2021年1月 ロレックス 人気モデルの相場をチェック!サブマリーナー ノーデイト 14060

スポンサーリンク

 (17264)

Follow Rolex 14060 Submariner’s price.

人気モデルの相場を追うシリーズから、今回はサブマリーナー廉価版のノーデイト 14060です。

5513から現代スペックに切り替わりキャリバー3000を搭載、サファイアクリスタルで300m防水になりました。

「廉価版」と言うのはデイト表示が無いこと、バックルは簡素なエクステンションパーツ、クロノメーター認定ムーブメントではないことなどが挙げられます。

ただ私はノーデイトの方が見た目が好きです。

充分な耐久性とシンメトリーでイケメンな文字盤、97年頃までの製造個体は今人気のトリチウム夜光仕様です。

安い時は10万円台で中古品が売ってました。


14060のスペック

製造期間

1989年~2000年

ムーブメント

キャリバー3000

パワーリザーブ48時間

300m防水

ステンレススティール

40mm

逆回転防止ベゼル


オイスターケース、オイスターブレスレットは堅牢ですので90年代の製造という事は20年以上前のものばかりですが今でも充分現役です。

今からでもセミビンテージが欲しい方にはオススメしたい。

という事で中古マーケットの相場をチェックしてみましょう。

Chrono24を見てみます(Chrono24は税抜き)。

保証書付きの個体だと、もう100万円以上・・・

楽天市場も同じような感じで、100万円以下で良い条件の個体を探すのは難しいですね。

新型124060の登場でノーデイトも全体的に価格が上昇しています。

1年前では70万円台で見つかりましたので・・・

スポンサーリンク

トケマーにはトリチウム仕様のSシリアル、保証書付きの個体がアンダー100万円で販売されてます。

悪くないですね。

気になっていた方は早い方が良いかも知れません。

こちらは保証書付きの5513です。

いずれ14060もこの値段まで上がっていくでしょうか。

 


まとめ

いかがでしょうか?

以前は高級時計としては、あまり見向きもされませんでしたが、今となっては1本買っておけば良かったな~なんて思います(笑)

ですが時間は戻りませんし、14060はその期間熟成されました。

当然スペックは14060Mの方が、114060の方が、124060の方が上です。

が、14060はシンプルでタフ、スペックも日常使いなら充分。

スーツでもカジュアルでもアウトドアでもフィットします。

セミヴィンテージとしてガンガン使える14060のトリチウム。

オススメですよ。

主張し過ぎないとこが良い、武骨で道具感が良い、なんてったって渋い。

それではまた!

 

 

ロレックス サブマリーナー ノーデイト Ref.14060 記事まとめ ZENMAI TOKYO

ロレックス 全歴代 サブマリーナ 歴史と愛蔵ファイル

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)