、格好良い。

かなり前に生産終了となっていますが、国内定価は291,600円。

ちょっと前まで中古マーケットでは10万円台半ばほどでした。

Chrono24を覗いてみます。

すると、なんと10万円台の中古は無く、まさかの20万円代半ばスタート。

ひゃ~。まだ国内の中古品の方が安いですね。

こちらは1960年代のSeamaster 300 Vintage Big Triangle Ref. 165.024。

2254-50は、ヴィンテージシーマスターのRef.165.024に似ていますね。

これぞ「ビッグトライアングル」。

スケルトンハンドのボンドウォッチと比べると、インパクトと力強さを感じます。

お好みはどちらでしょう?

厚みは12mmと、薄くはないですが厚くもありません。

着けやすい。

ものすごい夜光の強さ!

格好良い。

重さは148グラム(調整後)なので、多少ズシっときます。

ウェーブサークルに囲まれたシーホース。

スクリューバックです。

ダブルプッシュ式のバックル。

ダイビングスーツの上からも装着可能なエクステンショパーツ付きバックル。

文字盤に寄ってみます。

大三角形。

リーフハンドも大型で視認性良し。

スポンサーリンク

シーマスター

プロフェッショナル

クロノメーター

300m

デイト表示も付いています。

クラウントップにはΩマーク。

ヘリウムガスエスケープバルブにもΩマーク。

ブレスレットナンバー1610/930。

裏蓋のシーホース。

文字盤のウェーブライン。

いかがでしょうか?

コスパに優れた高耐久のオメガ シーマスター 300m プロフェッショナル クロノメーター 2254-50。

ビッグトライアングルが格好良いです。

日本国内の中古マーケットならまだまだ10万円台で見つかると思います。

ガンガン夏に使えるモデルですので、探してみてください!

オススメです。

それではまた!

 

【レビュー】オメガ 2531-80 と ロレックス 16610 300m防水トリチウムダイバーウォッチ シーマスター vs サブマリーナー

2019年新作 オメガ 210.92.44.20.01.001 シーマスター ダイバー300m 43.5mm ブラックセラミック

【レビュー】オメガ 212.30.41.20.01.003 シーマスター300 コーアクシャル 41mm セラミックベゼル

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)