【レビュー】オメガ 311.30.42.30.99.001 スピードマスタープロフェッショナル アポロ・ソユーズ35周年記念 メテオライト文字盤

スポンサーリンク

Omega Speedmaster Apollo Soyuz 311.30.42.30.99.001

このブログ2回目の登場となる限定モデルのスピードマスタープロフェッショナル「アポロ/ソユーズ」。

1975年に米ソの宇宙船がドッキングするという宇宙競争の終わりを告げるとても大きな意味をもった計画が行われました。

それから35年経った2010年に、1975本限定でリリースされたのがスピードマスタープロフェッショナル アポロ・ソユーズ35周年記念 311.30.42.30.99.001 です。

2カラーのメテオライトを文字盤に採用した特別仕様。

凄い格好良い。

国内定価は874,800円でした。

2000本くらいのスピーディは人気が出ます。

う~ん・・・非常に格好良い。

最近結構高騰してきており、中古マーケットでも国内定価を優に超えています。

Chrono24を覗いてみました。

比較的海外の方がオメガ スピーディの相場は高めですが・・・

100万円以下の個体は存在しませんね。

 

国内に目をやると、楽天市場に2本掲載されており、安い方が202万円、未使用が231万円でした・・・

海外との差がかなりありますが・・・どちらが真の相場かな?

いずれ、100万円では手に入らなくなりそうですし、いつか200万円にも近づくかもしれません。

スポンサーリンク

文字盤は隕石(メテオライト)ですので、まったく同じ文字盤は2枚ありません。

それぞれに差異があり、1975本しか無いので比べて買うこともできません。

メテオライト文字盤にのったルミノバ夜光。

こんな感じです。

プロフェッショナル42mmのケース径で、存在感は抜群。

ダブルプッシュ式のバックルにはオメガ スピードマスタープロフェッショナルの文字。

基本的には文字盤とケースバック以外は3570-50とほとんど同じです。

風防はサファイアクリスタルですけど。

文字盤に寄ってみます。

インダイアルのシルバーグレー、文字盤のブラックと2トーンのメテオライトが魅力です。

独特な模様が格好良いのです。

クロノグラフ針の先端と、Speedmasterが赤く塗られていますね。

どうしてかな?

天然石に文字を書くには大変。

ちょっと歪んでるな(笑)

Ωマーク。

THE FIRST INTERNATIONAL SPACE FLIGHT APOLLO/SOYUZ

ドッキングしたアポロとソユーズレリーフが。

本当にオススメ。

格好良い。

いかがでしょうか?

200万円とか、ちょっと高過ぎですけど、100万円台前半なら「あり」だと思います。

2000本前後のスピードマスタープロフェッショナルは評価されるのです。

メテオライトなんて最高ですし。

1本スピマスでも買おうかな?なんて思ってらっしゃる方にオススメしたい。

でも、なかなか見つからないから高騰してるんですけどね。

もし限定証明書付きモデルのグッドプライスに、出会えましたら即ゲットしてください。

それではまた!

【レビュー】オメガ 311.30.42.30.99.001 スピードマスター アポロ・ソユーズ 35周年 メテオダイアル 世界限定1975本

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)