【2020年新作】チューダー ロイヤル Ref.28600 デイトデイ 41mm 国内上陸

スポンサーリンク

Available in 4 sizes with 9 possible dials, the new Tudor ROYAL

チューダーから2020年新作「ROYAL(ロイヤル)」が7月にリリースされましたが、なんと国内にも上陸です。

国内展開の無かったドレスウォッチラインですが、このロイヤルはややスポーティ。

日本の腕時計ファンにも受け入れられると踏んだのでしょうか。

※限定されたブティックのみ販売されるそうで、デパート内のショップでは展開がないとのこと。商品は12月までには納品されるそうです(まだ実物見れませんでした)

どことなくオイスタークォーツにも似たケースフォルムで、ブレスレット一体型となっています。

ロイヤルオークやノーチラスなんかをちょっと意識しているのかも知れません。

メンズサイズの41mm、ノーマルタイプ Ref.28600で国内定価は250,800円と非常にリーズナブル。

ムーブメントはチューダーオリジナルではなく、ETAキャリバー 2834が搭載されています。

コスト削減ですね。

それでもトレンドの41mmにブルーダイヤルは人気が出そう。

ロレックスのデイトジャスト41の成功から、オイパペ41も人気爆発中ですし、グッドタイミングですね。

100m防水と、防水性も安心。

ロレックスのデイデイトと言えば最高級モデルの立ち位置ですが、デイトデイ機能はチューダーでは当たり前。

最近まではGlamourなんかがデイトデイでした。

文字盤カラーは4種、ダイヤモンドインデックスやコンビネーションも選択できます。

SS41mmケースに8Pダイヤモンドセットで319,000円、15年前のデイトジャストくらい安い。

アンダー50万円の価格競争で非常にアドバンテージを得られそうですね。

18Kイエローゴールドを使用していながら8Pダイヤモンドまでセットして432,300円・・・、コレはヤバイ。

ラインアップはこんな感じです。

ファーストドロップにしてはバリエーションが豊富。

バランス、エレガンス、多才さ
4サイズで展開されるチューダー ロイヤルは、あらゆるサイズの手首にフィットするようデザインされている。41mmのモデルは、機械式ムーブメントが日付と同時に曜日を表示する。

スポンサーリンク

一体型ブレスレットを携えるスポーツシックな時計
「ロイヤル」という名称は、チューダーがその時計の優れた品質を表すために1950年代に初めて使用された。このヘリテージを念頭に置いて、チューダー ロイヤルのシリーズは、妥協がないにも関わらず良心的な価格の一体型ブレスレットを備えたスポーツシックな自動巻き時計を提供する。スチール製またはスチール&コールド製があり、4つのサイズで最大9種類のダイアルから選択可能である。

特徴的なノッチ入りベゼル
チューダー ロイヤルは、究極のバランス、エレガンス、多才さをあわせ持つ。表面のポリッシュと溝の彫りが交互に施された特徴的なノッチ入りベゼルは、チューダーの歴史の中で個性を際立たせるデザインのひとつだ。

洗練されたダイアル
ブラック、シルバー、シャンパンカラー、ブルーの選択肢がある本モデルのダイアル。表面に施されたサンレイモチーフが中央から放射状に広がることで美しく光を反射し、エレガントな雰囲気を生み出す。フェミニンなデザインとしては、ダイヤモンドをセッティングしたマザーオブパールのダイアルも選択可能だ。
また、ローマ数字でアワーマーカーがあしらわれることで、完成されたシックな空気を演出する。すべてのダイアルにこのアワーマーカーが採用されており、8つのダイヤモンドのアワーマーカーと入れ替えることもできる。

一体型の「5列リンク」ブレスレット
チューダー ロイヤルは一体型の「5列リンク」メタルブレスレットを特徴とし、ケースとの間のスムーズなラインを実現する。このタイプのブレスレットデザインは1973年チューダーに初めて採用された。2つの細いポリッシュ仕上げのパーツの間にセットされた3つの幅の広いサテン仕上げのリンクをあしらったデザインを特徴とし、その表面と角の滑らかな質感は、手首に装着したときの快適さを確かなものにするためのものだ。スチール製、またはスチール&ゴールド製の交互リンクで展開される本モデルのブレスレットは、幅広い趣味趣向に応えられるだろう。

レディース向けの28mm 28300には8Pダイヤモンド入りホワイトマザーオブパール文字盤もあります。

これで30万円は凄いですね。

ロレックスの場合、278240(31mmが1番小さい)のデイトジャストでマザーオブパールもダイヤモンドも無しですが720,500円もします。

それでもロレックスの方が良いって方も居るでしょうけど、チューダー ロイヤルのコスパの良さが伝わればと。

実際にブティックに見に行きたくなる値段ではあります。

41mm、38mm、34mm、28mmの展開で、カップルでも着けられます。

もしかしたらロイヤルブームが来るかも知れません。

 


いかがでしょうか?

 

【2020年新作】チューダー 79030B ブラックベイ フィフティ・エイト 39mm ブルーダイヤル レビュー

【2020年新作】チューダー ”ネイビーブルー” 79030B ブラックベイ フィフティ-エイト 39mm

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)