【ミステリアス】六芒星(ヘキサグラム)を模るGMT針と大三角形 ロレックスの謎に迫れるか?

Rolex’s Hexagram star

今回はまったくもって「為」にならない駄記事でございます・・・スミマセン。

ロレックスのスポーツモデルの12時位置には、デイトナを除き逆三角形(大三角形)のインデックスが鎮座していますね。

そしてGMTマスター(I&II)とエクスプローラーIIには大きな三角形のGMT針(24時間針)がセットされています。

この2つのパーツが、重なり合う時・・・

ロレックスの文字盤に「六芒星」が現れるのです!

こんな感じ。

GMT針が大三角形の上を通過する瞬間!

どうですか?

ちょっと長針が邪魔ですね。

ずらします。

ほら、どうですか?

六芒星(ヘキサグラム)が現れます。

六芒星はダビデの星とも呼ばれています。

ダビデの星はユダヤ民族を象徴で、・・・

フリーメイソンの象徴にも見えないこともない・・・都市伝説(笑)

waltham Freemasonry watches

ウォルサムのアンティーク「フリーメイソンウォッチ」が有名ですね。

こちらの12時位置にもマークが記されています。

ギルドを表す「G」もGMTのGかも知れません(嘘)。

でも、ほら。

こんなにキレイに。

ロレゾール(コンビネーション)モデルでもゴールドに輝くヘキサグラムが!

ね?

何か意味することはあるのか?(あるわけない)

皆さんもGMTマスターやエクスプローラーIIをお持ちでしたら見てみてください。

ロレックス社の中枢にも、もしかしたら会員がいらっしゃるのかも知れません。

「意図的なものを感じる」

と、hide(stussy_vamp)さんがおっしゃってたので(笑)

(いつもコメントありがとうございます)

えぇ。

都市伝説とか弱いので、まったく記事になりませんでしたね。

まことしやかにに語らなきゃいけないのに・・・

大失敗(笑)

ではまた!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)