【天然石ダイヤル】ホワイトゴールドのデイトナには貴石文字盤が良く似合う!

DAYTONA
スポンサーリンク

Rolex (ロレックス) デイトナ 116509 2021 新品

Daytona’s precious stone dial is beautiful.

今回はデイトナの文字盤です。

来年2023年はコスモグラフ・デイトナの生誕60周年記念にあたります。

(因みにエクスプローラーとサブマリーナーは70周年)

きっと記念モデル出ますよね?

ね?

私的には2000年の新キャリバー4130のお祝いでリリースされたモデル「デイトナ・ビーチ的な何か」が60周年にもリリースされるのでは?と思っていますが、さて・・・どうでしょう?

当たるかな。

イメージはこんな感じで、オイスターパーペチュアルに使われてたカラーが採用されると睨んでますよ。

ターコイズ人気で間違いありません。

Rolex (ロレックス) デイトナ 116519 2004 中古

当時、デイトナ・ビーチの登場は衝撃的で、こんなカラフルなデイトナは売れるのだろうか?と思ったものです。

いつの間にか人気モデルになっていますが、それもごく最近の話で、それまでは皆あまり好んでなかったようにも思えます。

なんでデイトナ・ビーチの話かと言いますと、変わった文字盤だからなんですね。

デイトナのホワイトゴールドケースには天然石の文字盤がよく使われますが、これがまた希少性が高いのです。

天然石はどちらかと言うと避けられてた文字盤のような気もしますが、その分希少性が上がっちゃって(マーケットに玉数が少ない)今では目玉が飛び出るような値段のものもしばしば。

Rolex (ロレックス) デイトナ 116519 2004 中古

と、言う事で今回は「天然石文字盤」に詳しいサテンドールさんのツィッターを参考に、クロノ24を覗き現在の相場をチェックしていこうと言うものです。

なんとなく、どの文字盤も有名なので知っているとは思いますが、え?こんな値段なのと驚いてください。

それではいきましょう。

116519NA

クロノ24に掲載されているホワイトゴールドのデイトナを、安い順にソートしてご紹介していきます。

ので、最安でなんと623万円(税抜)、しかも保証書なしの2009年製・・・

高い!

116519のピンクシェル文字盤、アラビア数字インデックスの組み合わせですね。

ビーチ用のピンクストラップ付けてます。

シェル(真珠母貝)文字盤を天然石に入れるのかは微妙ですが、とりあえずと言う事で次に進みましょう(デイトナ・ビーチもシェルがあるのでOK)。

海外ではM.O.P呼びです、真珠母貝なのでマザーオブパール。

ブラックやホワイトのシェル文字盤も。

116519MET

続いて宇宙からの天然石、メテオライト文字盤の116519METです。

シェルもそうですが天然石は1つ1つ違う模様となり、好みのものを探すのも楽しみ方のひとつ。

よく見ないと割れてるのに気づかなかったなんて事もありますので、買われる際はルーペを使いましょう。

現在のメテオライト文字盤とは異なり、インダイヤルにもメテオライトを使用、赤い針とローマンインデックスが特徴です。

こちらの個体はFシリアルで2008年印の保証書付き、742万円(税抜)は高いのか安いのか?

どうなんだろう。

因みに楽天市場の最安値は、銀蔵さんが保証書無しを650万円で掲載しています。

あまり気にしたことないですけど、以前は200万円台で売ってた記憶です・・・やっぱり高くなったな。

116519 chrysoprase

出ました!chrysoprase(クリソプレーズ 緑色をしたカルセドニー 緑玉髄)文字盤。

薄いグリーンがなんか素敵!

Pシリアルなので、デイトナビーチの可能性があります。

可能性がある!と言うのは、クリソプレーズは文字盤交換が可能でしたので、オリジナルなのか後から入れ替えたものなのか。

文字盤の希少性が上か、デイトナビーチと言う名前が上か、ですね。

デイトナビーチにこだわるならP、K、Fシリアルくらいまであるのかな?

それよりもスネーク柄の付属品などがセットで揃っているかの方が大事かも。

文字盤カラーと同じカラーボックス、手帳カバー、カードケースなどをチェックしましょう。

後々ビーチですよ!って言える個体の方が評価されそうです。

クリソプレーズのグリーンはロレックスのコーポレートカラーにも通ずるものがありますし、グリーンサブや116508のグリーンダイヤルなどの人気もあり、一気に人気文字盤になったのだと思います。

ビーチかどうかわからないけれど、希少文字盤という事で860万円(税抜)が最安。

中華圏の方々が好きそうです。

116519 Daytona Beach

こちらは大丈夫だと思われるデイトナビーチ 116519です。

863万円(税抜)か~、凄いことですね。

シェル文字盤ですよ、ただの(失礼)。

※ビーチ文字盤はアプライドのローマンインデックス。ダイヤモンドやアラビア数字インデックスはありません。

116519NRとも言います。Nはシェル、Rはローマン、NAだとシェルアラビア数字。

楽天市場を覗きますと、先ほどご紹介のビーチかどうかは不明のクリソプレーズが最安で880万円、次のピンクシェル 1166万円は保証書はあるものの他の付属品が無いPシリアル、1188万円のクリソプレーズも付属品が無し・・・1532万円でようやく付属品が揃います。

オメガのスピードマスタープロフェッショナル日本限定グランプリダイヤルもそうですが、デイトナビーチは後入れの文字盤問題が浮上しますね。

単純にピンクシェルローマンインデックス文字盤として楽しむだけなら問題にはなりません。

皆さんの感覚はどうですか?

どっちでも良いや!ですかね。

116519G Sodalite

スポンサーリンク

次はソーダライト文字盤の116519です。

ソーダライトはラピスラズリを構成する青色鉱物の1つだそうです。独特の雰囲気があり人気ですね。いや、他の天然石はあれですけど、ソーダライトは昔から人気。

クロノ24では最安値が保証書無しで870万円(税抜)。

高いのよ。

楽天市場も見てみます。

こちらも保証書なしで990万円が最安値。

ビックリですね・・・

ソーダライトは本当にキレイ。

116519 turquoise

出ました!現在最も勢いのある人気カラー「ターコイズ」ブルーです。

こちらは天然石の本物ターコイズ。塗料では出せない美しさと質感。

Pシリアルですが、さて、付属品がないためオリジナルのデイトナビーチかはわかりません。

それでも売価は1100万円(税抜)。強気だな~。

数年前は文字盤交換が可能だったそうなので、買えてた方はグッドチョイスでしたね。

 (178088)

ストラップはすぐ変色しちゃう。

116519 Yellow m.o.p

1000万円オーバーはまだ続きます。

こちらも付属品が無いイエローシェルのデイトナ 116519。

ビーチかどうかはわかりません。本当に完品が少ないですね、みんな売らないんだろうな。

1190万円(税抜)もしますが、これ以下のイエローシェルが掲載されていませんし、楽天市場でもイエローは見当たりませんでした。レアなのかも。

フルコンプで掲載されていました。お値段なんと7800万円(税抜)。

1本2000万円?

素晴らしい。

116509G Rubellite or Grossular garnet

Rolex (ロレックス) デイトナ 116509 2010 中古

最後にグロッシュラーとルベライト問題です。

グロッシュラーはグロッシュラーガーネット(グロッシュラーライトガーネット)のことですかね?

ルベライトは赤いトルマリンのことだと思いますので、石の種類が異なります。

ガーネットとトルマリンは間違えられやすい宝石のようですが、なんでロレックスはそんな天然石を使ったのか?

116509G ルベライトの方が登録が早く、

グロッシュラーの方が遅いのですが・・・

海外のサイト(サザビーズ)を覗くと「grossular garnet rubellite dial」となっており、呼び名が変わっただけ?

的な感じもしてきます。

 

しませんか・・・?

スレートとダークロジウム的な。

いつの間にか呼び方変えましたね、ロレックスさん。みたいな。

  1. ルベライトを使っていたが、素材自体に問題が起こりグロッシュラーに変更した説。
  2. 同じ素材だが呼び名を途中で変えた説。

答えはどちらでしょうか?

または、まったく違う説もありますかね。

それにしても見間違えますし、そもそもロレックス社以外の方で見極められる方いるのかな?

ご存じ方、是非教えてください。

まとめ

いかがでしょうか?

「【天然石ダイヤル】ホワイトゴールドのデイトナには貴石文字盤が良く似合う!」でした。

天然石コレクターも世の中にはいるんでしょうね。

同じ天然石を何本も持ってたりして。

デイデイトはもっとたくさんの種類があります。

同じものは世界に2つと無い天然石の文字盤、ただし割れちゃうこともありますし文字盤代は非常に高額。気を付けて扱わなくてはなりません。雑な方にはNG。

皆さんは、どの天然石文字盤がお好みでしょうか?

私はソーダライトかな?デイトジャストにもありましたね。

オジサンになって初めて良さが分かります。

安く変える頃には見向きもしませんでした・・・

タイムマシーンに乗りたい。

それではまた!

 

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました