【2022年新作】タグホイヤー CBE511C.FC8280 フライバック ホイヤー02 オータヴィア 60周年記念モデル 42mm PVD ¥825,000-

TAG HEUER
スポンサーリンク

TAG Heuer Autavia Flyback CBE511C.FC8280 Calibre Heuer02 COSC 42 mm

タグホイヤーから2022年の新作情報です。

1962年に誕生したオータヴィアは、60周年にあたる今年新たな記念モデルをいくつか用意しました。

まず1本目という事で、タグ・ホイヤー オータヴィア クロノグラフ 42 mm CBE511C.FC8280です。

この真っ黒いオータヴィア CBE511C.FC8280をちょうど昨日タグホイヤーで見てきましたよ。

かなり存在感あったので新作かな?と思ってたのですが、やっぱり新作でしたね。

でね気になったのが、ショーケースに並んでいる状態でインデックスが光っているなと。

で、ホームページ見て納得、最初から蓄光しているようなカラーのインデックスだったんです。

なんかバンフォードのモナコでもこんな感じのやってましたね。

PVD処理されたスティール製42mmケース、武骨で格好良いです。

ベゼルは回転式で、ブラックセラミック製。

搭載ムーブメントはクロノメーター規格でフライバック機能が付いた自動巻きクロノグラフ キャリバーホイヤー02。

パワーリザーブは80時間と長め、国内定価は825,000円です。

ヴィンテージのオータヴィア、この頃は手巻きでした。

55周年のオータヴィア ホイヤー02 CBE2110.BA0687 42mm。

5年前か~早いな~(コレバッカリ)。


TAG Heuer Autavia Flyback CBE511C.FC8280 Calibre Heuer02 COSC 42 mm

タグ・ホイヤー オータヴィア
自動巻クロノグラフ – 直径42 mm
CBE511C.FC8280
¥ 825,000

スポンサーリンク

伝統にインスパイアされ、今を生きる冒険家のためにリニューアルされた「タグ・ホイヤー オータヴィア」は、自分探しの次の冒険へと持ち主を誘います。そのエンジンは、COSC認定自社製ムーブメント「キャリバーホイヤー02」。勇気あふれる男のための本格的なクロノグラフです。

大胆な外観、最適な機能

印象的なブラックダイヤルとそれにマッチしたカウンターが、ブラックセラミック製の両方向回転ベゼルによって引き立てられています。スーパールミノバ®を塗布した針とインデックスが、スピーディーに読み取れる高い視認性を実現しています。

直感的で機能的

持ち主と完璧な調和を奏でる、ステンレススティール製ピンバックルが付いた、ブラックアリゲーターストラップは、クイックリリースボタンを押すだけで簡単に交換ができます。

己に忠実に

クラシックな「オータヴィア」の面影を彷彿とさせる、サテン、ポリッシュ仕上げのラグが付いた42mmのステンレススティール製ケース。ねじ込み式リューズにより100メートルの防水性を確保。勇敢な冒険を求める男たちに。


いかがでしょうか?

「【2022年新作】タグホイヤー CBE511C.FC8280 オータヴィア 60周年記念モデル 42mm PVD ¥825,000-」でした。

個人的にはマットな感じで統一した方が良かった気もしますし、バトンハンドの方が引きしまって格好良い感じがするのでは?とも思いましたが、ピカピカのセラミックベゼルは高級感が必要なんで致し方ないかな。

あと2トーン文字盤だったらな~とか、アラビア数字要らないんじゃないかな~なんて文句ばっかり。

いやいや普通に格好良かったし、プッシャー回りもスッキリしてて良かったですよ。

気になった方は是非実機を見に行ってください。

それではまた!

 

【2017年新作】タグ・ホイヤー CBE2110.BA0687 オータヴィア ヘリテージ クロノグラフ ホイヤー02 42mm
Tag Heuer Autavia Heritage Calibre Heuer 02 Steel CBE2110.BA0687 2017年の新作、1960年代の手巻きクロノグラフ「オータヴィア」の復刻モデル CBE2110.BA0687...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました