【転載】セラクロムベゼル?新しいカラー?ロレックス エクスプローラーII 50周年記念モデル予想

スポンサーリンク

陶瓷圈?新配色?劳力士探险家II 50周年款猜想

翻訳すると「セラクロムベゼル?新しいカラー?ロレックス エクスプローラーII 50周年記念モデル予想」こんな感じでしょうか。

最近気に入ってる中国の腕時計フォーラムから、ロレックス エクスプローラーIIの新作についての予想記事がありましたのでご紹介。

やはり50周年に当たる今年は新しいエクスプローラーIIが期待されますね。

セカンドマーケットでの評価も高まり、216570は軒並み高騰しております。

毎度、生産終了の合言葉で相場は右往左往。

因みに白文字盤の方が人気なのは、おそらくデイトナに引っ張られているのだと思います。

さて、今回もGoogle先生にお願いして転載いたします。

 

それではどうぞ。


1971年に誕生した最初の世代のロレックスエクスプローラーII Ref.1655から50回目の記念日と一致する2021年4月発表の新製品記念モデルは、時計好きの友人たちの間で、どうなるかを予測するためにフォーラムへの書き込みがたくさんあります。

このニュースは根拠のないものではありません。

ロレックスは常に10周年を迎えるタイミングで新製品を発売するという伝統があります。

半世紀となる50年は、当然のことながら非常に記念すべき意味があります。

Explorer IIの2回目のアップデートは2011年であり、人気を維持するには、このシリーズを長年にわたってアップグレードする必要があります。

国内外の時計ファンは、このExplorer II 50周年記念時計がどのような変化をもたらすかについて非常に興味を持っており、外国のメディアは噂に基づいたいわゆる「レンダリング」を作成しました。
ロレックスが新製品にこれらの調整を加えると思いますか?
Explorerシリーズの誕生の歴史と製品の位置付けから始めましょう。

ロレックスの公式ウェブサイトを開くと、エクスプローラーIやエクスプローラーIIなど、現在販売されているエクスプローラーシリーズを見ることができます。

ロレックスの公式ウェブサイトのスクリーンショット

エクスプローラーシリーズは1963年に誕生しました。

10年前のエベレスト山頂の偉業にちなんで名付けられました。

Ref.1016。
12時位置の逆三角形の目盛り、3、6、9時位置のアラビア数字の目盛り、メルセデスベンツの針などのクラシックな要素が受け継がれ、今日まで使用されています。


ロレックスエクスプローラーI Ref.1016

1971年、ロレックスはエクスプローラーIIウォッチを発売しました。

実際にはこの時計は、GMTマスターシリーズ 1675からマイナーフェイスリフトとして派生しています。

ロレックスはこの新しいモデルを1655と名付けました。

ロレックスエクスプローラーII の Ref.1655

2011年、エクスプローラーIIの40周年を記念して、新しいエクスプローラーIIウォッチRef.216570が発売されました。

時計の直径はRef.16570の40mmから42mmに拡大されました。

GMTポインターが赤に変更され、形状は太字になり、それに応じて調整されたムーブメントはパラクロムヘアスプリングとパラフレックスショックアブソーバーを備えた3187ムーブメントです。

アップグレードされたこのモデルはまだ販売中ですが、今年はさらに10年が経ち、製品ラインの更新を求める声が特に高まっているようです。

今日、私は新しいエクスプローラーIIと可能な調整に対する国内外の時計ファンの期待の声を集めて整理しました。

それは予測のためだけで重要性はありません、それはすべての人にとって喜びになるでしょう。

推測1:テーブルの直径のサイズを調整します

ロレックスエクスプローラーII の Ref.216570

 

アニバーサリーウォッチの直径に対するロレックスの調整は、前例がないわけではありません。

たとえば、2017年に発売されたSea-Dwellerの50周年記念Ref.126600は、40mmから43mmに拡大されました。

現在販売されているエクスプローラーIIの直径は42mmで、元の40mmからアップグレードされています。

ロレックスの時計の直径を1mm調整するたびに、全体的な価値体系に影響することを知っておくことが重要です。

50周年記念モデルで時計の直径を43mm以上44mmに拡大することはどう思いますか?

ここで合理的な推測を行うことができますが、待ってください、他の状況を見てみましょう。

スポンサーリンク

推測2:セラクロムベゼルに交換してください

外国メディアによるセラクロムベゼルのレンダリングです。

近年、セラクロムベゼルが標準になっているようですが、エクスプローラーII 50周年記念モデルでもセラミック製ベゼルを採用すると思いますか?

セラクロムベゼルは、その優れた光沢、耐食性、耐擦傷性により、ロレックスの他の人気のあるスポーツモデルで広く使用されています。

現在、その声は高まっており、すべての偉大な神々は満場一致でセラクロムベゼルについて楽観的であり、外国のメディアはこれを表現しています。

しかし、それも物議を醸しています。

エクスプローラーシリーズは登山やロッククライミングで着用するアウトドアウォッチとして位置付けられていると考える人もいます。

セラクロムベゼルは美しいですが耐久性がありません。

その壊れやすい特性はエクスプローラーシリーズには適していません。

第1世代のエクスプローラーIIのは、スチール製の外輪のトーンを設定しました。

50周年記念モデルとして、大幅な変更を加えることなくクラシックを継続することが重要です。

さらに、セラクロムベゼルに交換した後、エクスプローラーIIの位置もグGMTマスターシリーズと競合しやすくなります。

この見方についてどう思いますか?

推測3:新しいムーブメントをアップグレードする

ロレックスCal。3187ムーブメント

ロレックスのほとんどのスポーツモデルは、次のように新しいムーブメントに置き換えられています。

新しいExplorerIIアップグレードムーブメントにはサスペンスがないようです。

Ref.216570には、現在ExplorerIIモデルでのみ使用されている3187ムーブメントを使用しています。

新しいエクスプローラーIIがこのムーブメントに小さなアップグレードを実行する可能性が高く、新しいムーブメントには70時間のパワーリザーブがあります。

推測4:新しい色を追加する

ロレックスオイスターパーペチュアルシリーズ Ref.124300

近年、新しいロレックス製品は常に新しい配色を試しています。

たとえば、昨年の新しいオイスターパーペチュアルには「キャンディーカラー」の文字盤が付属し、新しいグリーンウォーターゴーストRef.126610も元の「グリーンサークル+グリーンディスク」から「グリーンサークル+ブラックディスク」に変更されました。

ロレックスのシリーズ全体を通して、エクスプローラーは黒と白の2色しかないため、この古いシリーズに新しい活力を注入する必要があります。

では、新しいエクスプローラーが白黒以外の新しいカラーダイヤルを追加することはどう思いますか?

個人的にはこの可能性もあると思います。

白黒は定番ですが、長期的には必然的に美的疲労を引き起こします。

新色の追加は、新モデルの認知度を高めるだけでなく、人々の購入意欲を刺激します。

新しいオイスターパーペチュアル「キャンディーカラー」は、流通市場でのプレミアムからも明らかなように、入手困難な時計をもたらします。

最後に、ロレックスのチャンネルに対する強力な管理に感心する必要があります。

毎年、未発表の製品の機密作業が特に行われていますが、これを行うほど、新製品に対するウォッチフレンドの好奇心をかき立てることができます。

Explorer IIの50周年に期待することは何ですか?

コメントエリアで合理的に議論することを歓迎します。


いかがでしょうか?

まぁ、そうでしょうね、って感じでした。

皆さんの予想通りにエクスプローラーIIは新型が出るでしょう。

大きくなるのか?

新しいムーブメントが出るのか?

セラクロムベゼルになるのか?

新しいカラーの文字盤が増えるのか?

答えは4/7です。

それではまた!

 

 

【転載】ティエリー・スターン社長インタビュー「ノーチラス 5711シリーズにお別れのモデルがあります」

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)