【レビュー】オメガ トリロジー スピードマスター1957が安くなってきた? 311.10.39.30.01.001

OMEGA 311.10.39.30.01.001 SPEEDMASTER ’57

2017年の代表作 オメガのマスタートリロジーからスピードマスター1957 311.10.39.30.01.001です。

1957年に掛けて世界限定3,557本、国内定価は831,600円でした。

リリース時は定価以上だったり定価前後の販売相場でしたが、気付けば定価以下となり今では新品未使用も定価の80%くらいまで安くなっています。

やはりオメガのスティールスピードマスター(手巻き)の場合2000本前後までがプレミアムモデルになるんですね。

ファースト復刻モデルがここまで安くなるとは思いませんでした。

60万円台だったら悪くないですよね?

さすがにビタビタの新品は80万円台のツヨキプライスですが、これは使う目的じゃなくデッドストック狙いかな。

中古であれば60万円台がたくさん。

トケマーには55万円なんて中古がありましたので、だいぶ買いやすくなっています。

値段が安くなろうと、この格好良さは変わりません。

ビンテージ調のインデックスと針、クラウンガードのない38.6mmのグッドサイズ。

無駄のないシンプルで美しい文字盤。

最高じゃないですか~~~!

スペックは現代使用。

何十年も使えます。

ここまでの復刻は、よっぽどのことが無い限り今後無いかも知れませんね。

あるとしても10年後かも知れません。

バックルのゴツさだけが気になっちゃいます。

シンプルで強靭なバックルプレート。

剛性と利便性からブレスレットもバックルもこんな感じなんですね。

アプライドタイプのオメガマーク。

クラシカルなオールドバージョン。

プロフェッショナルの文字はありません。

アンティークエイジングした針とインデックス。

プラ風防はお馴染みのこんもりタイプ。

クラウンとプッシャー。

左右対称のケースで、すっきりしていますね。

ドーム風防がそそります。

薄い幅のスティールベゼル。

ファーストモデルのみの仕様ですね。

いや~本当に欲しいモデルですよ。

スニーカーとかシュプリームとかに無駄金使ってないでファーストレプリカ買った方が良いよね~っていつも思うのに、またスニーカー買っちゃう(笑)

いかがでしょうか?

永久保存版、いやずっと左腕に着けていたい腕時計!

もっと安くなるまで待ちますか?

安くなる確証はありませんけどね。

ボロボロになったり深い傷があったりしたら、そりゃ安いかも知れませんけど、今ならそんなことになっている中古はまだ少ないですね。

そもそも欲しくて買ったのですから、もう売っちゃう方はそんなに多くはありません。

限定モデルなので、1/10くらいは日本に上陸していたと思います。

350本か。

そのうちどの位の方が手放すでしょうか?

やはり中古で良い出会いがあればラッキーくらいな気持ちでゲットすべきでしょうね。

私も無駄使いしないでお小遣い貯めようっと!

ではまた。

【レビュー】オメガ 伝説のファーストモデル復刻 スピードマスター 1957 トリロジー 311.10.39.30.01.001

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)