モーリスラクロア新作 AI6008-SS002 アイコン オートマティック 42mm #バーゼルワールド2018

スポンサーリンク

MAURICE-LACROIX AIKON AUTOMATIC BaselWorld 2018

バーゼルワールド2018、モーリスラクロアからアイコンのオートマチックモデルが新作としてリリースされました。

色々なラグジュアリースポーツをミックスしたようなデザインはウケるのか、受け入れられないのか微妙なところですが・・・

安価でロイヤルオークっぽいのを着けたい方とかにはフィットしそうです。


1990年に誕生し、当時絶大な人気を誇った「カリプソ」を復刻させたデザイン「アイコン」。

2018年のバーゼルでは、更にバージョンアップして登場しました。

CASE
•Case diameter: 42 mm
•Case Material: Stainless steel
•Water resistance: 20 ATM

DIAL
•Hands: Rhodium plated, white SLN

STRAP
•Easychange
•Buckle: Butterfly in stainless steel

MOVEMENT
•Automatic ML115

Functions:
•Hours, minutes and seconds.
•Date at 3 o’clock.

Vibrations
•28’800 vph / 4 Hz

Power Reserve
•38 hours

Number of jewels
•26

Decorations
•Perlage and colimaçon.
•Vertical Côtes de Genève and sun brushed on rotor.
•Rhodium plated.

バリエーションも豊富。クロノグラフも出ています。

SS-Blue/AI6008-SS002-430-1

SS-Silver/AI6008-SS002-130-1

SS-Black/AI6008-SS002-330-1

SS-レザー-Blue/AI6008-SS001-430-1

SS-レザー-Silver/AI6008-SS001-130-1

SS-レザー-Black/AI6008-SS001-330-1


さて、どうしたものでしょう?

Chrono24を除くと、すでに予約を受けているようで値段もお安い!

スポンサーリンク

バーゼルワールド2018会場から画像をお借りしました。

サイズ感はもう少し小さくても(38-40mm)良かったかな?

でも高級感はありそうですね。

ゼニスのデファイ新作とも引けを取ってないようにも感じます。

20万円台で購入できるなら若いサラリーマンのファーストウォッチや、40代の方のセカンド/サードウォッチとして楽しめるかもしれません。

実物が早く見たいですね。

 

国内販売時期・定価などわかりましたら追記していきます。

 

 

バーゼルワールド2018の関連記事はこちらから

#ZENMAIのココ東京

</pre
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)