【レビュー】チュードル ヘリテージブラックベイ 79230N

TUDOR HERITAGE BLACK BAY M79230N-0002

今回は2016年にリニューアルされたチュードル版サブマリーナー「ヘリテージ・ブラックベイ」79230を見ていきましょう。

黒いベゼルのRef.79230N。

末尾のアルファベットでベゼルカラーが違いを区別するのはロレックスと同じ。

Bが青、Rが赤です。

日本国内ではTUDORが正規輸入されていない関係から定価がありませんが、2017年11月の輸入相場は30万円ちょいですかね。

昨年に比べ買いやすくなってきましたね。

ロレックスのサブマリーナーノーデイトの新品並行相場878,000円から見れば1/3の価格で買えます。

ジャ~ン!

格好良い!

けどね、凄い重いです。180グラム。厚みは15mmもあります。

作り込みはしっかりしているし、チープな感じもありません。

Tudor caliber MT5602

自社製ロングパワーリザーブムーブメントMT5602はクロノメーター認定品。

41mmもあるのがね、欧米的な。

ちょっとボリューミーですし。

日本向けでは無いのは重々承知ですが、本当に大きいのが流行っていますね。

中華系の消費者には受けているんでしょうか?

このモッサリしたケース厚。15mmってそこそこの厚さだよね?

私は、あんまり好きじゃない。

リベットブレスレットは素敵なんですけどね~。

薔薇の刻印のリューズは可愛い。

バックルはシンプルなデザイン。

0.5mmくらいサイズ調整ができますが、ロレックスのグライドロックシステムの方が良いな。

このお値段ですから、文句言っちゃいけないけど。

旧デイトナの様なバックルプレート形状ですね。

シッカリしています。

ケースが分厚く大きめなので、ゴツク見えますね。

嫌なら付属のナイロンストラップに交換して使っても良いです。

洗練されたセンスではないですけど、耐久性はありそう。

冊子類。日本語表記は無し。

付属のナイロンストラップ。

3500ユーロが定価。

ギャランティカードはチュードルレッド。

遠目から見ると旧型のサブマリーナーのようだな。

できたらメルセデスハンズにして欲しかった・・・

そうしたら41mmでもケースが分厚くても良かったよ。

まぁ大人の事情があるんでしょうね。

いかがでしょうか?79230N。

このモデルは2016年に誕生しましたが、2015年まではロゴは薔薇、6時位置の記載は弧を描き、ムーブメントはETA製でした。

あとリベットブレスになっています。

「79220 TUDOR USA」の画像検索結果

こちらが旧モデルの79220N。

どちらのデザインが好みかは分かれそうですね。

私は薔薇の方が好きかも。

こんな風にカスタムでメルセデス針に変更して使いたいな。

では!

 

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)