【スヌーピーアワード】オメガ 311.32.42.30.04.003 スピードマスター プロフェッショナル アポロ13号45周年記念

スポンサーリンク

Omega Speedmaster Apollo 13 Snoopy LIMITED Edition White Dial 311.32.42.30.04.003

2015年の特別なモデル、オメガ 311.32.42.30.04.003 スピードマスター プロフェッショナル スヌーピーアワード アポロ13号45周年記念です。

酸素タンク爆発により月面に着陸するどころか地球に戻れるかもわからない危機的な状況から無事帰還したアポロ13号は映画にもなっております。

1970年のことですが、今年は50周年となり何かしらがお目見えする可能性が高いですね。

このスヌーピーアワードは、45周年記念で今から5年前のモデルですが年々プレミアム度が増しており現在は完品で300万円に到達する勢い。

わずか1970本の限定で、当時の国内定価は 766,800円 でした。

現在、もしかしたら1番人気のスピードマスターかも知れません。

1970年⁠、アポロ13号の乗組員たちは愛用の「⁠ス⁠ピ⁠ードマスタ⁠ー⁠」を使い⁠、危険な状況を見事にくぐり抜けて地球に帰還しました⁠。この貢献により⁠、 NASAからオメガに「⁠シルバ⁠ー⁠・スヌ⁠ーピ⁠ー⁠賞⁠」が贈られました⁠。

それから45年になるのを記念して⁠、当時の「⁠ム⁠ーンウ⁠ォ⁠ッ⁠チ⁠」からインスピレ⁠ーシ⁠ョンを得たモデルが1⁠,970本限定で制作されました⁠。デザインを一新し⁠、ホ⁠ワイトのダイアルを採用⁠。9時位置のサブダイアルには⁠、ス⁠ーパ⁠ールミノヴ⁠ァをコ⁠ーテ⁠ィングしたスヌ⁠ーピ⁠ーの姿があります⁠。

ダイアルの上には⁠、”Failure is not an option(⁠失敗という選択肢はない⁠)”および”What could you do in 14 seconds⁠?⁠(⁠14秒で何ができた⁠?⁠)”という言葉と共に⁠、スヌ⁠ーピ⁠ーの漫画を象徴する14コマの四角形が配置されています⁠。

ポリ⁠ッシ⁠ュ仕上げとサテン仕上げを施した直径42⁠.00mmのケ⁠ースはステンレスステ⁠ィ⁠ール製で⁠、ポリ⁠ッシ⁠ュ仕上げのブラ⁠ックセラミ⁠ック製ベゼル上にあるタキメ⁠ータ⁠ースケ⁠ールにス⁠ーパ⁠ールミノヴ⁠ァが塗布されています⁠。

アイコニ⁠ックなオリジナルモデルを思わせるこのタイムピ⁠ースは⁠、オメガ自社製キ⁠ャリバ⁠ー1861と”ム⁠ーンウ⁠ォ⁠ッチ”スタイルの針を搭載しています⁠。

ブラ⁠ックコ⁠ーテ⁠ィングのナイロン製フ⁠ァブリ⁠ックストラ⁠ップと⁠、背景にダ⁠ークブル⁠ーのエナメル加工を施し⁠、手作業で仕上げられた925シルバ⁠ー製のスヌ⁠ーピ⁠ーメダルが⁠、魅力的な外観を完成させています⁠。<OMEGA HPより>

Chrono24を覗いてみました。

2000本近くリリースされたモデルにしては掲載が少ない。

コレクションアイテムですので手放す方も非常に少ないのでしょう。

更に希少性が上がりそうですね。

スピードマスタープロフェッショナルでは珍しいホワイト文字盤と言う点も人気を後押ししていると思います。

スヌーピーカラーの白と黒が見事に落とし込まれており、文字盤のところどころにも凝ったギミックが。

ノーマルのプロフェッショナルケース42mmにサファイアクリスタル風防、ブラ⁠ックセラミ⁠ック製ベゼルにもルミノバ夜光が塗布されています。

1ランク上の仕様ですね。

さすが記念モデルです。

背景にダ⁠ークブル⁠ーのエナメル加工を施し⁠、手作業で仕上げられた925シルバ⁠ー製のスヌ⁠ーピ⁠ーメダルが⁠セットされたケースバックも魅力的。

ブラ⁠ックコ⁠ーテ⁠ィングのナイロン製フ⁠ァブリ⁠ックストラ⁠ップ。

堅牢なバックルはこんな感じ。

ケースバックのフチには、“SILVER SNOOPY AWARD” “EYES ON THE STARS”“45TH ANNIVERSARY”“****/1970” “APOLLO XIII”と刻印されています。

0から14までは4コマ漫画の1コマが14個連なっています。

“What could you do in 14 seconds⁠?⁠”

14秒で何ができた?

アポロ13号が帰還するために、エンジンを噴射して軌道を修正する僅かな時間が14秒でした。

もちろんスピードマスターで計測したのです。

映りが悪いですけれど、スヌーピーやベゼルのルミノバが反応しています。

スヌーピーが可愛い。

“Failure is not an option!”

スヌーピーさんが「失敗という選択肢はない⁠」とか言っちゃってます。

タキメーターが光るとキレイですね。

白と黒のコントラスト。

シンプルで良いですね。

スポンサーリンク

夜光を無視すると、白と黒が反転しているのがわかりますね。

セラミック製のタキメーターベゼル。

今までの2作は9時位置のスモセコにスヌーピーがいました。

第3弾も同じ位置かしら?

絵の様に、ウッドストックも追加されたりして。

925シルバ⁠ー製のスヌ⁠ーピ⁠ーメダル。

手作業だそうです。

ウルトラマンとパシャリ。

サファイアクリスタルは高度も透明度も高いですが、プロフェッショナルならプラ風防だろ!的な。

サイドビュー。

「i certify the authenticitu」本物だよってスヌーピーが言っている限定証明書。

この特別な証明書はオメガの限定モデルには必要なアイテム。

現行のデイトナより価値のあるスピードマスター スヌーピーアワードです。

確かに格好良いし、特別感も高いですね。

2015年に買えた方はおめでとうございます。

いかがでしょうか?

オメガ 311.32.42.30.04.003 スピードマスター プロフェッショナル アポロ13号45周年記念 シルバースヌーピーアワード 1970本限定モデルでした。

喉から手が出るほど欲しい方もいらっしゃるでしょうが、中古マーケットでもほとんど見掛けなくなっています。

1970本もあるのにね。

セラミックベゼルにサファイアクリスタルで耐傷性も高く、見た目もグッド、コレは間違いありません。

次のスヌーピーも気になりますし、初代の今後も期待したいです。

2020年の10月か・・・

今月はキャリバー321のスティールモデル311.30.40.30.01.001 もリリース予定だし忙しいですね。

それではまた!

 

OMEGA AND APOLLO 13: 50 YEARS LATER

【アポロ13号 45周年記念】オメガ 311.32.42.30.04.003 スピードマスター プロフェッショナル スヌーピーアワード 1970本限定

【アポロ13号 50周年記念】オメガ スピードマスター プロフェッショナルは出るのだろうか?10月5日が気になるぞ!

【レビュー】オメガ スヌーピーアワード 3578.51.00 スピードマスタープロフェッショナル 5441本限定

【レビュー】オメガ 3578-51 スピードマスタープロフェッショナル スヌーピーアワード 2003年5441本限定発売から15年

【レビュー】オメガ 3578-51 “スヌーピーアワード” スピードマスタープロフェッショナル 5441本限定

スポンサーリンク
SNS Share

【アポロ13号 45周年記念】オメガ 311.32.42.30.04.003 スピードマスター プロフェッショナル スヌーピーアワード 1970本限定

スポンサーリンク

” What could you do 14 seconds? ” Omega Speedmaster Moonwatch Apollo 13 Silver Snoopy Award 311.32.42.30.04.003

2015年の限定モデル オメガ スピードマスタープロフェッショナル シルバースヌーピーアワード 311.32.42.30.04.003。

1970年に起きた事故と、そこから無事帰還した奇跡を祝し、アポロ13号45周年の記念モデルとしてリリースされました。

スヌーピーアワードの初代モデル3578-51の人気もあり、このモデルは販売時から相当人気がありました。

スピードマスターの限定モデルの人気が高まってきたのは、ちょうどこの位の時期からですかね?

Chrono24を覗きましたら、衝撃の値段になっています(笑)

国内定価は766,800円、世界限定1970本。

私は店頭で見たことがありませんでした。

定価で買えてた方は、3倍近い価値になっていること知っていますかね?

ひえぇぇ。


1970年、アポロ13号の乗組員たちは愛用のスピードマスターを使い、危険な状況を見事にくぐり抜けて地球に帰還しました。この貢献により、 NASAからオメガに「スヌーピー アワード」が贈られました。

この45周年記念モデルは、インスピレーションの源となった当時の“ムーンウォッチ”を新たにアレンジした、ホワイトダイアルを備えています。9時位置のサブダイアルには、スーパールミノヴァをコーティングしたスヌーピーの姿があります。

ダイアルの上には、“Failure is not an option(失敗という選択肢はない)”および“What could you do in 14 seconds?(14秒で何ができた?)”という言葉と共に、スヌーピーの漫画を象徴する14コマの四角形が配置されています。

ポリッシュ仕上げとサテン仕上げを施した直径42mmのケースはステンレススティール製で、ポリッシュ仕上げのブラックセラミック製ベゼル上にあるタキメータースケールにも、スーパールミノヴァがコーティングされています。

アイコニックなオリジナルモデルによく似たこのタイムピースは、オメガ自社製キャリバー1861と“ムーンウォッチ” スタイルの針を搭載しています。

そして、ブラックコーティングのナイロン製ファブリックストラップと、背景にダークブルーのエナメル加工を施し、手作業で仕上げられた925シルバー製のスヌーピーメダルが、魅力的な外観を完成させています。<OMEGA HPより>


目に留まる白文字盤に、コントラストの強いベゼルとインデックス&針。

スヌーピーカラーですか。

文字盤には2つの言葉が刻まれており、1つは「Failure is not an option(失敗という選択肢はない)」と言うスヌーピーからの吹き出しに、もう1つは「What could you do in 14 seconds?(14秒で何ができた?)」と言うクロノグラフ針の運行0秒から14秒までの目盛りに注目してみてください。

ベゼルはセラミック製で、ルミノバ夜光が塗布されています。

ブラックライトを照射すると光るのがわかるでしょうか?

スポンサーリンク

9時位置のスヌーピーは、

光ります。

かわいい。

このケースバックは相当手が込んでいます。

こちらで製造工程が見れますので是非。職人さん大変だ~1970個も作ったのか~と思うはずです。

保護シールが外れるとエナメルの宇宙の上にメタルのスヌーピーバッジが乗っかっています。

限定証明書。

コレが大事。

スヌーピーの吹き出しに限定番号がプリントされています。

保証書とピクトグラム。

キャリバー1861搭載モデルなのでクロノメーター認定カードは無いです。

シルバースヌーピーアワードのバッジ。

そのレプリカも付いています。

いかがでしょうか?

もはや手の届かない存在となってしまったスヌーピーアワード 311.32.42.30.04.003。

ファーストモデルではなくセカンドモデルの方が価値が高くなっています。

本数が少ないからかな。

白文字盤が素敵だからかな?

私はファーストの方が好きなんだけどな。

限定モデルの中でもかなりセカンドはインパクトありますからね。

それではまた!

 

 

【レビュー】オメガ スヌーピーアワード 3578.51.00 スピードマスタープロフェッショナル 5441本限定

スポンサーリンク
SNS Share