リーク【バーゼルワールド2019】セイコー 1970ダイバーズ復刻デザイン セカンドダイバー(6105-8110 後期型 植村ダイバー)SLA033J1 / Caliber 8L35

Seiko second 1970diver 6105-8110 Uemura model SLA033/SBDX031? Limited Edition

2017年はセイコーファーストダイバーSBDX019(SLA017)が2000本限定でリリースされ未だに人気の高いプレミアムモデルとなっています。

2018年は10振動メカニカルムーブメントを搭載したハイビートダイバーSBEX007(SLA025)が1500本限定でリリースされました。

で、今年の新作リーク情報が現実味を帯びてきたので、記事に残しておきます。

あくまでもリーク情報ですので確定ではありません。

「そうかもね」くらいの気持ちで読んでください。

こちらがSNS上にアップされたセイコーの新作資料と思われる一部。

あ~ガンダムの外胴ダイバーが出るのか?くらいに見てましたら・・・

「1970ダイバーズ復刻デザイン(通称2ndダイバー後期型)コアショップ専用」

の文字が・・・

セカンドダイバー後期型と言えば

植村直己さんも愛用した「植村ダイバー」

6105-8110

Cal.6105B(ハック付き自動巻き)を搭載した人気モデルです。

このヘンテコなシルエットがセイコーファンには突き刺さるんですね。

マリオのキャラクターの「テレサ」は植村ダイバーをリスペクトしてできたのかも知れません。

敢えて、後期型にしたのは「人気」の差だと思います。

初期型の存在感ってあまり無いので・・・

1970年代(1974.06~)に登場する150m防水のイカしたコイツが「SLA033/SBDX031」なのかも、まだわかっていませんが・・・

SLA033は限定モデルのようですし、1stがSLA017、ハイビートがSLA025と順番にきているので海外仕様の型番はコレっぽいですよね。

ですが、SLA033は1975年の「何か」のアニバーサリーモデル?となっていますね。

順番通りだと1975年600m防水チタンダイバーかな?みたいな感じにもなりますね。

飽和潜水仕様600mダイバーズがSLA033として出るのかも(なんで2019年なのかわかりません、ハイビート使いたかったかな)。

植村ダイバーは、とりあえず「出そう」、でもSLA033じゃないかも知れない。

そんな感じでした。

続報または3月のバーゼルワールド2019を待ちましょう!

ではまた。


SEIKO PROSPEX
The 1970 Diver’s Re-creation
Limited Edition

SLA033J1
Caliber 8L35

Limited edition of 2,500

 

【レビュー】セイコー セカンドダイバー 6105-8110 後期型 植村ダイバー

セイコー新作 1968 メカニカルダイバーズ 復刻デザイン SBEX007 #バーゼルワールド2018

2018年新作【リーク】SBEX007 SLA025 PROSPEX セイコー Ref.6159-7000 復刻 1968年誕生 プロフェッショナルダイバー300m ハイビート50周年モデル

セイコー ファーストダイバーズウォッチは、プロスペックスで復刻 SBDX019 SLA017 バーゼルワールド2017

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)