【レビュー】オメガ 2254-50 シーマスター300m 41mm クロノメーター “ビッグトライアングル”じんわり高騰中

OMEGA
スポンサーリンク

OMEGA “Big Triangle” Seamaster 300m Chronometer 2254.50.00

ボンドウォッチの陰で秘かに人気が高まっているシーマスタープロダイバーがあります。

ブラックカラーが格好良い2254-50です。

ブルーカラーのボンドウォッチ 2531-80 と基本的には同スペックの2254-50ですが、視認性の高い大三角形とリーフハンドがミリタリーウォッチライクで評価が高まり人気モデルとなっているのです。

搭載キャリバーオメガ 1120は自動巻きクロノメータームーブメント。

ヘリウムガスエスケープバルブを搭載したプロダイバー仕様です。

うん、格好良い。

かなり前に生産終了となっていますが、国内定価は291,600円。

ちょっと前まで中古マーケットでは10万円台半ばほどでした。

Chrono24を覗いてみます。

すると、なんと10万円台の中古は無く、まさかの20万円代半ばスタート。

ひゃ~。まだ国内の中古品の方が安いですね。

こちらは1960年代のSeamaster 300 Vintage Big Triangle Ref. 165.024。

2254-50は、ヴィンテージシーマスターのRef.165.024に似ていますね。

これぞ「ビッグトライアングル」。

スケルトンハンドのボンドウォッチと比べると、インパクトと力強さを感じます。

お好みはどちらでしょう?

厚みは12mmと、薄くはないですが厚くもありません。

着けやすい。

ものすごい夜光の強さ!

格好良い。

重さは148グラム(調整後)なので、多少ズシっときます。

スポンサーリンク

ウェーブサークルに囲まれたシーホース。

スクリューバックです。

ダブルプッシュ式のバックル。

ダイビングスーツの上からも装着可能なエクステンショパーツ付きバックル。

文字盤に寄ってみます。

大三角形。

リーフハンドも大型で視認性良し。

シーマスター

プロフェッショナル

クロノメーター

300m

デイト表示も付いています。

クラウントップにはΩマーク。

ヘリウムガスエスケープバルブにもΩマーク。

ブレスレットナンバー1610/930。

裏蓋のシーホース。

文字盤のウェーブライン。

いかがでしょうか?

コスパに優れた高耐久のオメガ シーマスター 300m プロフェッショナル クロノメーター 2254-50。

ビッグトライアングルが格好良いです。

日本国内の中古マーケットならまだまだ10万円台で見つかると思います。

ガンガン夏に使えるモデルですので、探してみてください!

オススメです。

それではまた!

 

【レビュー】オメガ 2531-80 と ロレックス 16610 300m防水トリチウムダイバーウォッチ シーマスター vs サブマリーナー
Omega Seamaster 300M Chronometer 2531.80.00 VS Rolex Submariner 300M Chronometer 16610 はい、今回は90年代を代表する2つの人気ダイバーズウォッチ。 ...
2019年新作 オメガ 210.92.44.20.01.001 シーマスター ダイバー300m 43.5mm ブラックセラミック
Omega Seamaster Diver 300m Master Co-Axial 43.5 Ceramic / Titanium / Black / Rubber 210.92.44.20.01.001 今年2019年の新作シーマスタ...

https://zenmai-tokyo.com/2018/02/25/seamaster-diver-300m-co-axial-41-mm/

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました