2021年のロレックスの売り上げはスイス時計産業の29%を占めています

ROLEX
スポンサーリンク

2021年瑞士制表品牌Top 20 劳力士继续高居榜首

翻訳すると「2021年 スイス時計ブランドの売上トップ20 ロレックスは引き続きリストのトップに」こんな感じでしょう。

最近気に入ってる中国の腕時計フォーラムから、スイス限定ですが腕時計メーカーの売上について触れた記事を見つけましたので転載いたします。

昨年もこちらのフォーラムの記事をご紹介いたしましたが、「LuxeConsult,Morgan Stanley Research」の調査報告です。

基本的に大きく順位は入れ替わりませんが、数字は昨年度に比べかなり回復しています。

カルティエがオメガを抜き2位に浮上したことも注目ですね。

 


【ウォッチハウス 業界ニュース】最近、米国の投資銀行であるモルガン・スタンレーとスイスのコンサルティング会社であるLuxeConsultが共同で、スイスの時計製造業界に関する高く評価されている年次報告書を発表しました。レポートによると、2021年のロレックスの売上高は80.5億スイスフラン(約1,012,900,000,000円)に達し、市場シェア全体の29%を占め、引き続きリストのトップになります。

カルティエの宝飾品および時計事業は、今年オメガブランドを上回りました。カルティエの売上高は、前年比40%増の24億スイスフラン(約301,900,000,000)で、オメガの22億スイスフランをわずかに上回りました。

オーデマピゲは、売上高を2019年の11.8億スイスフランから、2021年には15.8億スイスフランに増やすことで、その地位をさらに強化しました。パテックフィリップはパンデミック前のレベルに戻り、売上高は2019年の14.5億スイスフランから、2021年には15.3億スイスフランに増加しましたが、ロレックスやオーデマピゲほど回復は速くはありません。

リシャールミルは、2021年の売上高が11.3億スイスフランで、10億ドル規模のクラブに参入しました。ティソはもともと2019年に10億スイスフランの会員でしたが、2021年には売上高が8億5000万スイスフランに減少しました。

タグ・ホイヤーはまだパンデミック前のレベルに戻っておらず、2019年の売上高は8億5700万スイスフラン、2020年には5億8900万スイスフランに減少し、2021年には6億8200万スイスフランにわずかに回復しました。

ブライトリングはタグ・ホイヤーをほぼ上回り、2021年の売上高は6億8000万スイスフランで、2019年の4億4000万スイスフランに比べて50%以上増加しました。


 

いかがでしょうか?

2021年はヴァシュロンコンスタンタンが伸びていますね。

もう少し具体的な内容がwatchesbysjx.comに掲載されていたので

今回もGoogle先生にお願いいたします。

それではどうぞ。


スイス時計協会(FH)の業界団体が最近発表したスイス時計の年間輸出額は、2021年に過去最高の223億スイスフランに達し、腕時計だけで212億スイスフランに達しました。高級時計業界全体の代理であるスイス時計輸出のバンパーイヤーは、私が設立した時計業界のスペシャリストコンサルタント会社であるLuxeConsultと共同で発行されたスイス時計業界に関する年次報告書で、モルガンスタンレーによって分析されました。

レポートの重要なニュースは、スイスの時計の輸出が2020年と比較して31.2%増加し、2019年よりも2.7%増加したことで、ビジネスがCovid以前の売上高に戻ったことです。年間200万本の時計であり、輸出量は2019年より490万本少ないままです。

まだ王冠をかぶっている

当然のことながら、ロレックスはスイスの時計ブランドのリーダーであり、市場シェアの29%を占め、2021年の売上高は80億スイスフランと推定されています。

2位はカルティエで23.9億スイスフランで、これは前年比40%の増加に相当します。そのため、従来の2位のフィニッシャーであるオメガは現在3位で、売上高は22億スイスフランです。

ロレックスの記録的な収益は、歴史上最高の年を迎えただけでなく、パンデミックの停止により2020年に生産量が推定20%減少した後、目覚ましい復活を遂げることができたことを意味します。

ロレックスの規模をよりよく理解するために、28.8%の市場シェア(小売価格で)は、次の5つのブランドを合わせたものと同じくらいです。

ロレックス自体の売上高は、オメガやロンジンを含む17の時計ブランドを所有するスウォッチグループの売上高よりも10億スイスフラン多くなっています。また、チューダーを年間売上高5億1,000万スイスフランで数に加えると、ロレックスはスウォッチグループよりも20%多い85億スイスフランの収益を達成しています。

そして、ロレックスの強みは世界中でほぼ均一です。スイス時計の2つの最大市場での市場シェアは、米国(スイス時計の世界最大市場)で40%、英国(5番目に大きい市場)で35%です。主要な国内市場でこれほど支配的な地位を占める高級ブランドは他にありません。

分極サイクル

数年前から、時計業界の二極化が加速しており、いくつかのブランドがアウトパフォームし、製品やマーケティングに再投資できるようになり、売り上げをさらに伸ばす好循環が生まれています。このようなブランドは、売上高よりも急速に成長するマージンを享受しています。簡単に言えば、ブランドが売れるほど、その収益性が高まり、より多くの手段がより目立つようになります。

これは、ロレックス、オーデマピゲ、パテックフィリップ、リシャールミルの4つのブランドで最も顕著です。そしてそのすぐ下には、カルティエ、オメガ、ロンジン、IWCで構成される次点者の2番目のグループがあります。

より広義には、最も重要な5つのブランドが市場の半分以上を占め、業界の収益の53%を占めています。13のブランドが75%の市場シェアを持ち、25のブランドが90%の市場シェアを持っています。対照的に、時計市場全体は約350のブランドで構成されています。

「プレミアム化」は2021年に強化され、輸出額が2,000スイスフランを超える価格セグメント(小売価格4,000スイスフランに相当)が量と価値の両方で最も高い成長を示しました。これらのプレミアム価格セグメントは、ボリュームの16%にすぎませんが、価値の82%に相当します。

エントリーレベルのセグメントであるスイスの時計製造は、スマートウォッチの猛攻撃に間違いなく苦しんでいます。昨年は、わずか1,600万本のスイス時計と比較して、8000万本のスマートウォッチが販売されました。これを2016年と比較してください。AppleWatchの最初の通年の売上高は、市場シェアの50%を占めるセグメントのリーダーであり続けています。その年、2200万本のスマートウォッチが販売され、スイスの時計製造では2500万本の時計が販売され、そのうち1,800万本がクォーツでした。

スポンサーリンク

2021年の大勝者

2021年の前年比の比較基準は必然的に非常に低いものですが、いくつかの重要な点を強調することができます。

1つは、市場の二極化が進んでいることです。これは、何年にもわたってパフォーマンスを上回っており(2018年のモルガンスタンレーレポートが最初に取り上げられた)、非公開企業、つまりロレックス、オーデマピゲ、パテックフィリップとリシャールミルによって主導されています。

ブライトリングをこのリストに追加できるようになりました(ブライトリングは家族経営ではなくプライベートエクイティが所有していますが)。これは、収益が40%増加し、目覚ましい進歩を遂げています。これらの5つのブランドは、スイスの時計市場のほぼ半分を占め、業界の売上の43%を占めています。

マージンの分布は、売上高の分布よりもさらに二極化しています。上位4つのブランドが売上の41%を占めていますが、営業利益の62%を占めています。ロレックス、オーデマピゲ、パテックフィリップ、リシャールミルは、数少ない高級ブランドに匹敵するリターンを達成しています。

ロレックスは手に負えないままで、1905年の創業以来、最高の年を迎えました。その製品は、過去最高の1,050,000本に生産が増加したにもかかわらず、ほとんど正規店で見つけることができなくなりました。技術的な卓越性のブランドのマーケティングメッセージとその製品提供の間の一貫性はそれを止められないようにします。

また、このブランドは、改善が必要な唯一の分野、つまりサードパーティの小売業者のネットワークにも力を注いでおり、その一部はロレックスの高い基準を満たしていません。

もう1つの注目すべき開発は、カルティエがオメガを倒したことです。リシュモンが所有するパリのジュエラーは、ロレックスに次ぐ2位で、時計の売り上げは239万スイスフランで、2020年に比べて40%増加しています。これは、ほぼすべての市場で若い顧客とつながることができたブランドのダイナミズムを反映しています。

カルティエのパフォーマンスは、いくつかの理由でさらに注目に値します。1つは、宝飾品事業が時計部門よりもさらに力強い成長を遂げたこと、2つ目は、3位のオメガの売上高も30%を超えて非常に好調な年だったことです。

オーデマピゲは2つ順位を上げ4位になり、史上最高の記録的な年を達成しました。それは、その巨大な望ましさとノーチラス ref.5711 のティファニー版によって作成された話題にもかかわらず、歴史的な競争相手のパテックフィリップを追い越します。5711は、オーデマピゲと同じ好循環を経験しませんでした。

オーデマピゲは、今年50周年を迎え、間違いなく次の記録的な年に貢献するロイヤルオークで成功の途切れることのない波をサーフィンしています。売上の約90%はロイヤルオークとロイヤルオークオフショアによるものと推定されていますが、2019年1月に発売されたCode 11:59コレクションが注目を集め始めており、売上の5%を占めています。

同時に、オーデマピゲの売上高は、収益の75%を占めるブティックの数の増加によって生み出されています。これにより、ブランドは、クライアントとの直接的な関係を構築しながら、小売業者のマージンを維持することができます。また、製品の在庫が絶えず在庫切れになっていることを考えると、ブランドが在庫をより適切に管理し、売上を失うことを回避するのにも役立ちます。

「億フラン」ブランドのクラブには再び7人の会員がおり、リシャールミルが7位になり、売上高は11億スイスフランに上ります。

贅沢なグループ

2021年の回復の勝者にはリシュモングループ、特に時計部門の収益が40%増加したカルティエ、および売上高が53%増加したヴァシュロンコンスタンタンからのメンバーも含まれます。

Swatch Groupは、収益が30.7%増加した非常に良い年でしたが、この数字は、業界全体が享受している31.4%の増加よりもわずかに低くなっています。論理的には、Swatch Groupは市場シェアを失い(現在は22%にまで低下)、姉妹ブランドのTudorの売上を含めて30.5%のシェアを持つRolexに後れを取っています。

スウォッチにとって特に心配なのは、ロレックスの4分の1に相当する7.5%の市場シェアを持つ歴史的なライバルのオメガと比較したロレックスの加速です。

さらに、Swatch Groupは、収益と利益の両方で、安定した17ブランドのうち3つのトップブランドにますます依存しています。売上高の3分の2は、グループのEBITDAのほぼすべてを生成するOmega、Longines、Tissotによって生成されます。オメガだけでも、グループの営業利益の半分以上を生み出すと推定されています。

売上高が45%増加したウブロの好業績にもかかわらず、LVMHが市場シェアを失っているため、フランスの大手グループは祝っていません。Zenithは売上高をほぼ倍増させましたが、損益分岐点はほとんどなく、サイズが小さいため、グループのアカウントでは比較的限界があります。

そして、世界で2番目に大きい高級グループであり、グッチの所有者であるケリングは、2022年の初めにタオルを投げ入れ、その時計ブランドであるユリスナルダンとジラールペルゴの両方を売却しました。どちらもフランスのグループに買収されて以来、売り上げが急落しただけです。彼らの離職率はグループに比べてごくわずかになり、どちらも営業ベースでお金を失っています。ケリングの唯一の時計製造部門は、かなりの幸運と成功を収めてきたブランドであるグッチにあります。

また、エルメスの時計部門は、売上高が3億6,400万スイスフランで、19位にランクインしているにもかかわらず、73%の収益増という素晴らしい業績を達成しました。その驚異的な進歩は、ブランドを上向きに再配置し、ブランドの革製品の望ましさから切り離すための数年間の投資と開発の集大成です。

インディーズ

FP Journe、Greubel Forsey、Voutilainen、MB&F、Laurent Ferrierなどの独立したニッチブランドは、新しい時計のプライマリーマーケットと中古時計および「グレーマーケット」のセカンダリーマーケットの両方で驚異的な需要を経験しています。

それらのいくつかは、数年近くの待機リストを持っており、その結果、リストを完全に閉じて、注文を受け付けなくなることにしました。それらの特大の卓越性にもかかわらず、これらのブランドは業界の価値にわずかな影響を及ぼします(それらは価値でスイスの時計の輸出の約1%を占めます)そして約0.05%で量の点でさらに少ないです。

中古、グレー、中間

そして最後に、流通市場。新しい時計の市場規模の約半分、つまり約200億スイスフランと推定される流通市場は、ブランドの望ましさの点でおそらく最も明白です。

再販価格は、プライマリーマーケットでの供給の不足についての良いアイデアを提供します。一部の時計は、50〜150%に達する可能性のある小売価格のプレミアムを享受しています。これは、ロレックス デイトナ、パテックフィリップ ノーチラス、オーデマピゲ ロイヤルオークなどの象徴的な製品を超えて起こっており、全体的な価格は歴史的な高値であり、破裂する可能性のある投機的なバブルの恐れがあります。パテックフィリップ ノーチラス「ティファニー」の620万米ドルでの売却は世界中で注目を集めましたが、新たに裕福な暗号通貨投資家によって部分的に煽られた投機的な熱も生み出しました。

 


なるほどですね。

スマートウォッチの勢いは、低価格帯の時計ブランドを圧迫しているのが5年前の数字と比べるとより明らかに。

最初は腕時計好きや高級時計を買う人と、スマートウォッチを買う人では「別」ものだと思っていたんですが、便利さから若い人から順に飲み込んできており、ウチの奥様もロレックスからアップルウォッチに替わってしまいました。

機械式ではオメガのマーケットシェア減少が気になりますね。

ティソやロンジンと言った中華圏で人気のブランドを有しているとは言え、やはりスウォッチhグループの筆頭はオメガであり、ロレックスと大きく開いてしまうと「ライバル」の座も危うくなります。

オメガ頑張れ!

品薄プレミアム価格(ロレックス・パテックフィリップ・オーデマピゲ・リシャールミル)が続くブランドがやはり儲かってるのは数字でも証明されています。

こう言う売り方が1番儲かるんだ・・・ってならないで欲しいですね。

戦争が起こった2022年の結果は、来年3月にまたご紹介できるかと思いますが、どうなることやら・・・

 

2020年のロレックスの売り上げはスイス時計産業の4分の1を占めています
2020年瑞士制表行业 劳力士独占四分之一份额 翻訳すると「2020年 ロレックスの売り上げはスイス時計産業の4分の1を占めています」こんな感じでしょう。 最近気に入ってる中国の腕時計フォーラムから、スイス限定ですが腕時...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました