【HODINKEE 10th Anniversary】オメガからまたスピードマスターが限定発売!500本 311.32.40.30.06.001 #HODINKEE10OMEGA

スポンサーリンク

The Omega Speedmaster HODINKEE 10th Anniversary 500 Limited Edition 311.32.40.30.06.001

またまたオメガが時計のオンラインメディアとタッグを組みました!

今回のお相手は時計好きなら誰もが知ってる「HODINKEE」。

ベンジャミン・クライマーさんが作ったブログが拡大し、オンラインマガジンに成長し世界中の時計ファンを魅了しています。

そんなHODINKEEが10周年とのことで、オメガのスピードマスターの限定品が誕生!

HODINKEEのオンラインストアまたはアメリカ限定で僅か500本とかなり少なめです。

デザインはあの「奇抜な」AM/PM 3520-53を大胆に採用(笑)

コレは格好良いのか???500本しか作らないのはデザインのせいか???

カレンダー機能が「無い」とか、もう何でもアリですね~。

Speedmaster HODINKEE 10th Anniversary Limited Edition

説明

オメガスピードマスター「デイデイト」が1996年に創設されたとき、それはそれ以来時計ファンに永続的な印象を与えたダイヤルデザインとカラーコーディングを特色としていました。この新しい39.70限定版は、ユニークなスピードマスターへのオマージュで、同じクラシックな外観を再現しています。

この時計は、2018年に創立10周年を迎えた時計専門誌「HODINKEE」と提携して発売されました。スピードマスターのファンは、これが正確な再現ではないことに気付くでしょう。”トリプルカレンダー”の合併症はもはや特集されていませんが、元のデザインを思い起こさせる他の多くのおなじみのタッチがあります。

灰色/青色の文字盤には、独特の分かりやすいトラックと、明るいアラビア数字が含まれています。元の昼/夜のインジケータの代わりに、9時の黒と青のサブダイヤルがプロペラ型の手で便利な機能インジケータに変わりました。

中央の秒針は赤く塗りつぶされていて、黄色の飛行機の先端が含まれています。これは、1970年代からスピードマスターのいくつかのデザインで見られた「デイデイト」モデルの特徴です。

500個までに限定された時計は、グレー/ブルーのレザーストラップに、ブラックのアルミニウムベゼルを含むステンレススチールのケースが付いています。このケースバックでは、オメガはSeahorseメダリオンをエンボスし、「HODINKEE」や「10th Anniversary」などの刻印を追加しました。この時計は伝説のオメガ・キャリバー1861によって駆動されます。

すべてのモデルは、アメリカのオメガブティックとHODINKEEのウェブサイトで独占販売されます。それぞれに追加のグレーのNATOストラップが付属しています。<OMEGA HPより>

Omega Speedmaster MK40 AM/PM Triple Calendar 3520.53.00

このデザインは、このケースでこの配置・配色だから良いんだよ・・・わかってないな~(笑)

そもそも横目と縦目じゃ配置が違うじゃん!

トリプルカレンダーじゃなくてノーカレンダーだよwww


The watch that inspired HODINKEE’s creation returns as a special 500-piece limited edition.

#HODINKEE10OMEGA
Remember this look? #OMEGA goes back to the 90s for the #Speedmaster “@HODINKEE 10th Anniversary” Limited Edition – sold exclusively through the HODINKEE website and in OMEGA Boutiques within the USA.


赤/青/黄色

スポンサーリンク

グレーベースのダイヤルに70年代風なカラフルポップデザイン。

好みが分かれそう。

嫌いじゃないんですが、どうなんですかね?

500本しかないのでプレミアム価格になるのだと思いますが、イケてるのか???

FEATURES
・Chronograph
・Tachymeter
・Limited edition
・Small seconds

TECHNICAL DATA
Between Lugs: 19 mm
Bracelet: leather strap
Case: Steel
Case Diameter: 39.7 mm
Dial color: Blue
Crystal: Scratch-resistant sapphire crystal with anti-reflective treatment inside
Water resistance: 5 bar (50 metres / 167 feet)
MOVEMENT: CALIBER OMEGA 1861

スペシャルボックス。

レザーストラップとNATOストラップが付いています。

全数時のダイヤルは魅力的。

なかなかスピードマスターの手巻きでは見ることないのでね。

CK2998ケースにしたのは意味があるのかな?

クロノグラフハンドのスペースシャトルも可愛い♪

9時位置の24時間針はちゃんと稼働するのか見てみたいです。

ケースバックには限定刻印。

39.7mmケースでスッキリしています。

CK2998ケースのグッドポイントはクラウンガードが無いところ。

クラシカルでスッキリしてて良いですよね。

いかがでしょう?

既にキャンセル待ちになってしまっています。

アメリカのブティックではまだ予約できるのかな?

6500USドルか~。

いったい相場は幾らになるのでしょう。

ではまた。


2019.04

500本限定のはずがChrono24に大量に掲載されています。

みんな売りたいのかな?

転売ヤー。

#SpeedyTuesday オメガから2018年もスピードマスターが限定発売!8月中旬「ウルトラマン」311.12.42.30.01.001 今回も2012本限定

【レビュー】オメガ 3520.53.00 スピードマスター マーク40 AM/PM スピードマスター40周年モデル3520-53

スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】オメガ 3520.53.00 スピードマスター マーク40 AM/PM スピードマスター40周年モデル3520-53

スポンサーリンク

Omega Speedmaster MK40 AM/PM Triple Calendar 3520.53.00

1997年にリリースされたスピードマスター40周年記念モデルの1つマーク40(1996年発表)。

9時位置のインダイヤルがブラック/ブルーの2トーンに色分けされた「AM/PM(昼夜表示の24時間針)」3520-53は、そのカラフルな見た目にファンは少なからずいるんじゃないでしょうか?・・・いませんか?・・・いますよね?(笑)

「デイデイト」がオメガのモデル名ですが、「トリプルカレンダー」のニックネームの通り、デイデイトマンス(月/日/曜日)表示とクロノグラフを搭載しています。

39mmという小ぶりなケースの中によく詰め込んだもんだ。

ムーブメントはETA社ベースのCal.1151。

「AM/PM」と「コスモス」、もう1つ同シリーズに「デイト」がありプラスチックタキメーターベゼルを搭載しています。

SPEEDMASTER DAY-DATE 3520.53.00

機能:24時間表示 クロノグラフ 曜日・日付表示 スモールセコンド タキメーター
技術仕様:ブレスレット: ステンレススティール
ラグの間のサイズ: 18 mm
ケース: ステンレススティール
ケース直径: 39 mm
ダイアルの色: グレー
クリスタル風防: 内側に無反射処理を施した、強化サファイアガラス
防水: 5 気圧 (50 メートル / 167 フィート)
ムーブメントキャリバー: オメガ 1151
ロジウムめっき仕上げの自動巻きクロノグラフ ムーブメント。
パワーリザーブ: 44時間
種類: 自動巻き

【レビュー】オメガ 3520.50.00 マーク40コスモス スピードマスター40周年モデル

※「マーク40コスモス」の記事も併せてどうぞ。

どうでしょう?

39mmのサイズ感。

なかなかです。

グレーのダイヤル。ブラックのインダイヤル。2トーンのAM/PM表示。赤い針。黄色いポインターデイト。

アラビアインデックス。

よ~く見ていると・・・

Balenciaga Triple S Sneakers

に似ていますね。

知っていますか?今人気の重いスニーカー。

ブレスレットは貧弱で使いにくいですね。

このスライド式はね、もっと上手くできなかったのかな?

便利さを求めたんでしょうけど。

さて、アップで文字盤に迫っていきます。

ここは12時位置のインダイヤル。

30分積算計と、曜日・月表示。

ここは9時位置。

24時間針がビッグアロー。

10:10だけど、24時間針を見るともう夜ですね。

22:10なんだな。

細いペンシル針は秒針です。

スペースシャトル型のイエローハンドはポインターデイトですね。

22日を指しています。

スポンサーリンク

ここは3時位置。

ロゴなど。

こちらは6時位置。

12時間積算計です。

クロノグラフに関係している針だけが赤く塗られています。

10時位置のプッシュボタンで曜日の早送りができます。

この何とも汚いグレーがね、今となっては非常に格好良い。

インダイヤルにはレコード溝。

リューズを操作し12時にしてみました。

中央の針が重なります。

するとビッグアローは24を出していますので、24:00だという事ですね。

宇宙にコレを着けていくアストロノートがいるわけないですが、宇宙では昼夜がわかりませんので24時間表示は便利なのです。

海外相場はバラバラ。

そもそも球数が非常に少なくなってきています。

昨今のオメガ人気、スピードマスター人気から、こう言う少し定番から外れた当時着けにくかったモデルなんかが今重宝されるのです。

インスタ映えするかもね(笑)

非常に格好良い。

いかがでしょう?

私は前から好きでした~。

何でこんな色を使ったのか、当時のオメガのデザイナーに聞いてみたいな。

スピードマスターの誕生40周年でコレ?

おかしいでしょ。

それでも数が少なくなってくると値は上がります。

以前は10万円台で簡単に見つかったのにね。

楽天にも1本しか無かった・・・

では!

#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク
SNS Share